東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯茎が下がるのは歯周病だから?

2017年08月07日 | 歯周病

歯茎が下がるのは歯周病だからというわけでもありません。

炎症がなく健康な歯茎の方でも歯茎は下がってしまいます。そして、炎症が起こらなくても歯茎がどんどん痩せて歯が顎の骨の支えを失って悪くなってしまうことはあります。

歯茎が下がってしまっている方は、まずは歯ブラシ方法の確認が必要です。強く磨きすぎていないか・固い毛先の歯ブラシを使用していないかに注意してください。

  

全た的に歯茎が下がってしまッた場合も歯ぐきを回復させることが可能です。

上の写真の方の歯茎の回復後の写真が下の写真です。

歯茎をお写真のように回復する治療法は歯茎の再生治療という方法を行います。

歯茎の再生治療の詳しいページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

歯茎の再生治療の専門ページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 

 

『美容』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう長いオールセラミックで... | トップ | 歯茎の問題は歯茎の厚みが原... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。