ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

発達障害と知的障害。

2017-05-22 20:57:33 | 次男くん・その他


「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」


ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガと暮らしています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報を経験からまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。



ブログ記録2年と104日目
いつもありがとう(*´ω`*)遊びに来てくれてありがとう


次男くんと白猫プロジェクトで呪剣のオーブ集め?をしていたら
テレビで発達障害についての特集が放送されていたので
次男くんと2人でみました(*´ω`)ふむふむ。

「自閉症スペクトラム(Autistic Spectrum Disorder(ASD)」
キミ(次男くん)の事だよ。と言うと興味ありそうな表情で見ていました。

次男くんの場合、発達障害+軽度知的障害と診断されていますが
自閉症スペクトラム障害の克服ができれば、知的障害の部分はグっと軽くなることがわかりました。

つまり、次男くんの脳内で理解できるようにサポートできれば・・・。

理解できるようにサポートするってのが難しいのですけどね(;´∀`)

高等部になってから支援校へ通う事にした次男くん。
専門的な立場の先生方からサポートを受けるようになり
落ち着いた日々を過ごし、笑顔も多くなりました。

診断を受ける前までは、なんでこの子は・・・。と悩むというよりも
お互いにイライラしたり関係は悪化するばかり。
ひょんなことから、実は障害を抱えたことを知り
次男くん自身もどうしたら良いかわからないモヤモヤに苦しんでいるのかもしれない。
そう感じるようになってから、お互いに変化が。

当時のウェクスラー式知能検査でのIQは69。
平均が95~100なのに対して69と言うのは・・・
ぎりぎりボーダー値なのですが、次男くんの場合「自閉症スペクトラム障害」があったので
軽度知的障害と診断されました。

当時こそ、ものすごく進路に悩みました。
普通学級から、支援高等部へ進路を変更するのはどうなんだろうか。
次男くん自身傷つくのではないか。

次男くんにできるだけ正直にわかりやすく障害がある事を話をしました。
現実を知り、受け入れること・・それもまた簡単な事ではありませんでした。

時間をかけ、ゆっくりゆっくり受け入れることで次男くんも受け入れられたのかもしれません。

そして、支援校へ通学するようになり専門的な支援を受けられることによって
つい最近受けたウェクスラー式知能検査の結果はIQ90と驚くような改善が。

支援校の先生方には本当に感謝です。

今の次男くんの場合、発達障害・自閉症スペクトラム障害のみで
軽度知的障害とは診断されないと思います。
ですが、1度知的障害と診断されると一時的に知能指数は改善されたとしても
知的障害のまま認定されてしまいます。

どう受け取るのかは・・本人次第。

次男くんにも、今回のウェクスラー式知能検査の結果は話しました。
ちゃんと頑張った結果がでているね。
この調子で少しづつステップアップしていけるようにやっていこうね。

結果が表れることで次男くん自身の自信につながっているのだと思います。

歩みは遅くても、着実にステップアップできている次男くん。
ちゃむも負けないように毎日を頑張らなきゃ。とお互いに成長していけたらと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LINK

「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」

ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガを飼っています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報をまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。(*´ω`*)