木曽Now

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

クイズです!

2016年10月29日 06時01分11秒 | 日記
全国至るところで
セイタカアワダチソウ
咲いています。

傘のような形で
たくさんの花が
咲いているように
見えます。

さてクイズです!
この花のかたまりで
いったいいくつ花が
咲いていると思いますか?




一つひとつの枝を
バラバラにしてみると
これだけありました。
傘の上の部分の小さな枝は
数えていません。

29本あります。

ひとつの枝に
小さな花の塊
頭花と言いますが
頭花がこれだけついています。
あまりにも小さいものは
入れていません。

60個あります。


ひとつの頭花を
バラバラにしてみると
ひとつの花
筒状花(つつじょうか)が
約5~8個入っています。



ちゃんと風で飛ぶように
綿毛をもっていますね。

クイズの答えです。
ひとつの頭花に
最低数の5個として
計算してみましょう!

5個 × 60 × 29=8700個


この傘状の花は
およそ8700個(最低でも)の
小さな花が集まってできています。

すべてが種子になって
風で飛ばされる
訳ではないと思いますが
ものすごい量ですね。

それにセイタカアワダチソウは
地下茎でも増えていきます。

また他の植物の生育を妨げる
アレロパシーという物質を
根や地下茎から分泌して
自分の勢力範囲を広げています。

全国にセイタカアワダチソウが
広がる秘密のひとつが
わかってもらえたでしょうか?

きっとこんなに
繁殖力が旺盛でなければ
花瓶に生けてもらえたでしょうに!


笑い話ですが
アレロパシー物質は
他の植物だけでなく
自分自身の生長も妨げるようで
いっときの勢いはないようですが
要注意外来生物に指定されています。

ひま人と思わないでください!
本当はひまですが。(笑)




ジャンル:
ウェブログ
コメント (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これぞ、ひっつき虫! | トップ | マリーゴールドに似ています。 »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イケリン)
2016-10-29 06:07:56
イヤーッ!!
まさに暇人ですなぁー😀
よくぞ数えられました。
こういうところに興味を持って調べられる。これがfukurou0731さんの
深い知識につながっているのでしょうね。参りました。
お早うございます (お針)
2016-10-29 06:18:02
fukurou0731さん、お暇なだけでは
この仕事?できませんよ!
良く数えたね~

このセイタカアワダチ草、凄く繁殖
力が有るので空き地などが真っ黄色
になるほど咲いています

私はこの花が怖~い
そばを通ると鼻がね~
何だか60歳過ぎて「花粉症」になり
ました
そして、この花にも「アサギマダラ」
がやってきます

セイタカアワダチ草、気を付けてね
この頃になると (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-29 06:26:04
信州では、この頃になりますと花が無くなる
ので一部は土手や田んぼや畑の畦などにも
ちらほら見かけますが・・多分普段は
農家の皆さんに一網打尽に・・なので
川の水辺とか手の届かないところで
生息しておりますが・・今の時期は
他の花が少ないので、楽しませてもらってます
数は・・すごい花の数には驚かされました
でも、数えようと思ったことはありません
やはり発想を変えねば・・<(_ _)>
Unknown (mimoza)
2016-10-29 06:34:01
本当に、花瓶に挿そうとは思わない花ですね。
繁殖力があり、家の敷地のどこかしこにまで
いきなり生えてきたりしますので
みつけると抜いて処分しています。

花数を数えようとか思いも寄らないことでした。
こんなにたくさんの花が集まっているのですね。
今日からこの花を見る眼が変わるかもしれません。
でも・・・増えてほしくない花です。
花粉が怖いので (maria)
2016-10-29 07:05:17
おはようございます。
セイタカアワダチソウはなるべく近寄らない様にしています。
アレルギー体質も有りますので、私は花粉が怖い方です。
最近は見かけるのも少なくなっていますね、、、
fukurou0731 さんのお陰で繁殖力の強さがわかりました。
花数が半端じゃ有りませんね〜
良く数えて下さいました。そして良く教えて下さいました^ ^
いつも感謝しております。ありがとうございます。
セイタカアワダチソウ (ヒトリシズカ)
2016-10-29 08:00:51
fukurou0731 さん

今回の解析によって、セイタカアワダチソウが一気に増えた理由がよく分かります。

数年前までは、静岡県内の大きな川の河川敷を黄色く染めたイタカアワダチソウの群生地が、東海道新幹線の車窓から見えて、すごいなと思いました。最近は少し減っています。

埼玉県の荒川河川敷でも、一時ほどではありませんがまだ生えています。実は、夏や秋に完全に刈り取ることを止めているそうです。真冬には、セイタカアワダチソウの種が日本に飛来した野鳥の食べものになるからです。一番のご馳走だそうです。

この点から、すべての種が風で飛ぶ訳ではないようです。あまりしっかりと、観察したことはありませんが・・
セイタカアワダチソウ (takeuchi)
2016-10-29 08:22:36
春に咲く黄色い花、キンケイ菊?も要注意で、
岐阜県庁は見つけたら連絡くれと。
伊吹山のお花畑も植生が激変しました。
私も (mako)
2016-10-29 08:33:49
アレルギーで反応しますね、この花に^^;
でも、遠くから観ても群集しているときれいだな~と。
しかしまぁ~数えるなんて思いつくのが
fukurouさん、流石の知識欲。
ま、療養を兼ねた暇人でもある訳ですね^^v
fukurouさんの御手はもしかして白魚のような細い手でしょうか^^?
私だったら、つぶしてしまうかも^^;
おはようございます (sumika)
2016-10-29 09:40:09
fukurou0731様
おはようございます。
セタカアワダチソウは、8700個の種!!
アレロパシーという物質を持ち、他の植物だけでなく自分自身の生長も妨げる!!
自然の摂理なんですね。

Unknown (ばらりん)
2016-10-29 11:27:09
なんと、私が考えた数の15倍位でした。
昔々、セイタカアワダチソウの唄がありましたね。
十朱幸代さんが歌っていました。

最近小型のセイタカアワダチソウを見かけます。
一回刈られると次に出て来るのは小さくなるそうですね。
錆びた線路脇に咲いていたりすると風情を感じてしまいます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL