特定非営利活動法人シュエット

事業のお知らせを中心に、
いろいろな情報を綴っていきます。

「創作落語論」(著者:五代目 柳家つばめ さん)ご存知ですか?

2015-09-26 | 『衣』

豆と玄米を食べて マメで元気に! パぱぁ~ン パぱン♪
NPOシュエットがお届けする
寄合処『豆玄』(よりあいどころ 『まめげん』) 開けま~す!

みなさ~ん!マメで元気にしてますか~?

それでは、前置きに歌のご紹介を…。
この後のお話しへのつながりや意味は特にありません…。
「こんな歌もあったんだぁ…」と思っていただけれは幸いです。
ザ・ピーナッツ が歌う「恋のバカンス」です。
       
…ん…良いですねぇ…。
…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…
先日…バス停でバスを待っている時…、
自転車が結構スピードを出してやってきたらしいのですが…、
全然気が付かず立っていたら…、
リュックの外側表面にかかっているゴム紐が「パチン!」とはじけて…、
自転車と接触した感じがしました…。
その時は驚きで一杯で、他のことに気がつかなかったのですが…、
後でそのゴム紐の所を見たら…、
ゴム紐を通していたところが裂けて壊れていました…。
恐らく…接触した時の衝撃を…この部分が受けとめてくれたのだと思います…。
ここで衝撃を開放していなかったら…、
そのパワーは…身体の方に進んできたかもしれません…。
改めて…恐いと思いましたね…。
自転車がゆっくり走っていれば…、
衝撃も小さく…リョックも壊れなかったかもしれませんが…、
ホント…スピードって…力(ちから)を大きくするものなのですね…。
でも…このコトは…歩道内でのコトです…。
この頃…自転車の事故が多くなってきているようです…。
歩行者も自転車も気をつけなければいけないと思いますが…、
最低限のルールは…みんなで守る必要がありますね…。
そして…もう解っているつもりでも…、
何度も見直し、確認することも…大切かもしれませんね…。
ということで…そろそろこの辺りで…、
笑って元気に…この本を…。
…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…
≪「落語」の本をご紹介しま~す!…何冊あるかなぁ…№015≫
書  名:創作落語論
著 者 名:五代目 柳家つばめ
発 行 所:株式会社河出書房新社
出版年月:2009年 6月20日 初刷発行
版・刷数:2009年 6月10日 初版印刷
※本書は、1972年11月刊『創作落語論』(三一書房)を元本といたしました。
 文庫化にあたり、各章に「解題」を新規収録し、明らかな誤字・脱字は正し、
『』「」の整理を行うとともに、適宜ルビを補い、本文中使用漢字はできるだけ統一しました。
 なお、本文中に登場する落語家の名前には、必要に応じて亭号、代数を( )で挿入しました。
…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…
この本の帯には…、
「落語家よ、
 大衆と心中せよ!
 落語とは何か、芸とは何か-
 伝説の新作落語家が問いかける、刺激的な落語論!」
と書かれています。
今の古典落語も…出来た時は「新作落語」…だったのでしょうね…。
岩波国語事典によると…、
【古典】
①古い時代に著された、立派な内容の書物。
②(古典(1)も含めて)過去の時代に作られ、
 長年月にわたる批判に耐えて伝えられ、
 現代でも文化的価値の高いもの、特に文芸作品。
 クラシック。
とのことです…。
長年月…とのことですが…、
どの位の年月…なのでしょうね…。
時代背景も思い浮かべながら聞くのも…楽しいかもしれませんね…。
機会があれば、是非読んでみてはいかがでしょうか?
…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…
それでは、そろそろ今日はこの辺で…。
ここ寄合処『豆玄』は皆さんとの寄合の場です。
ご意見・ご要望があれば…
  ↓  ↓  ↓
 【お便り】(メール)
  ↑  ↑  ↑
お便り(メール)下さい。

又、NPOシュエットは皆さんのご寄附で支えられています。
このご寄附は、NPOシュエットの非営利活動の事業に使われるものです。
NPOシュエットの考え方や事業内容に賛同して下さる方、
応援したいという方からのご寄附をお待ちしています。
寄附しようかなぁ…と思われる方は、
  ↓  ↓  ↓
 【お便り】(メール)
  ↑  ↑  ↑
お便り(メール)下さい。折り返し詳しいことをお知らせします。
「♪いちねんせーぃになった~ら…」の歌にもある様に、
《友だち(寄附して下さる方)100人》を目指しています!
よろしくお願いします!

それでは、NPOシュエットがお届けする
寄合処『豆玄』閉めま~す!
寄り合っていただき、ありがとうございました!

それでは、
マメに元気で! パぱぁ~ン パぱン♪


この記事をはてなブックマークに追加

「落語の世界」(著者:五代目 柳家つばめ さん)ご存知ですか?

2015-09-24 | 『暮らし』

豆と玄米を食べて マメで元気に! パぱぁ~ン パぱン♪
NPOシュエットがお届けする
寄合処『豆玄』(よりあいどころ 『まめげん』) 開けま~す!

みなさ~ん!マメで元気にしてますか~?

それでは、前置きに歌のご紹介を…。
この後のお話しへのつながりや意味は特にありません…。
「こんな歌もあったんだぁ…」と思っていただけれは幸いです。
はしだのりひことクライマックス が歌う「花嫁」です。
       
…ん…良いですねぇ…。
…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…
この頃…玄米をお休みにして白米にしているのですが…、
ササゲ豆系の豆入り白米ご飯…が結構美味しいことに気付きました…。
この頃のお米は…、
モチッとした炊き上がりになる品種が多いように思いますが…、
この…ササゲ豆系豆入りご飯は…、
白米だけより…ふっくら…炊き上がりました…。
食べた時も…ふっくら感がありましたね…。
その上…うっすら小豆色がついて…淡い桜色できれいになりました…。
ん…青豆系より良い感じです…。
豆の種類でも…結構炊き上がりが違ってきますね…。
玄米に炊き込んだものは…ここしばらくず~っと食べているので解っていましたが…、
白米に炊き込んでも…美味しかったのですね…。
豆って…スゴイ力(ちから)がありますね…。
ご飯だけではなく…他の料理の中に入れたら…、
どんな感じになるのでしょうね…。
またまた…ふんわり仕上がったり…するのでしょうか…。
そのうち…試してみたいと思います…。
そして…チョッと調べたら…、
プランターなどでも豆を育てることができるようなので…、
もう少しシッカリ調べて…、
食べるだけではなく…育ててみるのも…楽しいかもしれませんね…。
ということで…そろそろこの辺りで…、
笑って元気に…この本を…。
…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…
≪「落語」の本をご紹介しま~す!…何冊あるかなぁ…№014≫
書  名:落語の世界
著 者 名:五代目 柳家つばめ
発 行 所:株式会社河出書房新社
出版年月:2009年12月20日 初刷発行
版・刷数:2009年12月10日 初版印刷
※本書は、1967年7月刊『落語の世界』(講談社)を元本といたしました。
 文庫化にあたり、明らかな誤字・脱字は正し、『』「」の整理をおこなうとともに、
 適宜ルビを補い、本文中使用漢字はできるだけ統一しました。
…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…
この本の帯には…、
「落語家だからこそ書けた
 芸人たちの
 リアルな日常」
と書かれています…。
いろいろな面から…書かれているようです…。
こうした話を読んだりして…、
いろいろな考え方や思いなどを知ることも…大切ですね…。
機会があれば、是非読んでみてはいかがでしょうか?
…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…
それでは、そろそろ今日はこの辺で…。
ここ寄合処『豆玄』は皆さんとの寄合の場です。
ご意見・ご要望があれば…
  ↓  ↓  ↓
 【お便り】(メール)
  ↑  ↑  ↑
お便り(メール)下さい。

又、NPOシュエットは皆さんのご寄附で支えられています。
このご寄附は、NPOシュエットの非営利活動の事業に使われるものです。
NPOシュエットの考え方や事業内容に賛同して下さる方、
応援したいという方からのご寄附をお待ちしています。
寄附しようかなぁ…と思われる方は、
  ↓  ↓  ↓
 【お便り】(メール)
  ↑  ↑  ↑
お便り(メール)下さい。折り返し詳しいことをお知らせします。
「♪いちねんせーぃになった~ら…」の歌にもある様に、
《友だち(寄附して下さる方)100人》を目指しています!
よろしくお願いします!

それでは、NPOシュエットがお届けする
寄合処『豆玄』閉めま~す!
寄り合っていただき、ありがとうございました!

それでは、
マメに元気で! パぱぁ~ン パぱン♪

 


この記事をはてなブックマークに追加

「べけんや わが師、桂文楽」(著者:柳家小満ん さん)ご存知ですか?

2015-09-23 | 『暮らし』

豆と玄米を食べて マメで元気に! パぱぁ~ン パぱン♪
NPOシュエットがお届けする
寄合処『豆玄』(よりあいどころ 『まめげん』) 開けま~す!

みなさ~ん!マメで元気にしてますか~?

それでは、前置きに歌のご紹介を…。
この後のお話しへのつながりや意味は特にありません…。
「こんな歌もあったんだぁ…」と思っていただけれは幸いです。
ハイ・ファイ・セット が歌う「フィーリング」です。
       
…ん…良いですねぇ…。
…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…
9月23日は「秋分の日」です…。
先日の内閣府のホームページ内の「国民の祝日について」によると…、
---*---*---*---*(一部 引用)*---*---*---*---*---*---
秋分の日
秋分日 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。
---*---*---*---*(引用おわり)*---*---*---*---*---*---
とのことです…。
ちなみに…春分の日は…、
---*---*---*---*(一部 引用)*---*---*---*---*---*---
春分の日
春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
---*---*---*---*(引用おわり)*---*---*---*---*---*---
とのことでした…。
又、「お彼岸」でもありますが…岩波国語辞典によると…、
【彼岸】
①(略)
②(略)
③春分・秋分の前後各3日、合計7日間。
 また、そのころの季節。
④「ひがんえ」の略
【彼岸会(ひがんえ)】
彼岸(3)に行う仏事。
とのことです…。
この「国民の祝日について」の文は…、
国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第2条の条文ですが…、
ということは…「秋分の日」も「春分の日」も…、
「秋分日」「春分日」のところが違うだけで…、
その後の条文は…、
どちらも「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」なのでは…と思いますが…、
どうして「秋分の日」は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」で…、
「春分の日」は「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」と…違っているのでしょね…。
こういうことって…どのように決められるのでしょうね…。
例えば…これに関しては…「同じ方が良い」とか「違う方が良い」とか…、
議論が有ったものなのでしょうか…ね…。
ん…気になりますね…。
昔のことを知るには…やはり…本読みです…ね…。
ということで…そろそろこの辺りで…、
笑って元気に…この本を…。
…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…
≪「落語」の本をご紹介しま~す!…何冊あるかなぁ…№013≫
書  名:べけんや わが師、桂文楽
著 者 名:柳家小満ん
発 行 所:株式会社河出書房新社
出版年月:2005年 9月20日 初刷発行
版・刷数:2005年 9月10日 初版印刷
※本書は、1996年に平凡社より刊行された『わが師、桂文楽』を
 床本としております。
 ただし別章のみ、文庫化にあたって、単行本刊行後に雑誌等に
 掲載された作品を新たに収録、編集いたしました。
…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…
この本の帯には…、
「男も惚れる粋な男、
 桂文楽の芸と素顔」
と書かれています…。
いつも傍にいるからこそ見聞きできたことが…、
たくさん入っているようですね…。
機会があれば、是非読んでみてはいかがでしょうか?
…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…
それでは、そろそろ今日はこの辺で…。
ここ寄合処『豆玄』は皆さんとの寄合の場です。
ご意見・ご要望があれば…
  ↓  ↓  ↓
 【お便り】(メール)
  ↑  ↑  ↑
お便り(メール)下さい。

又、NPOシュエットは皆さんのご寄附で支えられています。
このご寄附は、NPOシュエットの非営利活動の事業に使われるものです。
NPOシュエットの考え方や事業内容に賛同して下さる方、
応援したいという方からのご寄附をお待ちしています。
寄附しようかなぁ…と思われる方は、
  ↓  ↓  ↓
 【お便り】(メール)
  ↑  ↑  ↑
お便り(メール)下さい。折り返し詳しいことをお知らせします。
「♪いちねんせーぃになった~ら…」の歌にもある様に、
《友だち(寄附して下さる方)100人》を目指しています!
よろしくお願いします!

それでは、NPOシュエットがお届けする
寄合処『豆玄』閉めま~す!
寄り合っていただき、ありがとうございました!

それでは、
マメに元気で! パぱぁ~ン パぱン♪


この記事をはてなブックマークに追加

「圓生好色ばなし」(著者:三遊亭圓生さん)ご存知ですか?

2015-09-22 | 『暮らし』

豆と玄米を食べて マメで元気に! パぱぁ~ン パぱン♪
NPOシュエットがお届けする
寄合処『豆玄』(よりあいどころ 『まめげん』) 開けま~す!

みなさ~ん!マメで元気にしてますか~?

それでは、前置きに歌のご紹介を…。
この後のお話しへのつながりや意味は特にありません…。
「こんな歌もあったんだぁ…」と思っていただけれは幸いです。
バーブル・シャドウズ が歌う「小さなスナック」です。
       
…ん…良いですねぇ…。
…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…
この頃は…ホント…「秋」って感じになってきました…。
食べものも…温かいモノを…思い浮かべるようになりましたね…。
先日は…久しぶりに「野菜カレー」にしました…。
「にんにく」と「生姜」のみじん切りをたっぷり入れて、
野菜は…「玉ねぎ」「じゃがいも」「人参」「セロリ」でした…。
ガーリックオイルで、これらを炒め…、
味付けは…「塩」「胡椒」「カレー粉」「ケチャップ」「醤油」で…、
最後に「片栗粉」で「とろみ」をつけて…出来上がりです…。
野菜だけなので…アッサリしています…。
ご飯は…今回は「豆入り白米」にしました…。
玄米より量が少ないかな…と思い…ツイ大盛りにしてしまいました…。
「野菜カレー」は…たっぷり作るので…、
次の食事の時は…「カレーパスタ」にしました…。
こちらは…普通に茹でたパスタに…温めた「野菜カレー」をかけるだけです…。
ご飯とは…又違った味わいですね…。
そして…最後に…、
この「野菜カレー」の鍋にお湯を入れて「カレースープ」を作り…、
鍋の内側に付いているルーを…みんな溶かし込んで食べてしまいます…。
こうすると…鍋を洗うのも…楽ですからね…。
後片付けを簡単にする秘訣は…「全部食べること」ですよね…。
多少の油料理でも…この様にスープなどにしてお湯を使うと…、
ほとんど洗い終わったのも同じ感じになります…。
それなので…特別「台所用合成洗剤」も使わなくて済みますし…、
これって…環境の負荷の低減にも…なりますよね…。
「パスタ」にした時は…、
この「パスタの茹で汁」も洗い物に活躍するそうです…。
全部美味しく食べることによって…、
お腹もいっぱいになり…後片付けも楽で…環境にも良い…、
3倍も…良い感じになりますね…。
こういうことを意識しながら…次の食事のことを考えるもの…、
楽しいかもしれませんね…。
ということで…そろそろこの辺りで…、
笑って元気に…この本を…。
…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…
≪「落語」の本をご紹介しま~す!…何冊あるかなぁ…№012≫
書  名:圓生好色ばなし
著 者 名:三遊亭圓生
発 行 所:朝日新聞社
出版年月:1988年 3月20日 第1刷発行
版・刷数:-
…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…
この本の裏表紙には…、
「故・六代目圓生ののこしたテープの中から
 選りすぐった好色ばなし13編」
と書かれています…。
たくさんの音源から選ぶのも…、
大変だったのではないかと…思います…。
音源を聞くのが先か…本読みが先か…、
どちらでも…良いのではないかと思います…。
両方できたら…更に良いですよね…。
機会があれば、是非読んでみてはいかがでしょうか?
…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…
それでは、そろそろ今日はこの辺で…。
ここ寄合処『豆玄』は皆さんとの寄合の場です。
ご意見・ご要望があれば…
  ↓  ↓  ↓
 【お便り】(メール)
  ↑  ↑  ↑
お便り(メール)下さい。

又、NPOシュエットは皆さんのご寄附で支えられています。
このご寄附は、NPOシュエットの非営利活動の事業に使われるものです。
NPOシュエットの考え方や事業内容に賛同して下さる方、
応援したいという方からのご寄附をお待ちしています。
寄附しようかなぁ…と思われる方は、
  ↓  ↓  ↓
 【お便り】(メール)
  ↑  ↑  ↑
お便り(メール)下さい。折り返し詳しいことをお知らせします。
「♪いちねんせーぃになった~ら…」の歌にもある様に、
《友だち(寄附して下さる方)100人》を目指しています!
よろしくお願いします!

それでは、NPOシュエットがお届けする
寄合処『豆玄』閉めま~す!
寄り合っていただき、ありがとうございました!

それでは、
マメに元気で! パぱぁ~ン パぱン♪


この記事をはてなブックマークに追加

「書きかけの自伝」(著者:三遊亭圓生さん)ご存知ですか?

2015-09-21 | 『暮らし』

豆と玄米を食べて マメで元気に! パぱぁ~ン パぱン♪
NPOシュエットがお届けする
寄合処『豆玄』(よりあいどころ 『まめげん』) 開けま~す!

みなさ~ん!マメで元気にしてますか~?

それでは、前置きに歌のご紹介を…。
この後のお話しへのつながりや意味は特にありません…。
「こんな歌もあったんだぁ…」と思っていただけれは幸いです。
野口五郎さんが歌う「私鉄沿線」です。
       
…ん…良いですねぇ…。
…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…
9月20日は「彼岸の入り」
9月21日は「敬老の日」…です…。
先日の内閣府のホームページ内の「国民の祝日について」によると…、
---*---*---*---*(一部 引用)*---*---*---*---*---*---
敬老の日
9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
---*---*---*---*(引用おわり)*---*---*---*---*---*---
とのことです…。
岩波国語辞典によると…、
【敬愛】
(ある人を)尊敬し、親しみの心をもつこと。
【尊敬】
他人の人格や行為を高いものと認め、頭を下げるような、また、ついて行きたいような気持ちになること。
うやまうこと。
【敬う】
相手を尊んで礼をつくす。尊敬する。
とのことです…。
解っているかなぁ…と思う言葉もこうして調べてみると…、
「なんとなく…」しか解っていなかったなぁ…と思いますね…。
そして…、先程の内閣府のホームページには…、
法律についても…次の様に書かれています…。
---*---*---*---*(一部 引用)*---*---*---*---*---*---
国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)
第1条 自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。
---*---*---*---*(引用おわり)*---*---*---*---*---*---
改めて…いろいろなことは…法律で定められているんだなぁ…と思います。
小さなコトをキッカケに…、
この様なことにも…意識を向けていくのも…、
必要かもしれませんね…。
ということで…そろそろこの辺りで…、
笑って元気に…この本を…。
…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…
≪「落語」の本をご紹介しま~す!…何冊あるかなぁ…№011≫
書  名:書きかけの自伝
著 者 名:三遊亭圓生
発 行 所:株式会社旺文社
出版年月:1985年 3月25日 初版発行
版・刷数:1985年 3月15日 初版印刷

…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…∞…◇…
この本の帯には…、
「圓生、寄席に育って70年
 「実にどうも…」」
と書かれています…。
70年を生きても…未だ「書きかけ…」なのですね…。
後半には…いろいろな方との対談なども入っているようです…。
機会があれば、是非読んでみてはいかがでしょうか?
…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…∞~∞…
それでは、そろそろ今日はこの辺で…。
ここ寄合処『豆玄』は皆さんとの寄合の場です。
ご意見・ご要望があれば…
  ↓  ↓  ↓
 【お便り】(メール)
  ↑  ↑  ↑
お便り(メール)下さい。

又、NPOシュエットは皆さんのご寄附で支えられています。
このご寄附は、NPOシュエットの非営利活動の事業に使われるものです。
NPOシュエットの考え方や事業内容に賛同して下さる方、
応援したいという方からのご寄附をお待ちしています。
寄附しようかなぁ…と思われる方は、
  ↓  ↓  ↓
 【お便り】(メール)
  ↑  ↑  ↑
お便り(メール)下さい。折り返し詳しいことをお知らせします。
「♪いちねんせーぃになった~ら…」の歌にもある様に、
《友だち(寄附して下さる方)100人》を目指しています!
よろしくお願いします!

それでは、NPOシュエットがお届けする
寄合処『豆玄』閉めま~す!
寄り合っていただき、ありがとうございました!

それでは、
マメに元気で! パぱぁ~ン パぱン♪


この記事をはてなブックマークに追加