福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

参加される方は現地集合で結構です。講元は白衣で錫杖を持っています。

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年
・4月15日(土)定例会、15時護国。
・5月20日(土)定例会、15時護国寺
・5月21日(日)関東一宮巡拝。10:14JR五日 市線・東秋留駅改札口集合。武蔵国・二宮神社、大国魂神社、武蔵国総社&六所宮、武蔵国一ノ宮・小野神社参拝。
・6月17日(土)定例会、15時護国寺。
・6月18日(日)関東一宮巡拝。
・7月9日(日)関東一宮巡拝。
・7月15日(土)定例会、15時護国寺。
・8月19日(土)定例会、15時護国寺。
・9月16日(土)定例会、15時護国寺。
・10月21日(土)お大師様の日、定例会、15時護国寺。
・11月18日(土)観音様の日、定例会、15時護国寺。
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。

守護國界主陀羅尼經卷第十阿闍世王受記品(全訳)

2017-05-23 | 諸経
守護國界主陀羅尼經卷第十阿闍世王受記品第十では非道であった阿闍世王が「なぜ自国では疾疫災難無量百千なるや」とお釈迦様に問います。これをみるとお釈迦様がおられたころでも疾疫災難無量百千なる国があったということです。お釈迦様は国主の心がけ次第とおっしゃいます。現在でいうなら国民の心掛け次第で自国は地獄にも極楽にもなるということです。守護國界主陀羅尼經卷第十罽賓國三藏沙門般若共牟尼室利譯阿闍世王受記品第 . . . 本文を読む
コメント

Q,権現様とは何ですか?

2017-05-23 | Q&A
Q,権現様とは何ですか?A,権現様とはもとは佛・菩薩が衆生済度の為に仮にお姿を現されたもののこと。権とは仮ということ。以下密教辞典とウキぺヂア等により作成。わが国ではもっぱら本地垂迹説によって平安時代から用いられ、日本固有の神は仮の姿で本地佛は仏教中の諸尊であるから神号に権現号を用いた。愛宕権現・・愛宕権現はイザナミを垂迹神として地蔵菩薩を本地仏とする。大宝年間、役小角と泰澄が山城国愛宕山に登った . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・12

2017-05-23 | 霊魂論
(前回の安楽集について)こは曇鸞大師の往生論註の釈を安楽集に引用せるものにして、文義深奥なるも、要は大乗仏教は因縁生法畢竟無生寂滅の理を明かすが故に、浄土往生の義も、此土の生を捨して、彼土に更に實生の生を得すと云ふ意にあらず、浄土の生とは法性清浄、無生一味の体を得することである。 しかるを彼岸に個体の實生あるが如く説けるは、これ凡夫の情執み準じたるものである。即ち氷上に火を燃し、火燃んならば氷解 . . . 本文を読む
コメント

三のつく日は弘明寺聖天様の日です

2017-05-23 | 頂いた現実の霊験
毎月3の日(3日・13日・23日)は弘明寺聖天様の御祈祷の日です。午前11時30分~12時30分に御祈祷があります。私自身も今から20年近く前、俗世の組織を望まない形で強制的にリタイヤさせられようとしたところを、ここの聖天様のお陰で、奇跡的に復活できました。聖天様のお力にはすごいものがあります。しかしちゃんとお礼をしないと大変なことになることも聖天様の信者にはよくしられています。私も何度かお礼をし . . . 本文を読む
コメント

加持祈祷の原理

2017-05-22 | 法話
五輪塔は宇宙の本当の姿をあらわしている。自他ともに本当の姿はすべてこの五輪塔であらわされる五大(あ・ば・ら・か・きゃ)なのである。随って密教修法により行者が心身共に「五大(あ・ば・ら・か・きゃ)」になりきれば(すなわち大日如来=宇宙になりきれば)不思議の現象がおこり、「祈願」が成就することとなる。 . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・11

2017-05-22 | 霊魂論
道綽禅師の安楽集に曰く ・ 「(第八問答 実生願生(迷いの人生と浄土を願う人生)) また問ていはく、 上にいふところのごとく、 生は無生なりと知るは、 まさに上品生のものなるべし。 もししからば下品生の人の十念に乗じて往生するは、 あに実の生を取にあらずや。 もし実の生ならば、 すなはち二疑に堕す。 一にはおそらくは往生を得ず。 二にはいはく、 この相善、 無生のために因となることあたはず。 . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2017-05-22 | 法話
「・・・此の法は即ち仏の心(しん)、国の鎮(ちん)なり。氛(ふん)をはらい祉(さいわ)いを招くの摩尼(まに)凡(ぼん)を脱(まぬ)がれ聖に入るのキョ径(山偏に虚、きょけい・・近道)なり。(性霊集 巻第五「本国の使に与えて共に帰らんと請う啓」、わたくし空海が得た仏法(密教)こそが、釈尊の教えの本質であり、この教えこそが鎮護国家・除災招福・凡夫成仏を可能にする近道である。)お大師様ほどのお方がこう言い . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・10

2017-05-21 | 霊魂論
浄土門も浄土に生まれれば個体はなくなる . . . 本文を読む
コメント

「日本精神の研究,日本の婦道(安岡正篤)」

2017-05-21 | 法話
日本の婦道石頭大師の語をかりていへば男女は要するに同一『霊源』の二支派である。(注・・石頭は「参洞契」で、「竺土大仙(ちくどだいせん)の心、東西密に相附す。 人根に利鈍あり、道に南北の祖なし。 霊源明に皓潔たり。 支派暗に流注す。 事を執するも元これ迷い、 理に契うも亦悟にあらず。(お釈迦に遡る霊妙な禅の水源は透明であるが、流れの末は分かれて暗い。 分かれた後の瑣末な事柄を追うと本源を見失って迷う . . . 本文を読む
コメント

日本文化は支那文化の亜流か・・・内藤湖南・愚管抄等より

2017-05-21 | 法話
新元号論議で典拠を支那古典に求めるべきかどうかという議論もありますがこの議論は昔からありました。 . . . 本文を読む
コメント

昨日の福聚講模様

2017-05-21 | 開催報告/巡礼記録
昨日の福聚講模様 昨日は五月晴れで湿度も低く絶好のお参り日和でした。私はいつものように江戸川橋で降りて護国寺の鎮守今宮神社をお参りしました。ここにもいつも誰か参拝者がいます。今回は上品な老婦人と老紳士がお参りして出てくるところでした。心経をおとなえしてお参りしながら社殿の中をのぞくと中の祭壇がときどきピカッと光ります。外の光を反射しているのかとおもい後ろを振り返ってみましたが後ろには光を反射する . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「仏教における個体の観念」・・・9

2017-05-20 | 霊魂論
而も今宗には金屑貴しといへども眼に落つれば翳となるが如く(碧巖録、續傳燈録、槐安國語、毒語心経などにあります)、法身涅槃貴しといへども、これも執すれば法の病なりと観、此の法執を除かんがために、寂滅無相を主として説くものである。 金剛経には一切の相をみるものは菩薩にあらざる旨を説れ、圓覺経には「生死涅槃猶ほ昨夢の如し」と宣説し、思益梵天所問経に「諸佛の出世は衆生をして生死を出で涅槃にいたらしむるが . . . 本文を読む
コメント

国家危機を救う仏教原理「成就衆生浄佛国土」その50

2017-05-20 | 護国仏教
弘法大師の護国精神 別所弘因(智山学報)・・・ 大師が高野山を「鎮國安民の道場」となし、東寺を「教王護国寺」と称し、かの高雄山を「鎮護国祚寺」と号せられたのも如上の精神(護国の精神)からである。 東寺について考えるに・・・その下賜された趣旨は「東寺毎年安居し守護経を講ずべき表」のなかに「それ東寺は遷都のはじめ国家を鎮めるため柏原先朝建立の所なり。乞う・・禍を転じ福を修し国を鎮め家を護らんことを . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2017-05-20 | 法話
「顕教では第六意識で発心するが、真言宗の発心は最も深い意識すなわち第六阿頼耶識による。不空の金剛頂瑜伽略述三十七尊心要にも『夫れ修行者の初発の信心は以て菩提心即ち大円鏡智紇哩娜野心(ちりだやしん・・阿頼耶識のこと)』と表す。」(真言宗義章(大正五年、真言宗各派聯合法務所)より大意) . . . 本文を読む
コメント

経典に説く、国を栄えさせる法

2017-05-19 | 法話
『長阿含・遊行経』に 「一つには、 国民は会合をして政治を語り、 国防を厳にして自ら守り、 二つには、 上下心を一にして相和し、 ともに国事を議し、 三つには、 国風を尊んでみだりにあらためず、 礼を重んじ義を尊び、 四つには、 男女の別を正し、 長幼の序を守って、 よく社会と家庭の純潔を保ち、 五つには、 父母に孝、 師長に忠、 六つには、 先祖供養を行い、 七つには、 . . . 本文を読む
コメント