木曽Now

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

名づけた人は偉かった!

2016年11月07日 06時01分21秒 | 日記

この果実
何者でしょう?



中の種子を
取り出してみましょう。


大きな種子のように
見えますが
種子の倍以上の
翼がついています。

サルスベリの種子は
カエデのように風で
種子が散布されます。

ところが
果実の横でまだ
花が咲いているのです。


実は6月24日に
このサルスベリの木に
咲いている花を
アップしました。
昨日で135日以上
咲き続けています。

誰がサルスベリを
百日紅と名づけたのか
わかりませんが
百日以上咲き続けることに
間違いはありません。

サルスベリすごいです!
名づけた人もすばらしい。

サルスベリの種子は風散布です。

百日紅←クリック

百日紅と名づけられた和気は?←クリック
ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひっつき虫へと進化していく... | トップ | 花も葉も面白いです。 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
植物のメカニズム (ルイコ)
2016-11-07 06:17:28
 どこかで見たような・・・しばらく考え、納得。房で見れば分かるのですが・・・。
 ぼんやり眺めていたサルスベリの成り立ちが過去記事からもよく分かりました。
 蕚が花弁をキャッチし長く楽しませてくれていたんですね。百日紅とは健気な名をいただいてますね。
Unknown (イケリン)
2016-11-07 07:40:04
樹皮がとても滑らかでツルツルとしていて、「猿も滑って落ちる」ということから、
「サルスベリ」と名付けられたといわれる木が、いつの頃から「百日紅」とも
呼ばれるようになったのかわかりませんが、確かに百日以上以上花が咲くのですから
ぴったりの名前ですよね。
サルスベリの種 (ヒトリシズカ)
2016-11-07 08:04:03
fukurou0731さん

お元気で散策途中で観察を続けられていますね。

このサルスベリの種は風散布ですが、その発芽・根付き確率は低いような気がします。

公園に植えられたサルスベリの木の周りに、サルスベリが群生しているのを見た記憶はありません。長時間花を咲かせ、種を振りまいても、なかなか子孫は・・
自然は厳しいものです。
サルスベリ (屋根裏人のワイコマです)
2016-11-07 09:14:02
サルスベリは信州にもたくさん見かけます
この種もよく見かけますが・・
今の季節になりますともう信州のさるすべり
は咲いていません。でもこの種、沢山舞って
いるはずですが・・そこから増えた所は
ありません。
Unknown (さいちママ)
2016-11-07 11:47:28
百日紅の花は見たことありましたが種は初めて見ました。
楓のように飛んでいくのですね。
いつも初めてのことをこちらで教えてもらっています。
Unknown (kazuyoo60)
2016-11-07 11:51:41
100日以上、ちゃんと観察なさいました。フリルのある花弁と黄色の蕊が綺麗ですね。我が家のは終わったようですが、つい先日まで咲いていました。
まだ、自生の百日紅を発見していません。
Unknown (ばらりん)
2016-11-07 12:19:44
サルスベリでしたか、、、。
分りませんでした。

花もフリフリしていて可愛いし、幹も結構好きです。
それにしても100日以上咲くとは驚きです。
ほんとですね!!! (はなこころ)
2016-11-07 14:47:30
名は体を表す。

とすると 千日草は、もっと長く
咲いているのかなあ。

花と実 同時は、
こないだの「ジュズサンゴ」と一緒
ですね。

・・はなこころ

・・はなこころ
確かに咲いています (きぎ 粧子)
2016-11-07 17:50:15
百日紅、サルスベリ。確かにいまだ咲いているのを見かけます。「名の由来は、花がずっと咲き続けているから・・・」と言うことを昔、教えていただいてからずっと興味深く見るようになりました。種も翼をつけて、風散布なのですね!いつもながら植物たちの知恵に驚かされます!
こんばんは (大山鹿)
2016-11-07 20:08:13
サルスベリは100日紅い花が咲くので百日紅だったのですね。テッキリ、ツルツルした木なので猿も滑り落ちるかなと勘違いしていました。一つ利口に成れました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL