福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

参加される方は現地集合で結構です。講元は白衣で錫杖を持っています。

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年

・3月18日(土)観音様の日。定例会、15時護国寺。
・4月2日(日)関東一宮巡拝。浅間神社、甲斐奈神社、国分寺、大善寺。
・4月15日(土)定例会、15時護国。
・5月20日(土)定例会、15時護国寺
・5月21日(日)関東一宮巡拝。
・6月4日(日)関東一宮巡拝。
・6月17日(土)定例会、15時護国寺。
・7月2日(日)関東一宮巡拝。
・7月15日(土)定例会、15時護国寺。
・8月6日(日)関東一宮巡拝。
・8月19日(土)定例会、15時護国寺。
・9月3日(日)関東一宮巡拝。
・9月16日(土)定例会、15時護国寺。
・10月8日(日)関東一宮巡拝。
・10月21日(土)お大師様の日、定例会、15時護国寺。
・11月5日(日)関東一宮巡拝。
・11月18日(土)観音様の日、定例会、15時護国寺。
・12月3日(日)関東一宮巡拝。
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。

第7回拡大関東一宮ほか巡拝~その二、諏訪大社下社・秋宮&春宮~

2017-03-25 | 開催報告/巡礼記録
第7回拡大関東一宮ほか巡拝~その二、諏訪大社下社・秋宮&春宮~ . . . 本文を読む
コメント

第7回拡大関東一宮ほか巡拝~その一~諏訪大社上社・本宮&前宮

2017-03-25 | 開催報告/巡礼記録
第7回拡大関東一宮ほか巡拝~その一~諏訪大社・本宮&前宮 . . . 本文を読む
コメント

華厳経から・・25

2017-03-25 | 諸経
華厳経巻八菩薩十住品第十一「・・諸々の仏子よ、何等か是れ菩薩摩訶薩の童真住なる。此菩薩は 十種の法において心安立することを得る。何等をか十と為す。 所謂る身行清淨。 口行清淨。 意行清淨。 隨意受生。 衆生心を知り、 衆生の種種の欲樂を知り、 衆生の種種の性を知り、 衆生の種種の業を知り、世 界の成壞を知り、 神通自在にして障礙あることなし。 是を十となす。 諸佛子よ。彼の菩薩は應に十法を学ぶべし . . . 本文を読む
コメント

Q,廃仏毀釈の行われた原因は?

2017-03-25 | 法話
Q,廃仏毀釈の行われた原因は? A,『日本人の歴史(滝川政次郎)』に以下のように書いてあります。 「・・廃仏毀釈は明治政府の犯した最大の罪悪であって日本社会における人心の頽廃、道義心の欠如はここに淵源を発している。仏教と絶縁した神道は原始信仰に戻らざるを得ないが、ドクトリンを持たない原始信仰は民俗学の対象とはなっても文明人の信仰とはなりえない。故に神仏の分離即ち信仰の喪失となって日本人はその人 . . . 本文を読む
コメント

釈雲照師「十善業道経講義」から・・その53

2017-03-25 | 諸経
(無常の観想について)いかに観ずるかというと、先ず世間の法はみな因縁より生じたものだ、因縁より生じたものには自性がない、自性なき者は無常である。「あすありと思う心の仇桜夜半に嵐の吹かぬものかは」。明日も桜の花が咲いておるともうても今夜雨が降ったり風が吹いたら明日は花はなくなる。その如く一切無常ならざるものはない。無常なるものは必ず無我である。・・お互い死なぬつもりで春は花、秋は月にと戯れて己が己が . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2017-03-25 | 法話
「凡夫が、木葉で自分の器に映る月を覆って月はないと言いはってみても、他人の器には月がはっきりと映っている。このように凡夫が自分の仏性を「迷い」で覆って「仏性などあるものか」と言ってみても他者の仏性まで隠すことはできない。」 「同じように、自分がお陰を受けれないからと言って、お陰などあるものか、といってみても、他者がお陰を受けている事実を否定はできない。」(T師) . . . 本文を読む
コメント

華厳経から・・24

2017-03-24 | 諸経
華厳経巻九菩薩十地品第十一「・・この菩薩は十種の法を聞きて、その心堅固にして動転せず。何等をか十と為す。所謂有佛と無佛とを聞くも、仏法の中に於いて退転せず。法あるも法なきも仏法のうちに於いて退転せず。菩薩有るも菩薩無きも仏法の中に於いて退転せず。菩薩の行あるも菩薩の行無きも仏法の中に於いて退転せず。菩薩の行は生死を出も、生死を出でざるも仏法の中に於いて退転せず。過去佛あるも過去佛なきも仏法の中に於 . . . 本文を読む
コメント

「我も法(事物の構成要素)もともに空であるということ(我法俱空)」

2017-03-24 | 法話
(「覚りと空」竹村牧男)「主体として考えられている「我」も、事物の構成要素として想定されている「法」もともに一切はなんら本体を持つものではなく、空・無自性でゆえに仮のもの、幻のようなものでしかない、」というのが大乗仏教の根本的な立場である。 一体なぜそのようにとなえられたのであろうか、私は、それは大乗仏教徒の禅定の内なる覚体験に根差してのことだったとみている。観佛体験と言ってもよいであろう。大乗仏 . . . 本文を読む
コメント

釈雲照師「十善業道経講義」から・・その52

2017-03-24 | 諸経
「五根の荘厳のゆえに深く信じて堅固に精進して懈らず、常に迷妄なく寂然調順にして諸の煩悩を断ず。」 五根とは信進念定慧の善根のこと。今この五つを善とのみいわずして根というはわけのあることで、世間の慈善事業、布施などは善ということができるけれども根ということは出来ぬ。何となれば今善根というは前に述べた四正勤と四神足とにて、定と慧とが平均して人の両足を具足する如しじゃというたがその両足で勤めて修行したか . . . 本文を読む
コメント

神様に般若心経をおとなえする理由

2017-03-24 | 諸経
伝聖徳太子作「説法明眼論神分品第十一」に次のようにあります。 「問、修法時「神分」といって神に般若心経を唱える理由如何? 答、修法時「神分」といって般若心経を唱えるには五つの理由がある。 一、勧請神分といって、悟っておられる神・悟っておられない神等の諸神を勧請し奉るため。 二、除障神分といって、守護神の念力によって天魔の障碍を除くため。 三、顕本神分といって、修善の力によって本地仏を顕し威光を . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2017-03-24 | 法話
七里恒順師の言葉に 「寺ありとも、仏法なくんば魔の巣窟なり。寺なくとも、仏法あれば仏の道場なり」 とあります。寺院・僧侶の退廃を嘆く声はそこここにあります。しかし御大師様は(退廃していても)寺院や僧侶を敬うべし、とされています。 「僧尼あるがゆえに仏法絶えず、仏法存するがゆえに人見る目を開く、眼明らかにして正道を行ず。正路に遊ぶがゆえに涅槃にいたる。(秘蔵宝鑰)」 「もしは菩薩、もしは声聞、凡聖 . . . 本文を読む
コメント

華厳経から・・・23

2017-03-23 | 諸経
華厳経巻八菩薩雲集妙勝殿上説偈品第十「・・愚惑のものは能く自身の真実性を知ること無し。如来は取相にあらず、是の故に佛を見たてまつらず。塵垢慧眼を障へて等正覚を見たてまつらず、無量無数劫に生死の海に流転す。流転は即ち生死にして、非転は是れ涅槃なり。生死および涅槃は二皆得べからず。・・明らかに過去世、未来世、及び現在は究竟じて永く寂滅なりと了る、故に説いて如来となす。・・ 衆生は恩を知らず、如来は慈慧 . . . 本文を読む
コメント

釈雲照師「十善業道経講義」から・・その51

2017-03-23 | 諸経
「神足の荘厳のゆえに恒に身心をして軽安快楽ならしむ」 これは四神足即ち三十七道品の中の四神足じゃ。神というは不思議なこと。この神変不思議なことはどうして起こるかというと禅定の功が積むと自然と智慧が明瞭になり遂に通力自在になる。通力自在になると心の思う通りになるからこれを神足とも如意足ともいう。・・我が思う通り空を飛んで行こうと思うと行かれる、それから他心通というて他の心を知ろうとおもえば知られる。 . . . 本文を読む
コメント

先祖供養の原理

2017-03-23 | 法話
今日はお彼岸明けの日です。ご先祖を喜ばせなければなりません。先祖供養の必要な所以です。われわれは、先祖供養の行法の最後に「・・今日ここに供養する所の(先祖の戒名)の霊位、三業の罪過を消滅して諸仏の御前に生じ見佛聞法し、無生忍を証し普く無尽無余の一切有情界において共に普賢の行願(注)を満足せんことを・・・」と先祖の霊に語りかけます。つまり「この修法により悟りを開き、仏様の前に生じて、普賢菩薩様の行つ . . . 本文を読む
コメント

臨終の看取り方

2017-03-23 | 法話
良忠上人(鎌倉時代、浄土宗第三祖)著『看病用心鈔』 より(NHK心の時間の記録より) 『看病用心鈔』「序」 往生浄土への導き手である善知識(僧侶)と病人を看護する人とに申します。極楽浄土へ往生することは人生の一大事です(死ぬことは人生最後の大仕事です)。もし、善知識の慈悲の心による勧め導きの力に預からなければ、この一大事は成就することができないのです。それゆえに、病人は善知識に対して仏の思いを . . . 本文を読む
コメント