日本共産党・赤磐市議会議員 福木京子

日ごろのできごとをつづります

厚生常任委員会、旧赤磐市民病院再利用事業可決

2017-06-22 16:05:02 | 議会

涼しそうでしょう。スモークツリー、アジサイの花、近所でいただきました。

 午前10:00~午後2:30まで厚生常任委員会があり、慎重審議をしました。特に、慎重に審査したのは、旧市民病院再利用事業(市複合型介護福祉施設)です。
 運営事業者の公募は、対話型公募で行い、合併特例事業債を活用。公設民営で施設整備・運営します。

 必須サービスは、小規模多機能型居宅介護、介護予防事業、地域交流。事業者の提案A案、B案があり、古い建物は解体撤去の方向(一部残すかも)、設計管理費を入れて、面積は約2600㎡、事業費8億6700万円。(平成29・30年度)

 地域住民には大変待たれている施設です。合併特例債を使うので、平成31年3月末までに完了しなくてはなりません。最大の想定金額が出されましたが、少しでも削減していくように、また、コンサルタントに頼りっぱなしでなく、市が主体的に事業に係っていくようにと意見が出ました。

 また、市環境センター排ガス減温用熱交換器電熱管修繕 約3200万円、旧廃棄物処理施設の解体(山陽桜が丘清掃センター・赤坂環境センターの2ヶ所)の汚染状況の事前調査・設計書等作成業務などの委託料 計約2000万円(合併特例事業債 1960万円歳入)を審査し、可決しました。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [核兵器禁止条約の交渉会議参... | トップ | 全国注目の東京都議選告示される »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

議会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。