いこいのみぎわ

主は我が牧者なり われ乏しきことあらじ

7月2日教会学校聖言

2017年07月17日 | 教会学校聖言葉
「人の怒りは、神の義を全うするものではないからである」
ヤコブの手紙1.20
 
 耳の痛い話でありますが、厳然たる事実です。
人が怒る時、必ず自分が正しく相手が間違っていると思い込んでいます。
いわば自分が神様に成り代わり相手を断罪しているのです。

 ですから怒りにまかせた行動は、神様の喜ばれることには成り得ません。
怒らずにおれるのが一番ですが、仮に怒りを覚えても、怒る相手の背後におられる神様に目をとめましょう。
そして正義を神様にお返しできたなら、必ず神様があなたを祝福し、相手方の行いに報いて下さいます。(正野)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖書からのメッセージ(570)... | トップ | 7月9日教会学校聖言 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む