ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

癒しのパワー。

2016-10-21 00:26:12 | フクロモモンガ・その他
フクロモモンガについてまとめました ⇒⇒⇒
【ギャラリー】に画像もたくさんあるので覗いてみてくださいな。(*´ω`*)



ブログ記録1年と247日目


癒しって必要よね( *´艸`)遊びに来てくれてありがとう。


実習3日目終了。

今日から2日間は通所施設の実習です。

前半2日間は宿泊型だったのですが・・・この2日間でノックアウト。

「卒業したら、待ってるからね」なんて言ってもらえたけど

ここで働いたら、心が無になる。若しくは心に闇が蔓延する。

とたった2日間で思ってしまったので無理。

「路頭に迷いそうになったらお願いします」と返答(笑)

生活するために仕事をするのであって、仕事が目的ではないので

ここで働かなきゃいけないくらいなら、この職種でなくてもいい。

心が無になったり、闇に包まれたら・・・

きっと過去のちゃむに戻ってしまうと思う。

子どもらと生活するために仕事をしていると言い訳にして

一番大事な子供らをおざなりにして、仕事する事が目的になっていたこと。

「仕事が1番」になっていたことを、子どもらは気づいていたのだと思います。

「生まれてこなければよかった。死にたい」

この言葉がなければちゃむは今も気付けていなかったかも知れない。

次男くんに言わせてしまった言葉。

もう2度と言わせたくない。

そんな過去を思い出した今回の実習でした。

詳細については、話すことができないので・・・(・ω・;

今日から2日間は通所施設の実習。

未熟なれど、自分なりにがんばれたと思う。

自宅に帰宅して、はーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ。と溜息。

肉体的なダメージはどうにでもできる自信はあるけど

メンタルは目に見えないダメージがデカイ(;>ω<)

ももんずをモフモフしても、ハルさんの胸に顔をうずめてグリグリしても

わんこの足の裏のにおいを思いっきりスンスンしても・・・足りない。

ここまで重症なダメージは・・・・

チョイチョイ手招きして「ここに立って」とジェスチャー。

長男くん:「は?嫌に決まってるだろ!(笑)」

ちゃむ:「もう明日実習いけない・・一瞬ぎゅうっと後ろからでいいから・・」

長男くん:「だから嫌だって言ってるだろ!もう行くな!やめちまえ!」(笑)

ちゃむ:「・・・・・。」

長男くん:「3秒。それ以上は金払え」

長男くんの後ろから抱きつきスンスン(*´з`)=3変態かよ!(笑)

癒しパワーMAX!明日も頑張れる!( *´艸`)

やっぱね最大な元気の源はコレ。

セクハラばばあ言われても、コレに勝るものはなし。

あ、ももんずの記録も・・・。



お部屋散歩待ちきれず、ケージopenとともに出てくるコテツ&サン。



控えめにビビ嬢も。



隠れてるつもりで、ニンジンをほおばるサン&ロロ。

ほっこり癒しをありがとうありがとう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LINK

「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」

ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガを飼っています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報をまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。(*´ω`*)