ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

「フウ」の最後の記録

2017-01-19 00:00:41 | フクロモモンガ
フクロモモンガについてまとめました ⇒⇒⇒
【ギャラリー】に画像もたくさんあるので覗いてみてくださいな。(*´ω`*)



ブログ記録1年と335日目


未熟さをかみしめて(*´ω`)遊びに来てくれてありがとう。


今日は、健康診断の結果を病院まで取りに行きました。

結果は、やっぱり要治療(*ノωノ)糖尿と高脂血症が真っ赤な数値。

治療は継続中なので、まぁ・・・・サボらないように通院します(;´・ω・)

用事がなければ、今日も部屋から出ることなく

ももんずを眺め、わんこと戯れ、なんでこうなったのか・・と後悔と懺悔。

一番の原因は、babyには負担が大きすぎた長距離の移動と真冬の寒さ。

もっとできることがあったはず、してあげることができたはず。

ーーーーーーーー「フウ」の記録。--------

「フウ」はpm11:40にミルクを0.8cc飲みポーチへ。

ポーチの温度は28℃に設定。

そして3時間半後am3:00過ぎにミルクを飲ませようと

保育ケージのフリースを外すと、ポーチの中ではなくポーチの上にいました。

その時はすでに冷たくなっていて、呼吸もない状態。

死後硬直ははじまっていなかったので、心臓マッサージをし

弱風のドライヤーを当てながら手の中で温め、口は開くこともできなかったので

そのまま鼻から息を入れ・・・繰り返す事、数分。

蘇生を試みました。

何分すぎたのかわからないけど「フウ」は自力で呼吸を取り戻し、心臓も動きました。

でも、小さな体にかかった負担を考えると・・・。

人間でも脳内に酸素が届かなくなった時の負担は大きく

後遺症として障害が残るのがほとんどですから・・。

それでも生きてほしい。数%の奇跡をと祈りながら「フウ」に話しかけ温め続けました。

手の中に包み、蘇生と言えるかわかりませんが奇跡的に呼吸を取り戻してくれた「フウ」

それから「フウ」は3時間くらい頑張って戦ってくれました。

5~7分おきにシリンジで1滴にも満たない水滴を口に含ませ・・・

手の中で頑張ってくれている「フウ」にしてあげられることは、何もありません。

「ごめんね。苦しいよね。これから楽しい事たくさんあるから頑張って」と。

呼吸が下顎呼吸になり、手足が硬直をはじめてしまいました。

「ごめんね。私に出会ってしまったばかりに苦しい思いしかできなかったね。」

「頑張ってくれてありがとう。」

硬直し冷たくなった「フウ」を手放すことができず

手に包んだまま陽が昇るのを待ち埋葬しました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ももんずご飯・記録】

・常備食にぱんちさんペレット+溶かさないミルク

・HPS+ミックスベジタブル+ピーマン+リンゴ

おやつにヨーグルトドロップ+ドライパパイヤ+カリポリミルク

ダイヤ&Zabが生まれた1年半ほど前。

リコが何故かZabだけをポーチからポイっとしてしまう。

ふたたびポーチにZabを戻しても、鼻を使ってポーチからだしてしまうリコ。

ミルクを飲もうと育児袋に顔を入れようとすれば「ジジッジジッ」っとZabを拒むリコ。

原因はわかりません・・・。

脱嚢してわずか数日。開眼したかしないかという時期でした。

育児袋に顔を突っ込んでミルクを飲もうとすると、鼻先でポーチの外へ。

幸い攻撃はされていなかったので

それからZabには、ちゃむが3時間ごとにミルクを飲ませポーチへ戻しの繰り返し。

その時のZabの体重は14g。

開眼前に育児放棄をされたbabyを人の手で育てられる確率は20%

Zabは元気に育ってくれましたが、寒くない季節だったからよかったのだと思います。



お散歩大好きZabっぽ。

ペロペロしたかとおもったらカプカプする甘噛みわがまま王子に成長しています。

同じ兄弟のダイくんは、全く甘噛みしないのに(;´・ω・)すりすりマーキング・・・

静レプでは、おやつ系が全く販売されていなかったので・・・

ももんずには別の物をお土産としてお持ち帰り。



ビビ嬢、なんで固まってるの?( *´艸`)



ビビ:「なんですか?コレは・・・。」

背中にピンクな模様がチラり(*´▽`*)

ちょっと後ろから失礼します。とぱしゃり☆彡



正面からもぱしゃり☆彡



ももんず用のお洋服をおみやげに買ってきました。



こちらのpanくんリコさんケージでは・・・おふたり揃ってヘソ天(笑)

しっぽの裏側みえちゃってるよ( *´艸`)panくんはおちりハミでてるよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LINK

「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」

ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガを飼っています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報をまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。(*´ω`*)