福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

お盆に僧の供養をする理由

2017-08-15 | Q&A

Q,仏説盂蘭盆経で7月15日の「僧自恣日」に衆僧供養をしなさいとおしゃっているのはなぜですか?
A,印度では4月15日より7月15日までの90日を九旬安居と称して衆僧が一箇所にこもり修行する大切な期間とされました。この安居の結願日が七月一五日であったためこの日を僧自恣日 としたのです。自恣とはこの間の所行に過失があったかどうかを他の大衆から恣(ほしいまま)にあげさせそれにより懺悔するのです。
衆僧に供養せよとされるのは、盂蘭盆経に、「この日に、声聞縁覚十地の菩薩は仮に僧の姿に現れて、皆来たりて食を受ける。・・供養すれば七代の父母が救われる」とされるからです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真言宗安心要義(長谷寶秀)... | トップ | 『お骨を先祖のお骨と一緒に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Q&A」カテゴリの最新記事