いこいのみぎわ

主は我が牧者なり われ乏しきことあらじ

7月16日教会学校聖言

2017年07月17日 | 教会学校聖言葉
「悪に負けてはいけない。」
ローマ人への手紙12.21

 昔の時代劇のように善人が悪人をやっつけるのは確かに痛快ですし、それが悪に負けない生き方のようにさえ思います。
しかし、神様を信じる生き方はそれと違う生き方になります。

 確かに神様は悪を見過ごされるお方ではありませんが、神様に成り代わってさばきを下すのを神様はゆるされません。
イエス様が十字架にかかる前ただ黙っておられたように、神様の取扱を信じてゆだねるなら、必ず厳かなさばきが行われます。
それは人が手を下すよりも重く、何人も逃れる術はありません。
ただ主の手に期待しましょう。(正野)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月9日教会学校聖言 | トップ | 聖書からのメッセージ(571)... »
最近の画像もっと見る

教会学校聖言葉」カテゴリの最新記事