ヒヨコ・イン・ザ・ワールド

Fukunosukeとhiyokoが綴るブログ。バリ島旅行記とスペイン旅行記だったのですが、最近は色々増えました。

金沢08:かがやきは輝いて。

2017-04-20 21:38:33 | 国内旅行

Fukunosukeです。

 

ところで金沢に行くからには、かがやきに乗ったりするわけです。

生かがやきというのを初めて見ましたが、あんまり格好よくてびっくり
しました。新幹線は全部この形にすればいいと思います。

 

心なしか車内も広々感。

 

 

そういえば、揺れないんですよ。大変快適。

 

うん。これならいいなあ。旅行が快適になります。

 

 

金沢駅も大変な賑わいです。

 

これができた時に一度来たことがありますけど、その時は観光客も
まばらでなんだか異様なだけでした。でも今になって見るといい感じ。

 

世界で最も美しい駅14選というのに選ばれたんだそうです。
なぜ14かは知りません。

 

 

で、ぼちぼち帰るわけですが、帰りもまたかがやくわけです♪

 

 

 

おっと、グリーン車ですか。また贅沢な、、、

 

 

かーらーのー!

 

 

まさかのグランクラスっ! 罰当たり!

 

 

うわー、まじかこれ。

 

荷物入れは飛行機みたい。

 

足元広々。短いのであっちまで届きません。

 

スリッパもついてる。でも2時間半じゃなー。

 

シンプルだけど、ベストポジションがよくわからない。色々やっているうちに、
「呼び出し」ボタンを押してしまいました。おねいさんが飛んできました。

 

グラス置きの小さなテーブルはこんな。

 

パタパタします。

 

お弁当を載せるテーブルはありえない角度で飛び出してきます。
斜めに出てくる意味はあるのか。壊れているのかと思った。

 

何でもビックリドッキリのグランクラス、なんと車両のサスペンションまで
特別仕様でさらに揺れないんだそうです。すごいなあ。

 

グランクラスでは、小さなお弁当やお菓子がつきます。

 

さらに飲み物は飲みたい放題です。居酒屋新幹線です。

 

お弁当はちょっとですけど、おつまみと思えば十分です。

 

意外に喜んで食べているようです。よかったね。

 

なお、ゴミ袋的なものが無いので、おしぼりやら何やらとっちらかって
しまうのが難です。

 

だけど、乗っておいて何なんですけど、ここまで贅沢であるべき理由も
よくわかりません。元を取らんと昂って、疲れているのにかえって
休めなかった。

という貧乏性の横では熟睡中。常に大物感を醸しています。

 

 

まあ、どっちにしろ一生に一度のグランクラスでしょう。

 

 

 

 

久々の金沢。奥が深いです。もっとゆっくり旅してみたいです。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金沢07:それはそれとして鈴... | トップ | オーペシェグルマンでワイン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL