日本共産党・赤磐市議会議員 福木京子

日ごろのできごとをつづります

高校生の医療費1割、償還払いから現物給付へ取り組む

2017-06-13 18:19:15 | 議会

この間のアジサイがこんなに咲きました。

 今日は、赤磐市議会の2日目の一般質問の日でした。6人が質問。午前10:00~午後3:30頃までかかりました。

 昨日の傍聴は、赤磐市役所の新人職員9人が午前中だけ議会研修されました。一般市民の方も10人ばかり傍聴に来ていただき、議員としてはうれしいことでした。
 今日は、職員はいませんでしたが一般市民の方が、昨日に引き続いて、何人も来てくださり、新しい方もおられました。選挙後初の議会なので、関心を持っていただいていることに感謝です。

 M議員が、高校生までの医療費1割負担についてと今年4月からの赤磐市子ども・障がい者相談支援センターのことを質問。中学卒業までは医療費は完全無料ですが、高校生は、昨年4月から3割負担が1割に軽減されています。いったん医療機関に3割負担(償還払い)をし、市役所に申請して2割が戻ってくるようになっています。
 これでは利用しにくいので、窓口で1割負担でいいようにすべきと質問。市長答弁は、医師会、医療機関のご理解が得られれば実現に向け取り組んでいくとのこと。
 高校生の医療費については、平成28年度の利用は2829件で約470万円、平成29年度の予算は700万円を組んでいます。

 相談支援センターでは、4月122件、5月142件もの多くの相談が寄せられたとのことでした。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校生の通学費補助、早期の... | トップ | 熊山地域の同志、共謀罪廃案... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

議会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。