福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

参加される方は現地集合で結構です。講元は白衣で錫杖を持っています。

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年

・8月19日(土)定例会、15時護国寺。
・9月16日(土)定例会、15時護国寺。
・10月21日(土)お大師様の日、定例会、15時護国寺。
・11月18日(土)観音様の日、定例会、15時護国寺。
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。

大師の入唐(桑原隲蔵)その2

2017-07-26 | 法話
(二)渡海 大師の入唐はその三十一歳の時で、正しく桓武天皇の延暦二十三年(西暦八〇四)に當る。この年の七月六日に、遣唐大使藤原葛野かどの麻呂の一行が、肥前國松浦郡田浦たのうらから唐へ渡ることとなつた。大師は橘逸勢はやなりと共に、藤原葛野麻呂の第一船に便乘いたし、天台の傳教大師は、判官菅原清公きよともの第二船に便乘いたした。ここで先以て申置かねばならぬことは、當時の日支間の航海は非常に危險で、今日で . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉・・

2017-07-26 | 法話
「三界はただ貪心に従って有と了達し、十二因縁( 無明→行→識→名色→六処→触→受→愛→取→有→生→老死→)は一心のうちに有りと知る。是のごとくなれば、則ち生死は、ただ心より起こる。心もし滅することを得ば、生死も則ちまた尽きなん。(華厳経、十地品 ) . . . 本文を読む
コメント

今日26日は「日光の日」です

2017-07-26 | おすすめ情報
今日26日は「日光の日」とされます。これは大師がそれまで二荒山とよばれていたのを「にっこう」と呼び改めたとされるからです。『日光山滝尾建立草創日記』には、大師が、弘仁11年(820)7月26日来山し龍生滝(りゅうじょうのたき)に7日間祈念されたのち菩提寺を建立。また中禅寺登山の後、湖岸に四条木叉(もくしゃ)寺・転法輪寺・法華密厳寺・華厳寺・般若寺を建立。羅刹窟(らせつくう)(風穴)を結界祈念して二 . . . 本文を読む
コメント

第二十五 三時超過章(「真言宗義章」真言宗各派聯合法務所編纂局 1916)等より・・26

2017-07-26 | 頂いた現実の霊験
第二十五 三時超過章(真言宗各派聯合法務所編纂局 1916)等より・・26 (密教では正像末を言わない。行者が一印一明一座行法等退転なければ功徳は無尽で必ず成仏する) 真言密教は法身如来、三世常恒の円明日に住して説きたまへる法爾の教体なるが故に、この教体の前には更に正像末の三時を論ぜず。若し信修することのあらば貴賤男女を通じて悉くこれ其の器ならざるはなし。故に高祖大師の釈に曰はく「人法法爾なり . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉 

2017-07-25 | 法話
天地の恵みの歌 . . . 本文を読む
コメント

蓮の花について・・5

2017-07-25 | 諸経
蓮の花について・・5 次に佛の功徳をあらわす象徴としての「蓮の花」があります。 摩訶般若波羅蜜経には「爾時、世尊は常身を以て此三千大千國土一切衆生に示す。是時首陀會天・梵衆天・他化自在天・化樂天・兜率陀天・夜摩天・三十三天・四天王天及び三千大千國土の人と非人は諸天花・天瓔珞・天澤香・天末香・青蓮花・赤蓮花・白蓮花・紅蓮花・天樹葉香を持つて仏所に詣で、是の諸天花乃至天樹葉香を佛上に散ず。」 摂大乗論 . . . 本文を読む
コメント

寶在心

2017-07-25 | 法話
今朝某師にいただいた秘仏の前で修法をしているときふと「宝は心にあるぞ」という仏様のお諭を受けた気がしました。最近貪瞋痴の三毒に相当深く侵されている自分自身に気が付いていたのですがなかなかその渦から抜け出せなくて鬱々としていたのです。しかしこの簡単なお諭でそれまでの重苦しい心が嘘のように一気にすっーと晴れてきました。 そしてふと以前土佐の遍路宿で信貴山管長の「寶在心」という色紙を見たことを思い出しま . . . 本文を読む
コメント

「苦境にあっても天を恨まず」

2017-07-25 | 法話
東京都神社庁のパンフレット(2014・3)から抜き書きします。「・・東日本大震災直後の3月22日に気仙沼市立階上中学校の卒業生代表の言葉の一文。『・・自然の猛威の前には人間の力はあまりにも無力で私たちから大切なものを容赦なく奪っていきました。天が与えた試練というにはむごすぎるものでした。つらくて悔しくてたまりません。・・・命の重さを知るには大きすぎる代償でした。しかし苦境にあっても天を恨まず、運命 . . . 本文を読む
コメント

今日は妙心寺ご開基の花園天皇ご誕生の日です(追加)

2017-07-25 | おすすめ情報
今日は第95代天皇の花園天皇ご誕生の日です。ウキぺヂアによると天皇は、永仁5年7月25日(1297年8月14日)伏見天皇の第四皇子としてご誕生になられています。 延慶元年(1308年)11月、大覚寺統の後二条天皇の急死にともない12歳で即位。文保2年(1318年)2月、大覚寺統の尊治親王(後醍醐天皇)に譲位し、 建武2年(1335年)11月、には円観について出家(法名・遍行)宗峰妙超と関山慧玄を師 . . . 本文を読む
コメント

大師の入唐(桑原隲蔵)その1

2017-07-25 | 法話
大師の入唐桑原隲蔵(京大教授内、藤湖南・狩野直喜とともに京都派東洋史学を確立)     (一)緒言 毎年この六月に、弘法大師降誕會が主催となり、東西の碩學を聘して講演會を開き、大師の遺風餘徳を偲ぶといふことは、極めて結構な企と思ふ。古人を尚友すと申して(孟子万章下に「・・其の書を読よむも、其の人ひとを知しらずして可かならんや。是ここを以もって其その世よを論ろんず。是これ尚友しょうゆうなり」とありま . . . 本文を読む
コメント

第二十四 四恩報答章(「真言宗義章」真言宗各派聯合法務所編纂局 1916)等より・・25

2017-07-25 | 頂いた現実の霊験
第二十四 四恩報答章(真言宗各派聯合法務所編纂局 1916)等より・・25 (仏教徒たるもの四恩(父母・国・衆生・三宝)に報ずべきである。報恩しないと修行は成就しないどころか横死することになる) 佛は顕密諸経の中において広く四恩を報ずべき旨を懇ろに誡めおかせ給へり。父母の恩・国王の恩・衆生の恩・三宝の恩、これを四恩といふ。第一に父母の恩とは慈悲の心、骨髄に徹するが故に我らが為に種々の罪業を造り . . . 本文を読む
コメント

福を得る方法

2017-07-24 | 頂いた現実の霊験
夢中問答に「悟りを求めれば現世・来世の福はおのずとついてくる。逆に凡俗の個人的利益のみを求めれば神仏の心と離れるがゆえに霊験はない・・。とありました。「・・・ただ無上道を祈り求めばやがて正覚を成ずるまでこそなくとも、その自善根の力により仏神の加被力(衆生に与える力)によりて災難もおのずから除こり、寿福もつつがなきほどの得利はただ今生のみにあらず、生々世々までもあるべき、・・・もし人正念に住して或ひ . . . 本文を読む
コメント

今日は地蔵盆です

2017-07-24 | おすすめ情報
今日は地蔵盆です1、地蔵菩薩の縁日は毎月24日です。盂蘭盆期間中の地蔵菩薩の縁日、旧暦7月24日を特に地蔵盆と呼び、近畿地方を中心に路傍のお地蔵様をおまつりするならわしがあります。お地蔵様を洗い清めて新しい前垂れをお着せしたり灯籠を立てたりお供え物をしたりします。2、お地蔵様はお釈迦様が入滅されてから、弥勒菩薩が降臨されるまでの56億7000万年の無仏の時代の衆生をみちびいてくださいます。地蔵菩薩 . . . 本文を読む
コメント

蓮の花について・・4

2017-07-24 | 諸経
蓮の花について・・4 次に衆生の往生すべき浄土の荘厳として描くものがあります。 「妙法蓮華経・薬王菩薩本地品」に「もしこの薬王菩薩本地品を聞きて解了せんに死後安楽世界に生まれるべき也。その世界に世尊無量壽如来応供正等覚者は菩薩衆に囲繞せられて往し留まり保ちたまへり。かしこに蓮華蔵のうち獅子座の上に坐して生ずべし」 「入大乗論巻下」に「第十地の菩薩は摩醯首羅天王宮に生じ、宝蓮華王座に坐して成仏する、 . . . 本文を読む
コメント

福聚講、今日の言葉

2017-07-24 | 法話
立ち並ぶ仏の姿今見れば皆苦しみに耐えしみすがた(今井邦子(注))仏様は無始以来のわれわれのとめどない苦しみを日々ご覧になり共に日々深く苦しんでおられることは確かです。(注)昭和の代表的女流歌人。キリスト教の洗礼を受け一灯園にも入園。子供二人を置いて家出等波乱万丈の私生活を送った。 . . . 本文を読む
コメント