真空管アンプの自作日記

しばらく中断していたアンプ作りを、また始めようかと思っています。
備忘録を兼ねてます。

SYLVANIAの6B4Gに変更

2016-12-20 13:38:27 | 6B4G PP アン...
昨日USSR 6B4Gの使用をあきらめる旨の報告をいたしました。
それで、手持ちの米国製6B4Gを、見てみますと、SYLVANIA製が5本、RAYTHEON製が5本ありましたので、
とりあえずSYLVANIAの6B4Gから2ペアーを無理やり取り、これに替えることにしました。
5本の中から2ペアー取り出すなんて、かなり無理がありますが、手持ちの中でのやりくりが前提のアンプ作りですから、
仕方のないことですし、独立した自己バイアスで使っていますので、良しとしました。
とりあえず、通電して、ちょっと様子も見た感じでは、気になる雑音もなく良さそうです。
これで、明日から、測定できるはずです。


手持ちの寄せ集めで組んだペアーなので、ベースのプリントがバラバラ。
球そのものは、SYLVANIA製で間違いないが、プリントは、RCAとSYLVANIAの混成となってしまった。
ちょっと気になるなぁ・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« USSR(ソ連邦)6B4Gって? | トップ | 6B4G PP 測定中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。