ヒヨコ・イン・ザ・ワールド

Fukunosukeとhiyokoが綴るブログ。バリ島旅行記とスペイン旅行記だったのですが、最近は色々増えました。

北米2010(その14) izolaさん大ピンチ

2010-08-18 21:40:42 | 北米旅行2010
Fukunosukeです。



izolaさんもアメリカレポートあっぷちゅう





Fallingwaterからピッツバーグのホテルに戻ったのは夜の9時。


さすがにもう寝るかと思いきや寝ない。やはりバウワーなのか。
もしかして、変な薬飲んでいませんか? それも2倍くらい。




一足先に日本に帰るizolaさんとはここでお別れなので、打ち上げをしました。izolaさん、
長年の夢が叶ってよかったですねー。これからの仕事もグレードアップするといいですね。



旅の中締めの余韻に浸ろうと思ったけど、アメリカンな味の料理は、なぜかちょっと食べただけで
お腹いっぱいになってしまいました。
  



お疲れ会も終わり、いよいよizolaさんとはここでお別れです。
あらー楽しかったのぉ、そぉ、よかったねー。



むー。いいかげん、あなた達変です。僕は用があるのでお先に失礼。





この後、Fukunosukeは先に部屋に帰り、ほっと一息、トイレで今日のノルマに取り
組んでいたら、「入りますよー」の声と共に、お二人がガヤガヤ部屋に入って来ま
した。

おぉ、焦るぜ。なんだなんだ。

仕事を七分方で切り上げてバスルームから出ると、izolaさん鼻をつまんでおります。
いやそうじゃない。そうじゃないけど、どうしたんですか。

なんでも、廊下で別れの抱擁中に背後でドアが閉まってしまい、自分をロックアウトして
しまったと。むー。izolaさん、そりゃぁhiyoko並のズッコケです。「だから姉妹」と言われ
ればそれまでですが。


とりあえずフロントにスペアキーを頼んで、izolaさんを部屋に押し込んで落着。




、、、ところがizolaさんとの旅の徒然は、まだ終わりませんでした、、、。









翌朝。hiyoko&Fukunosukeは、一足先に早朝の便でペイジに向けて大移動を開始します。
(ちなみにこの飛行機に乗ろうってわけじゃありません)




ところが、フライト30分前、空港のラウンジに入ったところで、ホテルにいるizolaさんから
SOSメールが飛び込んで来ました。




メールを読みだして顔が蒼ざめるhiyoko。なんと、izolaさんが乗るデルタ便がキャンセル、
代替便は明日になると。しかもUSデルタからの一方的な英語通達だそうで、izolaさん
大弱り。英語が苦手のizolaさんをこんな所に一人残してどうなる!? ひょっとすると
izolaさん、一生日本に帰れないかもしれませんよ(そんなに頼りないか(笑))。


我々のクレジットカード会社のエージェントを通じてizolaさんのエアー
手配をしていたので、hiyokoは、慌ててエージェントに電話をかけ、
「何とかしなさいこの野郎」とねじ込みます。


ちょっとした「できる女」の体ですが、まさに↑この瞬間、電話口の
相手を「そんなこともできないんじゃ、お宅は何にも役にたたないじゃ
ない!」と叱り飛ばしているところです(笑)


、、、よくもまあ、僕はこの人の夫が務まるものだ、、、。


と思いつつ眺めていた事は、内緒にしておいてください。




何とかizolaさんが今日発てる便を押さえたものの、アップグレードの
ことやら差額運賃を取られたら大変とか、諸々積み残しのまま時間切れ。
我々はizolaさんを放置して機上の人とならざるを得ませんでした。
hiyokoは、興奮を鎮めようと思ったのか、できもしない機内誌のクロス
ワード(当然英語)に挑戦して、一問も解けず玉砕。




で、結末はどうなったかというと、


同じくSOSを受信したdaniellaさんの機転で、デルタの日本語対応デスクの電話番号を入手
したizolaさん、あっさり日本語で残りの手続きをクリアし、無事帰国の途に着いたのでした。
何だ、そういう手があるなら、最初からそこに電話すればよかったじゃない。
さすがdaniellaさん。しっかりしてるね!

hiyokoより:だって、知らなかったんだもん。デルタにそんなのがあるなんて。
      A○EXの人だって教えてくれなかったし。


とりあえずよかった。izolaさん、旅の最後に大変でしたね。




フェニックス空港でその報告を受け取り、安堵するhiyoko。
「不毛地帯」で石油を掘り当てた時の、壹岐正の顔にちょっと似てます。




で、このお話しの教訓は?と言えば、「3匹の子豚」で語られる、「結局、末っ子が一番
しっかり者で頼りになる」という教えが、現代においても充分通用しているという、、、

なんか違うだろ、、、だいたい、Fukunosukeは何にも役にたっていないじゃん。自分は
どうなのだ。

hiyokoより:そんなことないよん。izolaちゃんへの連絡係してくれたでしょ。




北米2010 目次へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北米2010(その13) the Fall... | トップ | 北米2010(その15) 4番目の... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (daniella)
2010-08-19 02:22:39
一件落着何よりでした☆
いえいえ、長女の頑張りのお陰で次女ちゃん、無事に
帰れたのですから、1番頼りになるのは、やっぱり
大きいお姉ちゃんです!

USデルタの日本語対応デスク、知らなくて当たり前です。
私はたまたま、空港のカウンターにて、"NO"と言い出したら
聞かないアメリカ人をなだめすかして励ましつつ、
日本語対応デスクに電話をかけて恫喝しまくり
ダブルでプレッシャーをかけ続けるダニエルの
姿をよく見ているので、知ってただけです。
我が家の場合「よくもまあ・・・」なんて監督のような
謙虚な心持は全くなく「もっと行け!もっと頑張れ!!」と
思いつつ眺めている妻です。ぷぷ。

次はいよいよあのリゾートですね♪
Unknown (izola)
2010-08-19 09:27:04
さすが監督!あの時はドラマのような出来事に寿命が縮まる思いでしたが、こうして監督記事で読み返すと我が事ながら間抜け過ぎて何度も笑ってしまいましたよー。
長女&末妹&監督の連携プレーのおかげで一生戻れなかったかもしれない(笑)日本に無事戻れて心から感謝です(^_^)
あ、でも頼りない次女の事を考えたら少しアメリカに残って人生の厳しさを学んできた方が良かったかも??(笑)
あ、違う違う、それよりも姉さんに正しい恫喝の仕方を学ぶ方が早いですね!(爆)

Unknown (りら)
2010-08-19 13:07:16
hiyokoさんかっこよいですよ~♪

そう、私もフライトキャンセル何度か経験しましたが、
自己主張すべきところはしっかりやらないと、ダメなんですよね。
だからhiyokoさんの対応はすごく分かるし、
私もdaniellaさんと同じで、「もっと行け!」タイプです(爆)
だけど宿泊費もデルタ持ちですよね?もし私だったら、翌日からの予定がなければ
「もう1日(職場にはデルタのせいにして)アメリカで遊んでられてラッキー☆」と思っちゃうかも(笑)
そうしないところがizolaさんの偉いところですね。
とにかく、izolaさんは一人での帰国はなにかと不安だったと思いますが、
頼りになる姉妹の存在を最後まで感じながらご無事に帰国できて何よりでした!


しかしメールが使えると便利ですね~~。
au、海外には弱くて。
通話はできるのに買い換えたんですが、メールはたしか一部地域のみだったような…。
(といってもアメリカは…使えるのかな?最近辺鄙なところしか行ってないので
よくわかっていません
あらら (ベラ)
2010-08-19 13:38:36
Fukunosukeさんのトイレ事件を
我がことのように読んでいたら(^^;、
izolaさん、飛行機の件大変だったんですね。
あらら。
私もSFで東海岸で大雪が降ったお陰で、
全然飛行機が飛ばなくなって、
一人ぼっちでSFの空港に4時間?
ぐらい置いてけぼりを食ったことがあります。
カウンターの長い列に並び、
自分の番になると、「日本語できる人呼んでちょ。」とお願いしました。
何とかチケットをゲットしましたが、その後、
不安で不安で息苦しくなって、
頭痛に見舞われたのを思い出しました

私もイザという時は、Daniellaちゃんに
SOSの電話しよーっと。ダメ?

りらさん、私もauで全然使ったことないです。
友人も全然ダメと言ってました。
daniellaさん (Fukunosuke)
2010-08-19 22:11:58
こんにちは!コメントありがとうございます!

daniellaさんは、気遣い上手ですねー。なぜかdaniellaさんが
話しだすと、八方丸くおさまりがついてしまうような気が
します。

これからも、姉二人の面倒をよろしくお願い致します。
izolaさん (Fukunosuke)
2010-08-19 22:19:05
こんにちは!コメントありがとうございます!

すみません。これではizolaさんをいじくりすぎですねー。ふと、
izolaファンからクレームがついたらどうしようと、ちょっと
ビビってしまいました。


えへん、皆様に申し上げます。izolaさんという人は、団体
行動でも自由行動を好む癖があるようですが、全体として、
こんな三枚目ではなく、皆様が想像の通りのステキングですから!

ちなみにhiyokoについては、ここに書かれている事に
大きな間違いはないと思います。オホン。
りらさん (Fukunosuke)
2010-08-19 22:27:35
こんにちは!コメントありがとうございます!

あらら、そうですかー。みんな偉いんですねぇ。僕なんか
すぐくじけますから。でも、あんまりhiyokoを増長させないで
ください。すぐ調子に乗るんですから。

確かに、今や世界のどこにいてもすぐに連絡が取れる時代、
旅行のスタイルもあり方も、本当に様変わりですねー。
ベラさん (Fukunosuke)
2010-08-19 22:33:24
こんにちは!コメントありがとうございます!


>Fukunosukeさんのトイレ事件を
>我がことのように読んでいたら(^^;、

何を言っているんですか(笑)。


まあともかく、今回、我々の旅程はかなり無理があったので、
自分達の旅程がトラブる事は覚悟していたんです。ところが
我々は全くOKで、まさかizolaさんの身に災難が降りかかるとは
思ってもみませんでした。んー。なんだか申し訳ない気分でも
ありましたよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL