真空管アンプの自作日記

しばらく中断していたアンプ作りを、また始めようかと思っています。
備忘録を兼ねてます。

ちょっと手直し

2016-12-13 11:49:14 | 6B4G PP アン...
先日の報告で、電源電圧が予定よりも25Vほど低めに出てた旨報告いたしました。
いくつか対策は考えられるものの、これといった決定版がなく、そのまま電源電圧が低いままで進めようとしたのですが、
心変わりしました。
やっぱり、設計値よりも25Vも低い電源電圧なんて、どうにも我慢できず、対策することにしました。
幸いなことに、使用しているに、電源トランスに320Vが出ていますので、これを使用することに。
当然、これを整流すれば、高くなりすぎますが、多少インチキなことをすれば何とかなるだろうということで、まずはやってみました。
アイディアとして、
1.いくつかある手持ちの5U4GBを選別して電圧降下の大きい管を使用する。
2.整流管出口に抵抗を入れて、電圧降下
3.整流管出口のコンデンサーの容量を減らす。
こんなもんでしょうか。で、結果ですが、上記1.と2.で、何とかなりました。
(5U4GBは、PhilipsECGを使い整流管出口に33Ωの抵抗を挿入)
とりあえずこれで、アンプ測定を始めようと思います。
せっかくですから、この状態で内部撮影してみました。
ご笑覧ください。


青色の↓ が、挿入した33Ω/10Wのセメント抵抗
タイト端子を2本増設して取り付けた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初段管選別 | トップ | USSR(ソ連邦)6B4Gって? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

6B4G PP アン...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。