とらさち日記

日々の出来事も綴ります。
当ブログの写真や内容の無断掲載は禁止です。

けんこん

2017-06-17 14:28:07 | Weblog
中国文学者よしかわこうじろう氏は
中国は世界で最も神話と決別した国だと言っている
それはどういうことかをおはなしするつもりであったが
長く打つことが辛い

ということでいつものごとく省く

しんよこはまから岡山岡山から伯備線で米子まで乗車
伯備線は特急いずもでおよそ二時間半の旅その車窓の景色はすばらしい
五月の緑のなか鯉のぼりが泳いでいる
五月も半ば終い忘れ?
いえいえここいらは旧暦の梅雨のころの鯉のぼりであろう

けっこんというのは天と地の意味
梅雨を竜門の滝水に見立て
口を上にして天に飛躍を期す

竜門と呼ばれる滝を滝壺から遡上して滝口まで登りえた鯉は
龍に転身するとの伝説から登竜門という言葉が生まれた

面白いのは鯉の側線にあるうろこの数は36枚
龍は99枚らしい
易て66はこん99はけん
こんにいた鯉がけんにのぼつて龍に転じた

そんな伝説を持つ国がなぜに神と決別したのか

まことに面白い文明であろうか
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 備前玉 | トップ | 絶望ナンバーワン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む