東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯ぐきが壊死してなくなったケースも歯ぐきの再生で回復する事ができました.

2016年11月15日 | 歯周病

治療前に歯ぐきが壊死してしまった状態でご来院いただきました.歯茎が下がってしまって歯茎の内部の骨が露出してしまっております。

歯を保存する事はできませんでしたが,下がった歯ぐきは歯ぐきの再生治療にて回復させる事ができました.

オールセラミックのブリッジにて前歯の差し歯をお作りしております.オールセラミックは新しい素材の差し歯で金属を使用しないため自然な色合いに見えます.

歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

歯茎の再生治療のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

『美容』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周病の方のための審美歯科治療 | トップ | 11月14日(月)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。