福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

第5回拡大関東一宮ほか巡拝~5の1~

2016-12-28 | 開催報告/巡礼記録
第5回拡大関東一宮ほか巡拝~5の1~ 駿河国一宮・富士山本宮浅間大社

日時    平成28年12月4日(日)10:15
集合場所  JR富士宮駅(身延線)改札口 

・駿河国一宮・富士山本宮浅間大社
 主祭神  木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)(別称:浅間大神(あさまのおおかみ))
 相殿神  瓊々杵尊(ににぎのみこと) 大山祇神(おおやまづみのかみ

・「日本(ひのもと)の 大和の国の 鎮めとも います神かも 宝とも なれる山かも 駿河なる 富士の高嶺は 見れど飽かぬかも」~万葉・高橋蟲麻呂~ この富士山をご神体とし、浅間大神・木花之佐久夜毘売命を祭る。木花之佐久夜毘売命は、大山祇神の息女で、天孫瓊々杵尊の后。命はご懐妊の際、貞節を疑われたことから証を立てるため、戸の無い産屋を建て、周りに火を放ち出産。そして、無事3人の皇子が誕生。この故事にちなみ、家庭円満・安産・子安・水徳の神とされ、火難消除・安産・航海・漁業・農業・機織等の守護神でもある。木花という神名から桜が御神木とされ、境内には500本もの桜樹があり、桜の名所となっている。また、申の日に富士山が現れた故事から、神使いは猿といわれている。

・駅から徒歩およそ8分で二の鳥居へ

  

・参道から楼門へ

  

・楼門を入り拝殿・本殿へ、参拝

  

・参拝後、拝殿・本殿の右手の小さな門(この付近の紅葉が美しい)を潜る。

  

・少し下の湧玉池へ。この湧水は透明で澄みわたり、日に輝いていた。

  


心も清々しく、富士山本宮浅間大社を辞し、JRを乗り継ぎ三島へ向かう。   ~つづく~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第5回拡大関東一宮ほか巡拝... | トップ | 五輪九字明祕密釋・・28 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

開催報告/巡礼記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。