福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。新年会予定あり。中塚さんに聯絡してください。新年会詳細のご案内
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。10周年記念会を予定
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

お蔭を二度頂く(片山光、滋賀県東浅井郡、大正3年)

2017-09-20 | 頂いた現実の霊験
私の住んでいるところは朝日の里といいミニ八十八所があり、お大師様をおまつりした山寺もあります。私は昭和37年胆嚢を患い手術を受けました。しかし一向に病状はよくならず痛みも取れませんでした。沈み込んでいると知人がお大師様におたのみなさい、必ずよくなります、自分もお大師様のお蔭で元気にしていただきました、と熱心に信仰を勧められました。それまで宗教自体に全く興味も無かった私ですがすこしずつ大師堂の勤行に . . . 本文を読む
コメント

神皇正統記に見る[日本]の意味

2017-09-20 | 法話
神皇正統記・・1 「序論、大日本は神の国である。天祖国常立尊(あまつみおやくにとこたちのみこと)がはじめてこの国の基を開き、日神すなわち天照大神がながくその統を伝えて君臨している。我が国だけにこのことがあって他国にはない。ゆえに我が国を神国というのである。・・大日本とも大倭とも書くのは、此の国に漢字が伝わって後、国の名を書くとき文字としては大日本と書くことに定めて、しかも耶麻土(やまと)とよませた . . . 本文を読む
コメント

今日は彼岸の入りでまた三百日の功徳日でもあります

2017-09-20 | 法話
今日9月20日は彼岸の入りです。また三百日の功徳日でもあります。9月23日(土)が彼岸の中日、 9月26日(火)が彼岸明けです。多くの寺で彼岸会法要が営まれます。またお墓参り、先祖供養も行われます。 お彼岸に法要が行われるようになったのは、平安中期浄土信仰によって春分秋分に真西に沈む太陽を見て西方極楽浄土を観想する日想観という修行が流行したことによるとされます。特に四天王寺西門が極楽の東門に通じて . . . 本文を読む
コメント

遍路で聞いたお大師様のありがたさ(井生太郎(仮)、北海道上川郡)

2017-09-20 | お大師様のお言葉
私の先祖は徳島県福井小野という所の出です。父は一度私を連れて墓参りをさせてくれました。 こうした縁もあり昭和54年3月友人と琴讃バスに申し込み12日の遍路の旅に出ました。19番立江寺で泊った翌日、バスの中で先達さんがこのなかでだれかお大師様のお蔭をいただいている方はお話を、というと一人の40歳なかばと思われる方が話しはじめました。 其の方の話はこうです。 「私は高卒で銀行に勤め始めましたが、大卒 . . . 本文を読む
コメント