東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

あなたの前歯の歯茎が黒い場合、すぐに治療を始めない方が良いでしょう。まずはこちらをご覧ください。

2017年06月23日 | 歯周病

典型的なセラミックの歯茎が下がって黒く見えてしまっているケース。

前歯のセラミックの歯の神経がないために、歯の根っこが黒くなっています。歯茎が下がることで歯の根っこの黒い部分が露出して歯茎が黒く見えてしまっています。

通常、この歯茎の状態でセラミックを治してしまう歯科医院も患者様も多いようです。

ただ、この歯茎の状態でセラミックを直すと長い歯になってしまいます。(当院には長くなってしまったセラミックの再治療に訪れる患者さんが絶えません。)

歯茎の再生治療とセラミックの再治療で、歯の長さが平均的な長さになりました。満足していただけました。

歯茎の再生治療をご存知ないという方は、歯茎の再生治療の専門ページを用意させていただいております。下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

歯茎の再生治療のページ

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯茎が下がってしまったとき... | トップ | 大人の方が矯正する場合は歯... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。