東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯茎が下がってしまったままで審美歯科治療を行った場合の見た目について

2016年12月02日 | 歯周病

全体的な歯並びや噛み合わせを治すために、審美歯科治療を行う場合ばあります。

こういった場合に、歯茎が下がってしまっている方もいらっしゃいます。歯茎が下がってしまったままで、審美歯科治療を行うかあるいは歯茎を再生させて元の状態に戻してから治療を行うかで少しはの見た目が変わります。

多少はの長さが長くても気にならないという方には、そのままの状態で審美歯科治療を行います。例えば、下のお写真のようなケースです。

歯茎が下がってしまっていますが、特に気にならないということで、全体的にオールセラミック治療を行い、噛み合わせや歯並びの見た目を改善しました。

 

少し歯の長さが長い部分もありますが、ご自身でもあまり気にならないということでした。こういったケースでは、まず一番気にされている見た目を改善したのちに、歯茎の再生治療を行って、将来的に歯茎が下がってしまうことを予防することも可能です。

全体的な審美歯科治療に関してのページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

複数の歯の歯茎が下がってしまった場合でも歯ぐきの再生治療が可能です.

2016年12月02日 | 歯周病

大人になって矯正治療をされた方などに歯茎が下がってしまう問題が起こってしまう事があります.

1本や2本ではなくいっぱいの歯の歯茎が下がってしまってしょうがなしに経過を見ているという方が多いようです.今回は、どこの歯科医院に行っても歯茎を治せないと言われて困ってしまっている方には朗報だと思います.

歯茎が下がってしまった時に回復させる歯ぐきの再生治療は歯茎の移植を伴う治療ですので、歯茎の取れる量によって治療が可能な範囲が決まってしまいます.しかしながら、取った歯茎はしばらくすると回復しますので、再度別の部位に歯ぐきの再生治療を行う事が可能です.

今回は上の歯も下の歯も歯茎が下がってしまってお困りの方の歯ぐきの再生治療を行ったケースをご紹介いたします.

  治療前の状態。上下の歯茎が下がって歯が長く見えます.

歯ぐきの再生治療を上下に行う事で、全体的に歯茎が回復して歯の大きさが元の大きさに戻りました。

 

歯ぐきの再生治療に関するお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−ー26F スターバックス上

0120−25−1839

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日(木)のつぶやき その10

2016年12月02日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日(木)のつぶやき その9

2016年12月02日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日(木)のつぶやき その8

2016年12月02日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日(木)のつぶやき その7

2016年12月02日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日(木)のつぶやき その6

2016年12月02日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日(木)のつぶやき その5

2016年12月02日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日(木)のつぶやき その4

2016年12月02日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日(木)のつぶやき その3

2016年12月02日 | 審美歯科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加