福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年

・10月21日(土)お大師様の日、定例会、14時護国寺。16時高野山東京別院
・11月18日(土)観音様の日、定例会、15時護国寺。
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。

滝川政次郎『日本人の歴史』

2017-09-02 | 法話
『日本人の歴史』「・・廃仏毀釈は明治政府の犯した最大の罪悪であって日本社会における人心の頽廃、道義心の欠如はここに淵源を発している。仏教と絶縁した神道は原始信仰に戻らざるを得ないが、ドクトリンを持たない原始信仰は民俗学の対象とはなっても文明人の信仰とはなりえない。故に神仏の分離即ち信仰の喪失となって日本人はその人格の骨格を失い、道義心の基盤をなくしてしまった。明治政府をして神仏分離を行わしめた者は . . . 本文を読む
コメント

Q,真言宗でいう「阿字本不生」とは?・・その2

2017-09-02 | 諸経
問、禅宗には諸宗に超えて教外別伝とて師家の示しに任するにはあらず、唯自己に返照し工夫して悟道するを本意とす。門よりいる者は是家珍に非ず(古人の語)とて他に教えられたるをば真実にあらずといえり。いま真言の実義は師の教えを待って解するといえば禅門の心地にはすこぶる劣れるにや如何。答、教えを待たざれども自得するは「法」の勝れたる規模にはあらず、唯是「機」の勝れたる故なり。その故は声聞の得るところも独覚の . . . 本文を読む
コメント

「弘法大師近世の霊験」その1、

2017-09-02 | 頂いた現実の霊験
㈠比翼の契り浅からず、孝女宿縁ひらく 因島というところがある、五箇村の島で中でも人家の多いのが大浜村である。そこに吉田氏という金満家があった。嘉永年代、主人の幸七は尾道より高橋千代を娶り仲睦まじく1男2女をもうけた。姉は阿増、妹は芳江といった。母がこの芳江を懐妊するとき以前より信仰していた讃岐道隆寺の弘法大師より一茎の未開蓮華を賜った夢をみたのであった。芳江は容貌も美しく、書道、茶道、華道、裁縫、 . . . 本文を読む
コメント

護国の仏教(大山公淳師)・・・2

2017-09-02 | 護国仏教
トランプ氏の大統領当選など非常事態は続いています。僧侶の端くれとしては祈ることしかできませんが・・・ . . . 本文を読む
コメント

今日9月2日は羽黒山湯上神社祭です

2017-09-02 | おすすめ情報
今日9月2日は羽黒山湯上神社祭です。 湯上神社のホームページには「・・天平年間(729~49)、行基菩薩によって勧請されたのが始まりとされます。出羽三山(山形県鶴岡市)の羽黒神社(現在の出羽三山神社)とは密接な関係で、行基が羽黒山山頂で3本足のカラスに導かれ軍荼利、妙見、聖観音が出現した由来と、出羽三山の由来で峰子皇子(第32代崇峻天皇の皇子)が3本足の霊鳥に導かれ、羽黒権現、月山権現、湯殿山権 . . . 本文を読む
コメント

今日9月2日は岡倉 天心の没した日です

2017-09-02 | おすすめ情報
今日9月2日は明治の思想家岡倉 天心の没した日です。天心は1863年2月14日(文久2年12月26日)生まれで1913年(大正2年)9月2日に没しています。 私は天心お「茶の本」が好きで、高校時代、生家の山寺の本堂の一角を勉強部屋にしていてここで夜遅くまでこの「茶の本」を読み耽り恍惚とした覚えがあります。 一部を抜き書きします。 「象牙色の磁器にもられた液体琥珀の中に、その道の心得ある人は、孔子の . . . 本文を読む
コメント