福 風

心にとまった物や想いを集めて。穏やかな風が吹きますように。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

テンプレートの更新。

2016-09-29 | 暮らし向き

 

 

1年以上ぶりに覗いてみました。

テンプレートだけ変えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ただ働きかよ

2015-05-04 | 暮らし向き

3月末で退職した。
精神的に混乱していたこともあり、
休暇簿に有給休暇の記入をしていなかった。

通帳をみたら給料が振り込まれていなかった。

チェックする奴がいるだろうよ。
そのことを本人に伝えるための上司がいるだろうよ。

お前らは病人の状態を考えられないのかよ。
お前らのせいで病気になったのに、
払う金も出さないのかよ。

最悪な日。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暖かな春の夜

2015-03-23 | 暮らし向き



今日は母のお墓参りをしてきました。
幸い日差しもあり、暖かな気温でお参りできました。

そのあとは父の行きつけの散髪屋へ。
1時間ほどかかるので、父を下ろして私は本屋で立ち読みをしました。
いつもみるのは女性誌のファッション誌です。
冬場、何かに取りつかれたかのように各社の女性誌を買いあさっていたのですが、
一過性のものだったらしく、今日は立ち読みするだけで気が収まりました。

枚数だけはたくさん持っている洋服ですが、
上手に組み合わせられているかというとそうではなくて、
なんだかもったいないことをしているなぁと感じています。

人がどう思おうと自分が好きなものを着ればいい。
そういうタイプもあるでしょう。
私は、好きな服かつ見てくれが似合っている服がよいのです。
人からの評価を過剰に気にしてしまうのでおしゃれも肩身が狭いものになりがちです。

ジーンズのミニスカートに白のミリタリーシャツをインして着てみたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悪態

2015-03-20 | 暮らし向き



久しぶりのブログです。

3年前は無職でした。
そしてこの春でまた無職になります。

最初は臨時職員で働き始め、
途中から嘱託職員に。
1年更新の仕事でしたが、当たり前に更新されて続けていけるものと思っていました。

相談援助職に就いた人が皆陥ることではないでしょうが、
仕事のストレスと家族の病気が重なり、私も精神的に病んでしまいました。
正規職員の規定と同じような待遇で休職をし、
9か月休みました。
主治医から復職可能との診断書を受けて1か月後、
契約更新はしないと通告を受けました。

病気治療と職探しと親の介護。

今時珍しいことではないのでしょうが、
同じ状況でも、家族持ちで帰るところのある人とは大きく異なる状況です。

ただ愚痴るしかできなくて、
何とかするのは自分しかいなくて、
そんなことを吐き出したくてここに書いています。

あと何回こんなことを繰り返しながら生きていくんだろう…。
普通に生きることがこんなに難しいとは思わなかったな。

いつもはTwitterでつぶやいでいますが、
悪態はつけないので…。

病気と失業はセット。
身を持って感じています。
復職可能なのに何故切られるのか納得いかない。

産休の女性職員は何事もなく祝福されて復職できるのに、
病気休暇をした嘱託職員は首切りされる。
世の中線路に乗っかっている人間のもの。

腐りたくもなる。
そんな夜。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひきこもり的な生活。

2014-10-09 | 暮らし向き




といっても、完全なひきこもりではひとり暮らしは続けられないので、
食べ物を買いに行ったり、どうしてもしなければならない用事をしたりはできています。

泣いてばかりで布団から離れられなかった時からしてみれば、よくなったと言えるのだと思います。

近頃は復職への焦燥感がチラホラしています。
図太くなったのか、『今は考えない』という思考パターンを使うことができるようになり、
別名『逃避』というのかもしれませんが、
“今”に焦点を当てれば楽になることを感じます。

Twitterが生活の糧になっていた(いる)のですが、
ある方からTwitterをよくしているようですが、余計なことに気を使わないように、とアドバイスをいただいてからというもの、
愚痴的なつぶやきや他愛のないつぶやきをしにくくなってしまいました。

言論というのは抑圧されると精神的に大変よくないのだなぁと思います。
なので、もうひとつの逃げ道であるこのブログに思いを吐き出しに来ました。

久しぶりに、本屋にて女性誌を買ってきました。
私は40代なのですが、洋服選びってとっても難しい。
年相応を求められたり、老けて見えたり、若作りに見えたり…。
ま、どちらも他人目線を気にしているからなんですけれども。

あと。クリーニングしなければいけないものとそうでないものがあったら、
後者を良く着るようになるんですよね。
安物買いのなんとやらで、洋服はたくさん持っているのですが、
買っただけの服もたくさんあります。

と。横道にそれました。

女性誌を見ていると、真似できそうやんと思うものがあります。
こっから実際にしてみるかどうか。クリーニングのことを考えないで着るかどうか。
この秋冬の課題です。

今年もてはやされているスニーカーやスリッポン。
掲載の様相を観察していると、
靴下は見せない。(履いてないのかな?)
それがお約束のようです。
どの写真もスニーカー+靴下はないですねぇ。

代わりに、ヒール+靴下。
これはありなようです。
これも挑戦したい技ですが、もうひとつ勇気湧きません。

私の場合、軽躁状態になると衝動買いをするようで、
散在してしまいます。欲しいと思うと止められません。
ブランド物を買いあさるようなことはありませんが、
先にも言ったように安物買いの銭失いです。

さて。女性誌の話に戻りますが、
女性誌はターゲットの年齢層別に作られています。
今回は40代向けのSTORYを買ってみました。
だけど、品物ひとつひとつのお値段が高い!
対象年齢層の注意書きとして、『それなりの収入のある40代の方』と但し書きが欲しいところです。

そして。おまけのLesOlivades(レゾリヴァードと読むそうです)のボニス柄ファスナー付きビッグトート欲しさに、
30代向けのInRedを買いました。
ちなみに、欲しいなぁ、買おうかなぁ、どうしようかなぁと迷っている間に、
11月号が店頭に並んでしまい、買いたくても買えなくなってしまいました。
バックナンバーを取り寄せ可能か聞いてみましたが否でした。
なので、泣く泣くAmazonで定価の倍近くのお値段で取り寄せました。

私、袋もん大好きなんです。
子供のころから。

出かけるときにはひとつしか持っていかないのに、
無駄にいっぱいあるんです。
ふろくバックもいっぱいあります。
ふろくバックは、同じの持っている人と会ったらどうしようとか、
バックみたらどの年齢層の雑誌を買った人かわかる人にはわかるから歳がばれてまうし…
とか思いながら使ったりしています。

ということで、
貯まっていた心の澱をどば~っと文字にして
あーすっきりした!






 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失うもの

2014-09-24 | 暮らし向き




双極性障害という診断名がつき、振り返れば思い当たる出来事の数々。

しかし、今更そのことに言い訳をしても仕方ないと思っている一方で、
あの時の私の立場をわかってほしい。
遠ざかっていった人たちに理解してほしいと、何故か今朝起きぬけに思っている。

包括支援センターというところへ、縁あって就職して以来、
何もわからないところからの出発だった。
わからないなりに、周りの人たちの助けを得ながら業務にあたってきた。
そして、わからないなりに、未熟なりに行きつき、
思うことがある。

それは、

全ての行動や言動には訳がある。

と。

表面の言葉や態度だけでは、
本意は掴めていないかもしれないと、
汲み取っていないかもしれないと、そう思うようになった。
何故なら自分自身がそうだからだ。

声にならない声に耳を傾ける。

恰好をつけた絵空事のような言葉になるが、
今はそう思えるようになった。

人は自分が経験したことでしか判断できない側面がある。
それも理解できるようになった。

しかし、双極性障害という病気は、
外見ではわかりにくい普通の人のことが多く、
理解されにくい。

うつ病ほど認知はされていない現状。

まがりなりにも福祉に関わる人間だからこそ、
精神疾患を持ちながら社会復帰することの大変さ、
理解をしてもらいにくい社会に戻ることの不安を、
身を持って体験したほうが、
今後同じ立場の人たちに接するとき、対等でいられるのではないか。
それだけが、この病気になったメリットではないかと考えることもある。

自分の心身が耐えうるかどうか。
経験をアウトプットできるだけの力があるか。

自分はなんでもできるような気持ちになる。
これも双極性障害の躁状態症状のひとつでもある。
だから、症状として出来そうもないことを言っているのか、
ひとりの人間として役立ちたくて言っているのか、
自分でも区別がつかない。

こういう状態の時は、主治医に相談することにしている。
先生としては、生活面のこともあるため、
復職を考えてくれている。

できれば私も復職をして、
声なき声を聴けるような人として仕事をしたいと思う。

そんなことを思った朝。

 

 








 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

備忘録

2014-08-05 | 暮らし向き




昨夜は宵の口に眠気があったので、
デパスを飲まなかった。
それがよくなかったのか、3時前まで眠れず。

朝方に目が覚めた時、
携帯で時間を確認するために画面を見たら、
少し画面がくねって見えた。
そして、頭痛。

寝不足なのでまた眠れた。

その時、かなり濃厚でリアルな夢をみた。

まず。
スーパーで買い物中。
安物ワインを見ている時に、半額のがあって、
買おうかどうしようか迷っていた。
結局買わずに、店を出ようとしたとき、
職場の同僚の男性の後ろ姿と、
携帯でおそらく職場に報告の電話をしているのだろう、

「やっぱり仮病でした。」

という声が聞こえた。

こんな病気は病気だということは外からではわからない。
それをいちいち説明するのもおかしい。
見られた、という罪悪感になり、夢の中の私はいたたまれなくなった。

そのあと場面は変わり。

私は職場に出勤していた。
長期休職していたことを、誰に、どう切り出していいのかわからず、
結局誰にも謝罪することなく、うろうろと自分の席を探していた。
職場の様子はすっかり変わっていて、
私の席は結局みつけられなかった。
仲良くしてくれていた同僚も、
まわりの空気から話しかけてこない。

また場面は変わる。

見知らぬおばさん3人が私に声をかけてきた。
名刺を手渡され、
職業相談の相談員だという。
その後体調はどうですか?と優しく話しかけてくるが、
初めての人にそんなことを訊かれても答えに困る。
苦笑いしながらその場を離れる。

また場面が一転。

私よりも年上っぽい別のきれいな女性が、
気分転換にと、女性が好みそうなきらびやかな美術館に誘ってくれた。
何故かそこはセキュリティーがしっかりしており、
金属探知機を通ることになっていた。
私が通ると、ものすごい電気のビリビリを感じた。
入ったものの、こんなに痛いのでは出るのが怖いと思いながらも
こんなに痛いものなのか、受付の人に伝えるために痛い思いをして入口に戻り、
受付の人に痛かったというと、
後ろにある電圧?の調整スイッチを「すみません。」と言って調整していた。

という支離滅裂な夢。
目覚めたときは頭痛がひどく、水分不足による熱中症にでもなったか?と、
梅干しとお茶を摂った。

深層心理で、職場復帰を不安に思っているのだろう。
目覚めてみても、長い休職をして、人様に言えない病気を患っているのだから、
不安も無理はないとは思うが。

休養中のはずだが、休まらない心。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんてこった

2014-07-30 | 暮らし向き



人生で生まれて初めて始末書を書かされることになった。

書かされるという言葉が適当かどうかは、
この始末書に至るまでの経緯を聞いてもらわなければわからないと思います。
だけど、ここでは割愛します。

双極性障害のうつ状態が重くでているための休職中。
自分で考えたり、判断することがとても負担になります。

休職延長に関して必要な書類の不備があったことに対し、
始末書への押印が必要、
8/1必着で返信してくださいと本日付で文書が届きました。

始末書なんて、書いたことがないから、
どんな文面のものか比較しようがない。
もし、どなたか知っていたら、おかしなところをご指摘いただきたい。

                   始末書

 休職処分にあたり、○月○日までに医療機関を受診し、診断書を提出すべきでしたが、
ご忠告があったにもかかわらず、これを軽視していた私の責任であります。
今後はこのような過ちを繰り返さないよう留意いたしますので、
今回は、ご寛容のほどお願い申し上げます。
 上司の命により、ここに始末書を差し入れ謝罪申し上げます。

平成26年○月○日
任命権者 様 

                     所属
                     職名
                     氏名           印


納得のいかない文章だけど、形式的にはこんな文章にしないといけない。
そう言い聞かせようとしました。

だけど、悔しい。
職場から届いた文書を軽視なんてしていないし、
過ちなんて言葉を使わないといけないのかと、
甘えたら負けるような気がするけれど、
病気なのに、こんな文書を突き付けてくるんだと、
また、うつに逆戻りです。

復職のことは考えられない。しんどい。






 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

驚く医療費

2014-07-29 | 暮らし向き




今日は、職場に提出する休職延長届に添付しなければならない診断書のために動いた。

私が勘違いしていたことが、対応が遅くなった原因である。
職場から届いた書面には、

…引き続き病気休暇が必要な場合は、
あらためて病名と療養期間○月○日以降も療養が必要であるという内容を記した
医療機関の診断書(異なる2つの医療機関の診断書各1通)を添え…

とありました。

異なる2つの、のところを、
私的には、心療内科以外の病気で病院にかかっている場合、と解釈しており、
現在通院している心療内科の診断書のみ、職場の人事に送付していました。

それは私の解釈違いでした。
双極性障害であるというお墨付きをもらうために、
同じ病気の診断ができる心療内科もしくは精神科のある他院を受診し、
初対面の医師に、双極性障害であることを診断書に書き記してもらわなければならない。
そういう意味でした。

引き続き病気であることを証明するために、
いくらかかるかご存知でしょうか?

参考までに、3割負担の私の場合ですが、

①病気休暇延長届提出に添付する主治医の診断書   5,400円
②        〃            他院医師の診断書  2,160円
③他院の初診料・精神科専門療法              2,050円
                                合計 9,610円

です。

ちなみに、診断書料は保険適用外です。

今回の手続きを自ら行うことで、
大変勉強になりました。

休業し、給与の8割の支給で生活するのに、
上記の金額を支払うのは結構な負担になります。

雇い主側に立てば、休職者がズルをしないように監督することが必要なことはわかります。
でも、この制度ってどうなの?って思いました。

また、私のような躁とうつのある人のうつ状態の時、
このような書類の手続きは精神的負担になります。
誰か代わりに手続きをしてくれる人がいればよいですが、
自分でするのは不安定を招きます。
案の定、数日はうつが強まりました。

職場の直属の上司から、催促の電話、メールがきました。
病気になってから、電話にでることができなくなっており、
携帯電話に着信があると職場からだとわかるし、
それ以外で自宅電話に着信があっても、出ることができません。
きっと、体験した人でないとわからない状態だと思います。

今日は主治医の診察を受け、
その後書類に添付するため、主治医がよしと認める他院を紹介していただき、
自分でクリニックに電話を入れ、
たまたま午前中の時間が空いていたので、その流れで受診し、診断書を書いていただくことができました。

紹介していただいたクリニックの先生も、
今日初めて会った人のことを診断しろと言われても困るのが当然で、
主治医が書いてくれた職場へ送付済みの診断書の写しと、
職場から来た文書を参考に読んでいただきました。

職場からは、診断書の日付を都合上、延長する前日までの日付にしてほしいと書いていましたが、
先生は、

「これはおかしい。今日受診しているのに、先方の言う日付にすることはできない。
私が職場に電話して確認します。」

と言ってその場で電話をしていただけました。
職場の電話、担当部署、対応者の名前をカルテに記していました。
そして、私に、
「これでちゃんと話ができたから、何か言われるようなことがあったら言ってください。
ここにちゃんと記録として残しましたから。」

と心強い言葉をいただきました。

知り合いだったこともあるでしょうが、
社会資源を多く持っている主治医に、
また、患者を擁護する姿勢を持つセカンドオピニオンの医師に、
感謝しています。

余談ですが。

セカンドオピニオンで訪れたクリニックの待合室の壁に飾られていたリトグラフ。
とっても色合いが豊かで、観ていると、自然と笑顔になる、
そんな作品でした。
なんという作家さんの作品かとても知りたくなり、
受付の方に尋ねてみました。
一緒になって絵のサインを観てくれたのですが、その方もわからず。
すると、別の方が、絵に入っていたものですが、と、
作家さんの名前や作品名の入った説明をわざわざ持ってきてくださいました。

フランスのクリーブという作家さんでした。

興味のある方はネット検索してみてください。

残念ながらクリニックに掛けられていたものと同じものはみつけられませんでしたが、
どこかの画廊にあればまた観てみたいなぁと思いました。









                       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

眠りについて

2014-07-27 | 暮らし向き




処方されているお薬を飲めば眠れるのがわかっていながら、
それでも飲まずに起きていること。
先生に言ったら叱られるだろうな。

今日は、認知行動療法の会に行ってみた。

自分がこの療法を受ける対象であること、
以前から気になっていたこと。
それが出席の理由。

教育する立場の人が多く参加していた。
場違いだったなと思ったが、聴くことは好きなので勉強になった。

現在休職中。
当初3か月だったのが、2か月延長となった。

思えば、休み始めた時、
社会福祉士として在籍している職能団体で開催されている
認定社会福祉士を目指して、今年度通してのカリキュラムを受講しようと思っていた矢先の発病。
というか、
その兆候は、心療内科を受診し始めたころからあったのだろう。
そして、主治医の先生が見極めた上で診断名をつけてくれた。

休みなさいってことだったんだなと、
今は感謝している。

正直、復職は考えていない。
失業しても、もう戻りたくない。

逃げていると言われてもいい。
言う人は言うけど、自分のことを面倒みられるのは自分しかいないから、
生きづらいところに居続けることはできないだろうと思う。

と書いたものの、
自分でさえ自分の面倒をみきれない。
躁になってみたり、うつになってみたり、日々刻々と変化する。
もう少しコントロールができるようになればと思うけれど、
不安定なのがわたしだからと、
ヘンに開き直ってしまった感もある。

現に、今もたくさん話している。
きっと躁状態なんだろうと思う。

私は人前で話すこと、考えていることを話して伝えるのが苦手だ。
頭の中では言葉にして考えているのだけれど、
言葉にする段階で端折ったり、言いたいことが相手に伝わらず、
伝えることをあきらめる。

しんどい生き方。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引き続き

2014-07-23 | 暮らし向き




今日から休職も明けて出勤予定だった。

しかし、主治医から「もう少し底上げをして100%回復させてからにしましょう」
と言っていただいた。

正直、よかったと思った。
復帰が怖かったからだ。

どんな顔をして職場に行けばいいんだろう。
同僚はどんな態度でいるんだろう。
そんなことが頭の中をぐるぐる回っていた。
考えたって、その場に行かない限りわかりっこないのにね。

あと2か月。猶予をいただいた。

春に休み、初秋に復帰。
まるで浦島太郎だな。

近頃は大泣きすることがなかったと思ったら、
今日はだめだった。
ぽろぽろとこぼれ落ちる涙とは、こういうのを言うのだと思った。

労働者の権利、
病気だからといっても、
後ろめたい気持ちのままの休職は続く。
精神的病への理解の低さは、目に見える病気とは違った苦しみがあると
実感している。

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

深い時間に

2014-07-21 | 暮らし向き




このところ、眠れないのではなく、眠りたくない状態になっています。

就寝前の投薬があるのですが、
それを飲むと、落ちるように眠ってしまいます。
だから、まだ飲んでいません。

私はTwitterをしています。
思ったことを思った時に言葉にできるツールとして、
今やなくてはならないものになっています。

反応してくれる人がいなくてもいい時と、
かまってほしい時と両方あります。

深い時間になると、フォロワーさんたちも眠りにつきます。
そしてbotがつぶやくようになります。
そうなるとつまらなくなるので、
You Tubeで音楽をむさぼります。

今日は、記憶の中にある好きな曲をたくさん引き出してきました。
音楽好きなフォロワーさんが、こんなに遅い時間なのに反応してコメントをくれました。
とてもありがたいことなのですが、
私のつぶやきのために、その方の睡眠時間を少なくしていることが申し訳なく思い、
まだ眠っていませんが、おやすみなさいとつぶやき、強制終了しました。

その後、このブログに移りました。

本来なら、明後日から休職明けの出勤となる予定でした。
しかし、まだ今はうつ状態の6割くらいまでしか回復していないとのこと。
2か月の休職延長となりました。

正直、ほっとしています。

風の便りで、私の後任探しをしていること、臨時職員を配置したことを知りました。
居場所がなくなっている。
もう、戻らなくていいんだ。
そんな安堵感もありました。
居場所のない悲しみよりも、こっちのほうが強かったかもしれません。

私のブログを見てくれていた人はご存じかもしれませんが、
この数年で、引っ越し、離婚、職探し、転職、現職への適応努力、父の入院など、
たくさんの変化の中、自分なりに頑張ってきました。
そして今、双極性障害という病名が付き、うつ状態で休息させていただいています。

休んでいいのかな。

そう思えることは、自分自身が楽でいられます。

Twitterを通じて、同じ病気を持っている方とつながることもできました。
それはとても心強く、休職中の私を支えてくれています。

今、時計は3:34です。
こんな時間まで起きてブログを書いているのは躁状態だと思われます。
目はしょぼしょぼして眠いのに、寝たくないと頭が言っています。
しばらくすれば、空が白んで朝がやって来るでしょう。

今日は海の日。
世の中は休日。
休職していることの罪悪感も少しは軽く過ごせそうです。

あくびがでました。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風が過ぎたあと

2014-07-11 | 暮らし向き




秋風のような涼しい風を吹かせて、台風が過ぎて行った。

相変わらず不安定が続いている。
休職は今月22日まで。
焦りと不安がある。

しかし、いくら考えても名案は浮かばない。
だから、ま、いいかと、考えることを放棄する。
そうすると楽でいられる。

どうしたいか、じゃなくて、
流れにのってどうなっていくのか。

夏の太陽にきいてみる。
強い日差しも、薄暮のグラデーションも、
どちらもあなたなのですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メモ ~依存について~

2014-06-26 | 暮らし向き




テレビを観たのでメモ代わりに。

国立精神・神経医療研究センター 精神科医 松本俊彦さんより

≪依存に共通すること≫
つらい時問題から一瞬目を背けることができる。
依存症的行動に自分が振り回されてコントロールされて意志ではどうにもできない。

≪コントロールを失う人の特徴≫
依存するもの(対象)が少ない。
友達がいて家族がいて彼氏もいて日々の憂さをはらすために少しお酒を飲んだり、
あんまり依存になりにくいんです。
でも、信頼できる人、心を開ける人、安心して頼れる人がいなくて、いつも自分一人で踏ん張らなきゃいけない、唯一心を許せるのがお酒を飲んだり、あるいは夜中にこっそりリストカットしたりドカ食いしたりする。
依存先が少ない人ほど深刻な依存症になってコントロールを失いやすい気がします。

≪20代の躁うつ女性からの投稿≫
摂食障害、ギャンブル依存などがありましたが、今は買い物依存に苦しんでいます。
何かしらに依存することで心の孤独感を埋めようとしてきました。今は大切にい思ってくれるパートナーがいて少しずつですがやめられています。
どんな薬や情報より、誰かに認められることで私は変わってきているんだと思います。
あたたかい気持ちが特効薬です。

≪松本先生より≫
 やめられない、止まらないいろんな癖を人間みんな持っています。
できれば冷静に考えてみてもらって、身の回りの人間関係の中で、

「居心地の悪い人間関係はないか」

・誰かからいつもダメ出しされる、否定されるような人間関係
・いつも誰かに支配されて命令される人間関係
・伝えたいことが言えない本当のことが言えない人間関係

可能な範囲で、少しそういう人間関係から距離を持つことができたらすごくいいなと思っています。
ただ案外こういう人に限って生きていく上でとても必要な人だったりするから、簡単に距離が置けない場合もあるかもしれません。
そうしたら、そうした関係性を持っている相手の悪口や不満、愚痴を安心して言える人を作ったほうがいいと思うんですね。

頭にきたこと、むかついたこと、むかつくのは全然悪いことじゃないですよ。
それで相手に殴ったり怒鳴ったりするとちょっと問題があったりするけれども、今自分はすごくむかつきましたとか、腹が立っているんです、侮辱された感じがしています、こういう風に言えることが回復の第一歩ですね。
是非、自分の中でさっき言ったような人間関係がないかどうか点検してほしいなと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この世界だけど別の世界

2014-06-23 | 暮らし向き



Twitterをしています。


最初は本音をつぶやくことに躊躇していたのですが、
近頃は、PCを立ち上げることもなく、スマホでネット検索から辞書、
あらゆることを済ませてしまっています。

しかし、こうして、ブログの記事を書くには、
PCを使ったキーボードが俄然楽で早いので、数日ぶりに立ち上げてみました。

前回の記事で、自分の病気について書いた訳ですが、
まだまだ自己受容が不十分なため、
誰も読んでいないにしても、
どこまで書いていいのか不安でもあります。

先日、Twitterで繋がったある方から、
双極性障害以外の他の精神疾患があるのではと指摘を受けました。
それは統合失調症です。
昔で言うところの、精神分裂病です。

その方には、同病ということもあり、
自分の状態について、文字として素直に話せていました。
被害妄想があることを、気が付いてくれました。
そして、主治医にありのままを話したほうがいいよとアドバイスをもらいました。

次回受診の時に話してみようと思っています。

こうして、次々と気になることが出てきた訳ですが、
今、そんな自分と向き合っています。
とてもしんどい作業ですが、
ありのままを受け入れるところからでしか改善されない。
それは、人生のどんな場面でも当てはまることだとは思います。
なのですが、なかなか受け入れられない、葛藤の時間を過ごしています。

これらの精神疾患は、体の病気と異なり、
患者は病名を明かすことを、
周囲は病名を聞いてどう対応したらいいかわからないものとして、
やっかいなもののようです。

人の支援をする側として、生きづらさを抱えている人に添えるような、
そんなことができたらと思って、ここ数年いたわけですが、
支援される側になろうとは。

でも。
強がりですが、自分が支援される側になるということは、
人ができない経験をすることでもあり、
活かすことができれば、
上辺ではない寄り添いができるかもしれない、
そんなことを思ったりもします。

今は、主治医とともに、
状態を立て直すために服薬しながら、
試行錯誤をしているところです。

3か月の休職も、残すところあと1か月を切りました。
今も、一日のうちで感情の浮き沈みが大きく、
大泣きして涙が止まらないことがあります。
復職への焦りが出ています。
休息するための休みなのに、
焦っていては休息にならないのですが、仕方のないことだと思います。

今の現実の世界の私はこんな感じです。

別の世界。SNSの世界。
いろんな人の考え方に触れることができるツール。
同病の方、関係団体など、ひとつ繋がれば芋づる式に情報が付いてきます。
病気による症状がある方の、少し重たい本音に触れると、
自分の状態も不安定になることもあります。
人様の状態の上下を俯瞰してみることができる点で、
別の世界は、今となっては無くてはならないものとなっています。

しかし、Twitterでのわたし、というキャラクターに縛られているところがあり、
ここまであからさまには病気のことを話せていません。
話したくないのだから、する必要はないのかもしれません。
だけど、心の中にたまった澱を、
自由に洗い流すことができるところが必要でした。
だから、ここに書いています。

この先、自分がどんな状態になるのか、
どんな生活をするようになるのか、
失うものへの恐怖。
いろんなことが頭をよぎります。







 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加