福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

21日参拝の諸社のご本地

2017-05-16 | おすすめ情報

・武蔵国二宮神社、

明治期までは二宮大明神、または鎮座地である小河郷の小河大明神と称された。藤原秀郷、源頼朝、北条氏政が尊崇したとされる。武蔵国の一宮から六宮までの武州六社(武州六大明神、武蔵六所大明神(注))の一つ。御祭神は、国常立尊(くにとこたちのみこと)。現在も武蔵国総社・六所宮(現 大國魂神社)の一座に祀られ、今でも5月の大國魂神社の例大祭「くらやみ祭」に参加しているほか、周辺の地名は「二宮」と称されている。

昭和47年(1972年)に二宮神社境内一角の発掘調査で、御本地とされる金銅製薬師如来像が出土されています。

((注)神道集によれば、一宮は小野大明神、本地は文殊菩薩。二宮は小河大明神、本地は薬師如来。三宮は火河大明神、本地は観音菩薩。四宮は秩父大菩薩、本地は毘沙門天王。五宮は金鑽大明神、本地は弥勒菩薩。 六宮は椙山大明神、本地は大聖不動明)

 

・大國魂神社,ご祭神。中殿,大國魂大神 (おおくにたまのおおかみ) - 主祭神。大国主命と同神とされる。本地・本地釈迦如来。御霊大神 (ごりょうおおかみ)本地・地蔵菩薩.国内諸神。東殿.一之宮:小野大神(文殊菩薩)。二之宮:小河大神(薬師如来)- 二宮神社(東京都あきる野市)を指す。三之宮:氷川大神(十一面観音)。西殿。四之宮:秩父大神(毘沙門天)五之宮:金佐奈大神(弥勒菩薩)六之宮:杉山大神(不動明王)。「武蔵国総社六所宮縁起并社伝」に「多東郡小野県を以て本国之府と為す。呼ひて府中と曰ふ也。武蔵国総社六所の宮者、人王第十二代景行天皇の四十一年五月五日、威神形を現して告り曰はく、吾は是大国魂の大神也。 祠を茲に立て能く吾を祭れ。 吾を祭らずれば則四海安静ならず。 郷民等神宣に依りて神籬を営建し、称して大国魂神社と号す。 乃ち相殿五神を祭る。 伊弉諾尊・素戔鳴尊・瓊瓊杵尊・布留大神・大宮売命也。 故に六所神社と号す。 後来本地仏九尊を安んず。 其の中者、釈迦牟尼仏・聖観世音菩薩・毘沙門天、 其の左者、弥勒仏・地蔵菩薩・不動明王、 其の右者、薬師瑠璃光仏・文殊師利菩薩・十一面観世音菩薩也。是より、武蔵国造兄多毛比命、祖神下春の大神祭りて、小野の宮と号す。 然るに大国魂の大神小野県に鎮坐するを以て、本国の総社と為す。 故に小野神社を以て末社と作す也。 小野明神は、総社の西南一里許に在り。 今一宮と云ふ。」

・武蔵国一ノ宮・小野神社。現在のご祭神は「天下春命・瀬織津比咩命」。ご本地は文殊菩薩。 「神道集」巻第三に「武蔵六所大明神事」として「そもそもこの六所とは、一の宮は小野大明神と申す。 本地は文殊なり。 この仏は三世の覚母、九代の祖師なり。」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福聚講・今日の言葉 | トップ | 金山穆韶師の「仏教における... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。