Fさんの日々の記録と山歩き

 山歩きが生き甲斐の団塊オヤジです。山行記や,その他日々思うところを綴っていこうと思います。

関東地方で、冬型季節風の強さを知る術

2017年02月12日 | 日記

 2月12日(日)

 強い冬型の気圧配置による寒波の襲来で日本海側の地域では大雪となっており、列車や車が立ち往生し交通アクセスが大幅に乱れているという。青空が広がる関東地方に住んでいると俄かに実感し難いが、その兆候が読み取れないでは無い。

 冬型の気圧配置が強まると、まず100キロ程離れた上越県境の山々が季節風の雪雲に覆われる。更に強まると60~70キロ離れた榛名山や赤城山も雪雲に覆われる。20キロ程離れた奥武蔵の山々が雪雲に覆われるとなれば、相当強力な冬型の季節風が襲来していると推察できる。

 それからもう一つ、その強さを手軽に知る術がある。それは我家のベランダから見える隣街のゴミ焼却施設から出る煙だ。無風ならば当然の事だが真上に煙は立ち昇る。しかし冬型の気圧配置が強まると、煙は南の方向へなびいていく。今朝の煙は南の方向へ水平に近い角度でなびいているから、相当強い季節風が襲来しているのだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箱根、明星ヶ岳登山 | トップ | 栂池高原スキー場に来ています。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。