ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

次男くんについて、少し整理がつきました。

2016-07-26 02:31:56 | フクロモモンガ・その他
フクロモモンガについてまとめました ⇒⇒⇒
【ギャラリー】に画像もたくさんあるので覗いてみてくださいな。(*´ω`*)



ブログ記録1年と160日目


お天気微妙(*'ω'*)遊びに来てくれてありがとう。


また、今日から長男くんは大学へ。

次男くんは部活へ。ちゃむは訓練校へ(*´ω`)

長男くんは休みに14km歩き、次男くんは22km歩いたそうです(笑)

と言っても、ほぼ昭和記念公園なので安心ですけどね。

ちゃむはほぼ歩いていないので・・たまご1つ孵化しただけ。

ちょうど、訓練校自体がホームポイント?になっているので便利。

職業訓練校で、障害について&尊厳についてなどの勉強をした後に

次男くんと冷静に少し話しました。

どこまで聞いているのか微妙な感じはしますが・・。

お互いにイライラしたりせず、にこやかに生活するためにはどうしたらいいか?

ちゃむの言うことすべてを理解しなさいとは言わないけど、耳くらいは傾けなさい。

そして、すぐに実行できることは「後回し」にしない事。

ちゃむと暮らすことが、次男くんの負担になるようならそれこそ考えなくてはいけないけど

学校でもルールがあるように、家でもルールはある事。

家族だからこそ、お互いが気持ちよく生活できる空間を守れるように行動しないと。

当たり前の事ですが、おそらく次男くんの甘え(ちゃむの育て方に問題あり?)によって

家の中では自分本位に動く次男くん。

ちょっとやりすぎて、ちゃむの逆鱗にふれました(*ノωノ)

障害があってもなくても、次男くんは次男くん。

ちゃむのかわいい子供だという事実。それだけなんですよね。

繰り返すようですが、障害があってもなくても

育児は壁にぶつかりながらお互いに成長していかなければいけないということ。

まったく悪さをしない子どもはいないだろうし、その家庭それぞれの悩みはあると思います。

一番いけないのは悪い事を「悪い事」と認識しながらもやってしまうこと。

悪い事をしても、悪い事と理解していなければ教えればいいだけ。

たったコレだけの事を大人でもやらかします。

そして大人はそれを誤魔化す知能&経験もあります。

少し前の舛添都知事もそうじゃないかしら?(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 【ももんずご飯&記録】

・常備食にペレット

・HPS+トマト+ミックスベジタブル+ブルーベリー+白身魚のボイル



グングン成長するbabyくん。

すでに威嚇なしの場種れ街道まっしぐら。

相方さんの手の中で熟睡。



そのうち・・・



フクロモモンガらしくなってきてかわゆす(´∀`*)

脱嚢4週間目のbabyくんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏休みの期間だけ、児童施設に行ってちゃむのいない生活をしてみる?

と、次男くんに言ってみました。

「生まれてこなければ良かったなんて思わせたこと、お母さんとして失格かもしれないけど

お母さんは、○○(長男くん)も○○(次男くんも)も大事。」

「お母さんにしてくれてありがとう。」

すると、次男くんから

「部屋を片付けて、モノをためこまないように頑張る」と。

ほんと、この一言で前に進めた気がします。

次男くんからしたら、散らかっている部屋が当たり前で片づけるように努力するということに

「そうだね。一緒に頑張ってみようね」と。

心が元気なら、なんでもできる気がします(*'ω'*)

明日も、良い1日でありますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LINK

「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」

ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガを飼っています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報をまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。(*´ω`*)