ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

コレどうなの?傷ついた日(9/4 2回目)

2016-09-04 19:15:06 | 日記
フクロモモンガについてまとめました ⇒⇒⇒
【ギャラリー】に画像もたくさんあるので覗いてみてくださいな。(*´ω`*)



ブログ記録1年と200日目


また台風だって!( ゚Д゚)遊びに来てくれてありがとう。


今日は、昨日に続いて癒される話ではなく・・・

ちょっとどうしても吐き出したい事がありました。

いま、ちゃむは職業訓練校で「介護」の勉強をさせてもらっているのですが

その中でも「障がい」について学ぶこともあります。

先週「知的がい」についての学科がありました。

ちゃむ家の次男くんは「軽度・知的障がい」&「発達障がい」です。

いろいろ吐き出させてもらっているブログなので・・

過去記事を見てもらえばわかると思います。

なので「知的障がい」の授業はとても興味深く次男くんの事を思い浮かべつつ受けていました。

今はまだ、介護やサポートを必要とするまで重度ではなく・・軽度ですけどね(*´ω`*)

下記の文どう思いますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知的障害者とは」

人を避けるようにしている

いつもぽかんとしている

同年配の友だちとよく遊べない

集団競技の仲間に入れない

人のまねをしてあとをついている

勉強が長続きしない

学校へ行くのを喜ばない

人の指示に従うことが多い

恐れや心配を持ちやすい

抑御力に欠け興奮しやすい

しつこくてこだわる

幼稚で甘え気を引こうとする

がまんすることが苦手

自分の能力を正しく評価できない

と、具体的に述べています。

知的障害者は、知的発達のレベルによって運動、言語発達の遅れがみられます。

生活スキルは、本人の努力や保護者のしつけに遅れがみられないこともあります。

知的障害者は、生活環境や社会環境の不適応から、精神的なストレスを日常的に受けています。

言葉を穫得していない、知的障害者は、ストレスを言葉で訴えられないために

食欲低下や過食で消化器系の障害がでてきたり、うつ症状や無気力などの活動低下

などの身体症状が表面化することがあるので注意が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしょう。

全く「知的障害者」について携わったことがない人がイメージした時の言葉なら

なんとも感じることはありませんでした。

でも、上記の文面は「介護」を学ぶための

職業訓練校で使用されている教本に乗せられていた一文です。

これを書いた人は「知的障害について心理・行動を研究」されている方らしいです。

正直、悔しくて悲しくて心が痛く泣きそうになりました。

これから障害を持たれる方の介護・サポートを。と勉強している人に

こんな文面から何を学べと言うのですか?

この文面を読んで、思い浮かべたのは、まだ記憶に新しい

「相模原障がい者施設の悲しい事件」でした。

あの事件をおこした人も介護に携わっていた人です。

あの犯人は書かれた言葉のイメージを持って接していたんじゃないか?とも

感じました。

私は「知的障害者」の方と深くかかわったことはありません。

でも私の子ども次男くんは「知的障がい者」です。

文面から当てはまる部分がないとは言いません。

知的障がい者だから、書かれているような行動をするのでしょうか?

障がいを持たない健常者の人は、このような行動をしないのですか?

違うと思います。

時に理解に苦しむ行動もしますが、ピュアで明るくて天真爛漫な次男くん。

どうかお願いです。

あんな悲しくなるようなイメージはしないでください。

障がいを抱えた人へ、手をのばしてみてください。

同じ時間を、少し共有してみてください。


感情的に吐き出してしまって、すみませんでした( ;ω;)

モヤモヤを吐き出して、また明日から頑張れそうです。

心の重くなるような内容は、さっさっと吐き出して・・

明日は、かわゆい「お日様サンサン劇場②」の予定。

( *´艸`)かわゆさに胸キュンしてくださーい。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

特別・支援高等学校

2016-09-04 00:05:29 | 次男くん
フクロモモンガについてまとめました ⇒⇒⇒
【ギャラリー】に画像もたくさんあるので覗いてみてくださいな。(*´ω`*)



ブログ記録1年と199日目


頑張れ頑張れ(*´▽`*)遊びに来てくれてありがとう。


夏休みが終わるこの時期には

特別支援高等学校を受験しようと考えているご両親方&お子さん頑張ってくださいね。

結果はどうあれ、目標に向かって頑張るということが大事。

親も子も一緒になって、将来について考える。

とても大事ですよね。

障がいを抱えているならなおさらです。

去年、ちゃむ家でもそうでした。

特別支援高等学校を受験するため夏休みに受験する学校へ行き説明をうけ

願書となる書類の作成などなど。

学校の雰囲気も、学校によってかなり違うので・・

雰囲気など実際に行かないとわからないですしね。

うちの次男くんは、不合格でしたがとっても頑張ってくれたので悔いはないです(笑)

なぜ、こんな事を振り返ったか?

「受験」は子どもだけのモノではなく、特別支援高等学校ともなると

親も一緒に受験に参加するので・・・

頭の片隅で参考程度に一つだけ覚えておいてほしい事があったからです。

親も受験に参加する」試験を受けているのは子どもさんだけじゃないですよ?

特別支援高等学校へ受験するときは、親も付き添いで準備された部屋で待機します。

3~4時間。

手術室の外で待機する心境で試験が終わり戻ってくる子どもさんを待つことになります。

悔いはないですが、やり直しができるなら・・・とも思ってたりします。

将来に対しての分岐点ですから。

ご両親もお子さんも頑張って、終わったら結果はどうであれ・・・頑張れたね(*´▽`*)と。

合格しなくても子どもの可能性は閉ざされたりしませんから。

特別支援高等学校には不合格だった次男くんですが

学区内の支援高等学校でとてもイキイキと頑張っていますよ( *´艸`)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ももんずご飯・記録】

・常備食にぱんち産ペレット+ドライパパイヤ

・HPS+ミックスベジタブル+トマト+セロリ+リンゴ
(コテツ用のミルク多めだったので、こちらに方々にも追加)

コテツ用ご飯 ・ぱんち産ペレット+ドライパパイヤ+zicuraミルク



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記:次男くん夏休み前に漢字検定4級チャレンジしたのですが・・

「不合格」でした(・ω・)=3

ちょっと神妙な表情で封筒を持ってきたので、開けるまでもなかった(笑)

「合格まで8点・もう少しです。頑張りましょう」と書かれていました。

7月の漢字検定は次男くん、受ける気がなかったけどちゃむが無理やり受けてこい!と

受けさせた割には、なかなかじゃないか(笑)

でも、そっかちょうがないね。なんて優しい言葉はかけず

「そりゃ猛勉強したなら、残念だけど・・

        前の日に2,3時間しか勉強してるの見てないよ?」

「それであと8点なら、次合格できそうじゃん」とあっさり言ってみた。

学校で2週間くらい前から毎日30分漢字検定の過去問題など

頑張っていたのは知ってる(・ω・)

支援高等学校を卒業するまでに、いくつかの検定などチャレンジしてもらおうと思います。

次は、第2回漢字検定とパソコン検定!( ゚Д゚)ガンバレよな!(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LINK

「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」

ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガを飼っています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報をまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。(*´ω`*)