福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

国賊か国宝か

2016-10-29 | 法話
伝教大師「山家学生式」には「「国宝」とはよくいい能く行う者。「国師」とはよく教えるが行いはいまだしの者。「国用」とはよく教えるが行いは駄目なもの、をいい、『国賊』とはいずれもできぬ者をいう」とあります。国賊にはなりたくないものです。


伝教大師「山家学生式」です。「国の宝とは何物ぞ、宝とは道心なり。道心ある人を名づけて国宝と為す。故に古人言わく、径寸十枚、是れ国宝にあらず、一隅を照す、此れ則ち国宝なりと。古哲た云わく、能く言いて行うこと能わざるは国の師なり、能く行いて言うこと能わざるは国の用(ゆう)なり、能く行い能く言うは国の宝なり。三品の内、唯言うこと能わず、行うこと能わざるを国の賊と為す。乃ち道心あるの仏子、西には菩薩と称し、東には君子と号す。悪事を己に向え、好事を他に与え、己を忘れて他を利するは、慈悲の極みなり。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真言教誠義・・7 | トップ | 真言教誠義・・9 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。