一人芝居旅日記

一人芝居の人権啓発活動や子育て講演をやっている福永宅司のブログです。子どもの学び館のスタッフ(千)も加わって書きます。

みなさん よかったら見てください 子どもたちの明日を考える番組に出演します。

2017-04-20 20:05:22 | Weblog

4月30日(日)九州沖縄ドキュメンタリー「ムーブ」という番組に登場します。
半年は取材にかけたでしょうか。時間と熱意をかけた番組です。
ホームページにあった文章を一部紹介します。
九州・沖縄各局時間が違いますが、よろしければ録画予約も含め
みてあげてください。
ともに子どもたちの未来を考察していきましょう。




子どもたちの明日 ~元教師がタイで貧困を考えた~
2017年第11回
制作:RKB毎日放送
ディレクター:阿佐部 伸一
小学校教諭を20年務め、教育をテーマとした一人芝居を演じて20年目となった福永宅司さん(57)。子どもの貧困が社会問題化するなか『ヤンママ子育て騒動記』という劇が人気を博している。親の「勝ち組・負け組」を反映する「勉強ができる・できない子」の二極化。
キーワードでもある相対的貧困に、希望や夢が持てない子が増えている。
劇中、主人公のシングルマザーは教育に関心がなく、虐待を繰り返していたが、東南アジアのゴミ山で暮らす子どもを追うカメラマンと出会って改心する。
福永は解決へのヒントを海外に見出そうとタイへ旅立つ。ハエが群がるゴミ山でリサイクル資源を集める少女を訪ね、彼女の中学校では担任の指導に思わず膝を叩く。 スラムでは地元NGOの援助で大学へ進学した娘の日常を見て、バラックの軒先で子育て環境を再考する。その日暮らしや享楽に走った親に遺棄された子どもたちの境遇は、日本とダブる。だが、出会った子どもたちの目は輝き、笑顔が溢れていた。なぜなのか、福永はその理由を探る。
帰国後、福永は「子ども食堂」を始めた。自由に出入し、学び合い、手作りの食事がある場所。劇中同様、シングルマザーの子育て相談にも乗り始めた。



■各局の放送予定
RKB 4月30日(日) 5:15
NBC 4月30日(日) 25:50
RKK 4月30日(日) 26:50
OBS 4月30日(日) 25:20
MRT 4月30日(日) 24:50
MBC 4月30日(日) 5:45
RBC 4月30日(日) 26:20



ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜講演 一人芝居冥利につきる | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む