東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯周病と矯正 歯茎の薄い方の矯正は歯茎がさがる可能性が高いです。 無料カウンセリング実施中

2017年01月20日 | 歯周病

成人の矯正治療は顎の骨ができあがっているため、骨のないところに歯を動かすと、歯ぐきが下がって長い歯になってしまいます。
また、歯周病にかかっている方に矯正をした場合、歯周病が進行してしまうことがあります。歯周病の管理をすることが必要です。

また、骨のないところに歯を動かすにはPAOO(急速増骨矯正)という方法を使います。



矯正中歯の根っこが歯茎から透けて見えています。歯茎が下がってきてしまったため、装置をいったん外した状態で紹介されました。
この状態で矯正を続けると歯茎が下がってきてしまいます。心配した矯正の先生からの紹介です。

人工の骨と皮膚を移植しました。

術後は歯茎に厚みが出ています。

その後、無事矯正治療が終了しました。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

 

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

 

03−3251−3921

 

0120−25−1839


担当 福嶋広


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月19日(木)のつぶやき その8

2017年01月20日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月19日(木)のつぶやき その7

2017年01月20日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月19日(木)のつぶやき その6

2017年01月20日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月19日(木)のつぶやき その5

2017年01月20日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月19日(木)のつぶやき その4

2017年01月20日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月19日(木)のつぶやき その3

2017年01月20日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月19日(木)のつぶやき その2

2017年01月20日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月19日(木)のつぶやき その1

2017年01月20日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯周病が進行して見た目を諦めている方のための新しい審美歯科治療

2017年01月19日 | 歯周病

歯周病が進行してしまった場合、歯を抜かずに済むようにするだけで、見た目は諦めている。という方には朗報かもしれません。

歯周病が進行してしまった方のための新しい審美歯科治療方法のご紹介です。

例えば

上のお写真は歯周病が進行した方の典型的な見た目です。歯茎が下がり、歯がゆれて歯並びが悪くなっています。

新しい審美歯科治療では、単に見た目を改善するだけでなく、顎の骨の再生、歯茎の再生を行うことで、歯を支える組織を回復し、歯を長持ちさせます。

治療後お写真

歯の周囲に丈夫な骨と歯茎ができました。見た目も歯周病が進行してしまっているようには見えません。

歯茎の再生治療と審美歯科の詳しい内容は専門ページをご覧ください。

歯周病の方のための審美歯科のページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加