東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

複数の歯の歯茎が下がってしまった場合でも歯ぐきの再生治療が可能です.

2017年08月30日 | 歯周病

大人になって矯正治療をされた方などに歯茎が下がってしまう問題が起こってしまう事があります.

1本や2本ではなくいっぱいの歯の歯茎が下がってしまってしょうがなしに経過を見ているという方が多いようです.今回は、どこの歯科医院に行っても歯茎を治せないと言われて困ってしまっている方には朗報だと思います.

歯茎が下がってしまった時に回復させる歯ぐきの再生治療は歯茎の移植を伴う治療ですので、歯茎の取れる量によって治療が可能な範囲が決まってしまいます.しかしながら、取った歯茎はしばらくすると回復しますので、再度別の部位に歯ぐきの再生治療を行う事が可能です.

今回は上の歯も下の歯も歯茎が下がってしまってお困りの方の歯ぐきの再生治療を行ったケースをご紹介いたします.

  治療前の状態。上下の歯茎が下がって歯が長く見えます.

歯ぐきの再生治療を上下に行う事で、全体的に歯茎が回復して歯の大きさが元の大きさに戻りました。

 

歯ぐきの再生治療に関するお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−ー26F スターバックス上

0120−25−1839

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 重度の歯周病でなかなか治ら... | トップ | 8月29日(火)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歯周病」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。