福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年

・10月21日(土)お大師様の日、定例会、14時護国寺。16時高野山東京別院
・11月18日(土)観音様の日、定例会、15時護国寺。
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。

「沙門勝道山水を歴て玄珠(げんじゅ、悟りを求める心)を瑩く碑並序」

2017-09-19 | お大師様のお言葉
「沙門勝道山水を歴て玄珠(げんじゅ、悟りを求める心)を瑩く碑並序 沙門遍照金剛撰」 蘇巓鷲嶽(そてんじゅがく、須弥山・鷲峯山)は異人(佛菩薩)の都するところなり。達水龍坎(だっすいりょうかん、龍の棲む池)は霊物ここにあり。夫れ境、心に従って変ず。心垢るれば境濁る。心は境を逐って移る。境しずかなるときは心ほがらかなり。心境冥会して道徳(絶対の働き)はるかに存す。 能寂(釈迦)常に居して利見し(仏がみ . . . 本文を読む
コメント

高齢化時代には「死ぬ力」も大切、という記事

2017-09-19 | おすすめ情報
高齢化時代には「死ぬ力」も大切、という記事がありました。(開かない時は「日本医師会赤ひげ大賞 第3回受賞者・二ノ坂保喜院長」で検索) 古来日本人は常に死ぬ訓練をしてきました。「武士道とは死ぬことと見つけたり」といい、「千早振る神よりいでし人の子の 罷るは神に帰るなりけり」(古歌)と歌い、「阿字の子が阿字の古里たちいでて、また立ちかえる阿字の古里」(真言宗ご詠歌)といってきました。生きてい . . . 本文を読む
コメント

以前Ⅿさんから大変貴重なマザーテレサの記事をご紹介いただきました

2017-09-19 | 法話
*暗闇(くらやみ)の聖人  〔マザー・テレサ〕  「私がもし聖人になるなら、それは『暗闇の聖人』でしょう」、マザー・テレサは生前、手紙の中にそう書き記した。暗闇の中に生きた自分は、暗闇の中に生きる人々の為に働く聖人になるだろうというのだ。マザーが生きた暗闇、それは一体どのようなものだったのだろう。 (喪失ゆえの苦しみ)  この暗闇を、マザーは「喪失ゆえの苦しみ」と呼んでいる。この闇は、イ . . . 本文を読む
コメント

ラフカデオハーン「神国日本」・・日本民族の勝れたる理由

2017-09-19 | 法話
武士の家庭では・・甲冑やその他の武器を神聖視することを教えられた。それにいつも手入れをしておくことが義務となっており、それを怠ると合戦のときに不運災難を招くのであった。それであるきまった日に弓や槍や他の武器武具を客間の床の間に飾って供物をそなえたのであった。庭園もまた神聖なものであった。それで庭園の手入れをするときは守るべき規則が決まっていて樹木や花の神にさからわないように心した。十分な配慮と清潔 . . . 本文を読む
コメント

千日回峰行を達成されたというニュースが出ていました

2017-09-19 | 法話
千日回峰行を達成されたというニュースが出ていました。 最近暗いニュースばかりの中でこれこそが本当の「ありがたい」ニュースでした。こういう方が日本を北朝鮮の脅威からも守っていただく役割を果たしておられるのだと思います。こういう行の中では必ず「天下泰平・万民豊楽」を祈るからです。 ニュース等では行中の大変さばかりを強調されていますがそれも大変でしょうが、求聞持行をやらせていただいた経験からするとむしろ . . . 本文を読む
コメント