いこいのみぎわ

主は我が牧者なり われ乏しきことあらじ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9月18日教会学校聖言

2016年09月19日 | 教会学校聖言葉

「われわれは神のうちに生き、動き、存在しているからである。」
使徒行伝17.28

 神様は姿が見えず、その声も聞こえないので、時に自分の中で存在が希薄になる時があります。
まるで人よりもほんの少し大きな存在のように錯覚してしまうのです。

 しかし、実際神様はこの聖言葉が示すように、宇宙さえ自らのうちに含むほどの広大無辺な存在です。
神様からご覧になれば中に生きる私たちは、宇宙から見た砂粒よりももっと小さな存在に違いありません。

 神様があなたに何か事を起こすと決められたなら、どんな存在もそれを留めることはできず、神様が許されなければどんなことも起こりえません。
その神様がこの取るに足らない存在に目をとめ、ひとり子イエス様の命をもってあがない、神様のうちに恐れなく安心して住まうものとして、取り扱って下さっています。
目の前の事象に目を奪われそうになりますが、その背後には必ず神様の御手があることを忘れないでください。
その方はあなたを命をかけて愛して下さっていることも。(正野)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月18日 日々の聖言 | トップ | 9月19日 日々の聖言 »
最近の画像もっと見る

教会学校聖言葉」カテゴリの最新記事