木曽Now

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ルーツだったかも?

2017年06月02日 08時01分00秒 | 木曽Now
開田高原アメダス  今朝の最低気温    8.3℃  昨日の最高気温   20.4℃
木曽町新開     午前8時の気温   10.5℃    今朝の天気    雨上がりで曇り

大昔
山に登っていたころ
高山植物が
ぽつりぽつりと
目につき始めた林床で。

先輩から
名前を教えてもらった花
ベニバナイチヤクソウ。


20年近く前
初めて来た
開田高原で
一面に咲く
ベニバナイチヤクソウを見て
感動した。


ギフチョウがいて
ベニバナイチヤクソウが
咲き誇る開田高原。

家を建てることにした
ルーツだったのかもしれない。

下向きに咲く
可憐な花だが
のぞいて見ると
結構面白い。


赤紫いろをした
雄しべが10本
かたまっている。


雌しべは
曲がって長く
花の外に
突き出ている。

まるで
自家受粉を
避けたいかのようだ。


もう少し長ければ
傘の柄のようにも
見える。

マイズルソウの群落

ベニバナイチヤクソウの群落を

この時期
毎朝歩けることに
幸せを感じる。


昼から
大阪に戻ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイズルソウではなくマイヅ... | トップ | 白い幽霊! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵です♪ (雀(から) )
2017-06-02 08:29:33
紅花一 薬草は 私と 少し 接点があった 先輩が大好きな花だったそうで その先輩の 追悼 登山 の折に やはり先輩が大好きだった 山野 登山道 沿いに ひっそりと何本か見つけて 参加メンバーの おばさん達で 感激したことがありますが こんなに 群生するなんて信じられませんこの光景を 先輩に見せたかったと思います
Unknown (kazuyoo60)
2017-06-02 09:17:12
ベニバナイチヤクソウ、可愛いですね。薬効があるのでしょう。
沢山咲いて素晴らしい眺めです。お気に入りの場所なのでしょう。マイヅルソウも凄いです。広いのは良いですね。
ベニバナイチヤクソウ (ヒトリシズカ)
2017-06-02 09:18:53
fukurou0731さん

木曽町に咲くベニバナイチヤクソウは、見事な美しさです。花に力強さを感じます。

北八ヶ岳連山の標高1100メートルの針葉樹林の中でも、ベニバナイチヤクソウは咲きますが、これほどしっかりとした美しさではありません。

元々、ベニバナイチヤクソウは針葉樹に
”寄生”するものなので、弱々しいものと思っていました。

マイズルソウの群生地も見事です。木曽町は豊かな自然が保たれています。
Unknown (イケリン)
2017-06-02 09:23:01
ベニバナイチヤクソウは初めてお目にかかりました。当地で咲くのはシロバナばかりです。
花の中を見ることはなかなかできませんが、花びらに包まれた雄しべと雌しべが綺麗ですね。
この自然の豊かさに惹きつけられたお気持ちが、わかるような気がいたします。

とんぼ返りに近いほどの木曽滞在でしたが、大阪へは気をつけておかえりください。
自然の宝庫 (屋根裏人のワイコマです)
2017-06-02 09:24:36
開田高原、道路が出来るまでは今の
地蔵峠の曲がりくねった細い道に
一日に数本のおんたけ交通のバス
に揺られて松原商店にそして仕事して
松原さんに把の沢の役場まで送ってもらい
助役の青木さんと・・すると暫くすると
西野のたけみ旅館が迎えに来てくれて
たけみで仕事して4時半の最終バスで一時間掛けて福島へ・・
その頃は、木曽のなかでも特別な土地
今から考えると懐かしく蕨や茸や山菜が
山ほど採れた当時が懐かしい。
素晴らしい自然の木曽の開田高原です
Unknown (ばらりん)
2017-06-02 12:04:18
群落と言う言葉にワクワクします。
そしてこの見事なお写真!

ここに家を建てたいと思う気持ちよく分ります。
そしてfukurouさんの様な方がここにいてくれるのは
この地の動植物にとっても、もちろん人にとっても
なんと良かった事と思わずにいられません。
ルーツですね! (こいと)
2017-06-02 14:30:54
fukurouさんと開田高原との出会いは
偶然のようで偶然ではなく、
fukurouさんの魂のルーツだったのかもですね。
開田の自然の中で、本当に幸せを感じておられるのが伝わってくるので、
読ませていただく私たちも幸せ感を感じることができるのだと思います。

ですが、
会えない時間が愛を育てるのさ~♪とかいう歌がありましたね、ね~。
開田に居られない時間があるからこそ、
余計に開田が恋しく思えたり、
緑の少ない蒸し暑い大阪の生活があるからこそ、
開田での時間が幸せに思えるのかもです。
…なぁんてね。

なんとか、大阪を見捨てられませんようにと、屁理屈を書きました(笑)すみません。

お名残惜しいとお察ししますが、
お気をつけて、この暑苦しい夏の大阪にもお帰りくださいませ。
ぴーちゃん、ぽよちゃんも、元気で長旅ふぁいと!?(^^)/
春の感触を実感 (あおばあい)
2017-06-02 16:13:21
開田高原は、ずうっと長い間、雪に閉ざされてきて、自然界は今、まさに短い春を謳歌していることを実感しますね🎵小さくて目立たなかった可憐な花たちが、寄り添って群生している様子は、心がほんのりしてきました😊
今日、木曾を後にされても、また近いうちに……で、楽しみですね🎶

コメントを投稿

木曽Now」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL