福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。忘年会あり、参加者は中塚さんまで連絡してください。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

原人論・・その2

2017-07-02 | 諸経
原人論・・その2 「・・・真実の教えである一乗顕性経の要点を説明しよう。この教説では あらゆる生命ある者には、本来目覚めた真実の心(本覚真心)が備わっている。この真実の心は時の始めの定まらないときから常に存在していて清浄であり、日月のように明らかでほの暗いところがなく、鏡のようにいつも判然と物事を自知している。これを仏性と名つ゛け、また如来蔵とも呼んでいる。 時の始めも定まらぬ時から妄想がこの真 . . . 本文を読む
コメント

日本は大乗相応の地であること・・その8

2017-07-02 | 講員の活動等ご紹介
北畠親房は神皇正統記開巻第一に「大日本は神國なり」と書いておられます。(神皇正統記 巻一序論 「大日本(ヤマト)は神国(かみのくに)なり。天祖(あまつみおや)初めて基(もとい)を開き、日神(ヒノカミ)長く統を伝へ給ふ。わが国のみ この事あり。異朝にはその類ひなし。この故に神国と云ふなり。・・」)これが今日大変有名な句として何時もくりかえされておる。親房卿は「萬世一系の皇統を上に戴いてゐる、これが神 . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・52

2017-07-02 | 霊魂論
上に真言密教の個体観念を明かすにあたり、一応仏教教義の中心観念を叙する要あり、小乗の三法印,大乗の実相印の意義を約述し(小乗の三法印(諸行無常・諸法無我・涅槃寂静、という空を強調する考え)は大乗にいたって一実相印(諸法実相・全ての事象に真実がある))となった。)顕教大乗は真諦実相の境に生佛(衆生と仏)の差別相を絶すとなすも、真言密教は真諦実相の境に生佛の差相を観るものなることを述べしが、以下なほ其 . . . 本文を読む
コメント

第一、真言宗名章(「真言宗義章」真言宗各派聯合法務所編纂局 1916)等より)・・・2

2017-07-02 | 法話
第一、真言宗名章(「真言宗義章」真言宗各派聯合法務所編纂局 1916)等より)・・・2               (真言宗という名称は大日経及び金剛頂経によるもの。真言の宗名は身語意の三密の中では語密について建ているが之によって声字即実相の深意を示し、以て一切諸法の . . . 本文を読む
コメント