真空管アンプの自作日記

しばらく中断していたアンプ作りを、また始めようかと思っています。
備忘録を兼ねてます。

6SN7いろいろ

2017-07-11 12:46:52 | 真空管
先日完成の6SN7差動プリですが、無帰還のおかげでしょうか、のびやかな音です。
心配していた、ノイズについて全く問題なく、気持ちよく使用中です。
特にGT管でしたので、ちょっとした振動に弱いだろうと思っていたのですが、全くの杞憂でした。
これに関しては、球の出来によるところが大きいはずですから、手持ち球が良い球であったということです。
いずれも80年代に、秋葉原で入手したものですが、こんな球が、ちょっと頑張れば、手に入ったわけですから、
80年代の秋葉原は、面白く楽しいところでした。

当時の私は、この球が大好きで、この球目当てに、真空管販売店を覗いていました。
それで、出物があるとついつい購入してしまうということを繰り返していましたので、当時かなりの本数の6SN7を所有してました。
その半分以上は、アンプ作りをやめていた時期にオークションにて処分しましたが、今にして思うのは、
手元に置いておくのは、無理としても、きちっとした画像に収めて、記録として取っておくべきだったと思っています。
ちょっと後悔しています。
それで、今回、良い機会ですから、残り品ではありますが、画像に残してみました。
ご笑覧ください。


RCA6SN7GT 


RAYTHEON JAN-CRP 6SN7GT 


TUNG-SOL JAN-CTL-6SN7WGTA



SYLVANIA JAN-CHS-6SN7WGT


RCA JAN-CRC-5692


RCA 5692
マイカの形が、上の5692と違うようです。
5692の最後期のものでしょうか?


CBS HYTRON JAN-CHY-5692
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリアンプ特性測定~最終回路 | トップ | プリアンプ ちょっと変更 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。