ちゃむ家のイキモノたち。

中学になってから「発達障害」であることがわかった次男くんと
未知な生物【フクロモモンガ】の育成記録です(・ω・*)

飼い主としても、親としても失格。

2016-05-17 00:16:47 | フクロモモンガ・その他
フクロモモンガについてまとめました ⇒⇒⇒
【ギャラリー】に画像もたくさんあるので覗いてみてくださいな。(*´ω`*)



ブログ記録1年と95日目


どっと疲れた月曜日(´・ω・)遊びに来てくれてありがとう


今日から、月曜日。

次男くんは体育祭の振替でお休み。

でも、長男くんは大学。

しかも月曜日は1限目から・・・(´・ω・`)=3

いつもの様に、朝から何度も声をかけ起こします。

時間ギリギリに「今日レポ提出期限なんだけど、プリントアウトして」と長男くん。

はぁ?!今からですか・・。

長男くんのノートPCをプリンターに接続して「ポチっ」とな~。


・・・・。


うんともすんとも言わないプリンター。

なんで?どうして?(;・∀・)

機械音痴なので、なにがどうなったのかもわからず・・パニック。

相方さんに電話をして「プリントアウトできないんだけど!!!!!!!

時間はすでに・・・40分経過。

遅刻してもいいから、今日提出しないと非常にマズい(>ω<)らしい。

そんな事言われても、せめて昨日の夜にやってくれれば・・・。

「こないだまで出来たんだから、できると思うじゃん」全くその通りだけど。

ネットには接続できる長男くんのPC。

ならば、私のPCにデータ移行してプリントアウトすれば良いと結論になり

電話で指示を受けながら、なんとかプリントアウト。

時間は1限目終了している時間でした。

「評価はしてもらえないかもしれないけど、提出だけはしてきなさい」

と、長男くんを送り出して洗濯(´・ω・`)

月曜から慌ただしい週始まりでした。

 「んと。」

ハルさん・・・時間なにのですが?何をなされているのでしょう?

 「手伝います」

ハルさんがスーパドックならお願いしますが・・・(;・∀・)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ももんずご飯&記録】

・常備食にペレット

・HPS+きゅうり+ミックスベジタブル+トマト+木綿豆腐


panくんのおHAGEに変化はなく、再度診察へ。

おHAGE部分を検査しても異常なし。

同じ食事をしている、他のももんず達におHAGEは見られず。

季節替わりなどの理由もあるけど、まず考えられるのはストレスじゃないか?

と言われてました。


前回とは違う先生が診察。(なんか今日はお偉い先生なんだって)

「ウギギ」と小言を言いながら、皮膚を診てもらうpanくん。

「変化がないのですが・・・どうしたらいいでしょうか?」とちゃむ。


診断は、前回と同じ。

でも、前回の写真と見比べてもおHAGEの拡大や縮小はみられず。

となると「ストレスというのも考えにくいかもしれない。」と先生。

じゃぁ・・何が原因?(´・ω・`)

こうなったら、消去法で探ってみましょう。となり話し合うこと30分ほど。

ご飯や、飼育環境の事を細かく話をしました。


・・・・・?!

小屋の中にあるヒーターは、小動物用のもので温度は2段階。

ヒーターにはポーチとして使用していたもので包み使用。

panくん自身の問題でなく・・

他に原因があるなら他の子もおHAGEができると思っていたちゃむ。

目からうろこでした。

ポーチの事で話をすすめると、1つの問題がでてきました。

ブログ用に必要ないものまで写真に撮っていたので、見せながら説明。


ダイソーさんのモフモフポーチ(小物や化粧品をいれるポーチ)



壁掛けの時はひっくりかえしてモフモフの方を内側にして使用。

今は床置の小屋なので、この状態のままモフモフの面を外側にして使用。

すると、先生が写真を見てpanくんのおHAGEを診て一言。

低温やけどの可能性もあります。

え?火傷??????Σ(・ω・)


先生の説明は、壁掛けしていた時には触れることない金属部分。
(ポーチにはチャックとチャックの金具部分にキーホルダーが付いています。)

      


床置きにしてヒーターを包んで使用したことによって

このキーホルダー部分がヒーターに触れ加熱されている時に寝ていたのではないか?

床置で使用しているときはチャック部分をしめてヒーターを包んでいますが

イタズラをしてたまにチャックを開けてしまう時が数回ありました。

でも、それで火傷??

ヒーターの温度は、この子たちにとって適温ですが・・

その熱が金具部分に蓄積されると、ヒーターの設定温度以上にはなる
ので

充分考えられます。と先生。

ヒーターの温度がそこまで高くないから金属部分もそこまで高温になることはないが

その上で長時間寝ていれば低温やけどを起こすことが考えられる。との事。

高温による火傷ではないため、皮膚もケロイド状態にはならない。

皮膚細胞を調べても雑菌感染やダニなど見つかることもない。


ここまで説明をうけ「あ、私が悪かったのか」と思いました。


まさに説明をうけた様に原因はポーチについていたキーボルダーによる低温火傷

そのポーチを持って、再び受診。

おHAGEとポーチの金属を比較すると、ひとまわり小さいおHAGE部分。

ストレスによる脱毛ならは時間の経過とともに変化がみられるけど

火傷による脱毛なら変化はおこらず。

ストレスという可能性は捨てきれないけど・・

低温やけどのほうが可能性として高い。


ももんずたちが直接触れる部分に金属は危険ですね。

壁掛けのポーチでも金具部分には触れることもあるけど・・

長時間触れなければ低温やけどを引き起こすこともないので

床置きポーチに金具のないようなタイプを使用する。

本当、可哀想なことをしてしまったと反省です。

今後、怪我をしなくても良いようにもっとちゃんと勉強しないと(;ω;)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【今日歩いた歩数:6511歩】


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LINK

「ちゃむ家のフクロモモンガの飼い方」

ちゃむ家では現在10匹のフクロモモンガを飼っています。 フクロモモンガの「生態」から、「探し方」「飼育用品」「お迎えの準備」「食事」「懐かせ方」「繁殖・出産・育児」などの情報をまとめてみました。 はじめてフクロモモンガを飼われる方の参考になれば嬉しいです。 【Gallery】には可愛い画像もたくさんあるので是非覗いてみてくださいな。(*´ω`*)