福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

時化にあって仏の存在を知らされた漁師の話

2017-07-29 | 頂いた現実の霊験
「安らぎへの道・ブッダの言葉 http://blogs.yahoo.co.jp/nrg46644/50579027.html」に、森繁久彌 の「 心を高く悟りて俗に還る 」という話が載っていました。
「俳優の 森繁久彌氏は、 「 私は 熱心な 仏教信者でもありませんが ・・・ 」、と 記しながら、青年漁師との交流と エピソードを紹介しています。
・・・北西太平洋の マリアナ沖の漁場は 魚の宝庫です。 戸田港の漁師たちは台風が それるという天気予報を信じて、マリアナ沖で操業中でした。しかし 天気予報がはずれて 台風に襲われ、あっという間に 百数十艘の漁船の四分の三ほどが転覆し、当時十六歳の青年も 海に放り出されました。気がつくと 木切れにつかまっていました。逆巻く波が押し寄せ、木切れとともに二十メートルも 体が持ち上がったかと思うと、一気に波の底に落ちてゆきます。木切れだけは放すまいと、必死に抱きかかえていました。一昼夜がすぎ、「 もう限界だ。」と 眠りかけたとき、船が視野に入り、救助されました。デッキで二時間ほど眠り、目が覚めてみると(大徳寺発行の「紫野20・7」では、顔に何者かが乗ってきて『お前を助けてくれた木切れをさがせ』と命令したとなっています)。デッキは海から引き揚げられた死体でいっぱいです。 青年は、「 ない ! 木切れが ない ! 」、と気づき、船長のところに飛んで行って、聞きました。「 オレが つかまっていた木切れは、どうなったでしょうか ? 」、「 木切れ ? そんなもん知らん。 お前、助かっただけでも喜べ。 太平洋のド真ん中で、木切れが見つかるわけがないだろ。 無理だ。この馬鹿者。」、と 取り合ってくれません。  ―― 三時間、四時間と 必死に頼み続けました。船長は 青年の目をのぞいて、
「 ・・・・・ よし、わかった。 引き返してやろう 。 」と言って、青年が救助された地点に 船が戻ったとき、「 おい、お前の気の済むまで探せ。」、と 船のサーチライトを点けてくれました。 夜の海面に光りが走ります。 船長と青年は波間を凝視しました。 三十分、四十分とサーチライトの光が海を照らし出します。そのとき、波間に ピカッと光るものがありました。即座に船長は、「 船を回せ ! 」、と指示を出し、船は光を帯びたものへ近づいていきました。 青年と船長は同時に、「 筏 ( いかだ ) だ !! 」、と 叫んでいました ・・・・・ 。
―― 青年は 盃を手に、遠くを見つめながら、「『森繁さん、筏には 息も絶えだえの六人の漁師が乗っていました。 ボクは、仏さまが存在するということを認めますよ。』と 話し終わりました。」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大師の入唐(桑原隲蔵)その5 | トップ | 第二十八 十善助行章(「真... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

頂いた現実の霊験」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。