東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯茎の問題は歯茎の厚みが原因かもしれません.

2017年12月05日 | 歯周病

歯茎が薄い場合には歯茎が下がりやすくなります.歯茎の問題の多くは歯茎が薄くなってしまう事が原因で起こります.

歯茎が薄いと、炎症を起こしやすく腫れやすいうえ、しっかりと磨くために時間をかけて磨くと歯茎が下がってしまうという問題も抱えてしまいます.

歯茎の厚みは、遺伝的にある程度決まってしまっているため,自然に厚くする事は難しいので、薄い歯茎の方は注意しながら歯ブラシをして頂く事が大切です.また、歯茎の厚みを増したい場合は歯ぐきの再生治療という方法で歯茎の厚みを増す事も可能です.

歯ぐきの再生治療を行って歯茎の厚みを増したケース。

歯ぐきの再生治療に関しまして歯専門ページをご覧ください.

歯茎の再生専門ページ

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯茎の位置が左右でちがう。... | トップ | 歯茎が壊死してしまった場合... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歯周病」カテゴリの最新記事