民俗断想

民俗学を中心に、学校教育や社会問題について論評します。

若者の転職

2017-06-18 06:19:58 | その他

数年前に娘婿が転職しました。そして、この5月に長男が転職しました。いずれも10年ほど勤めた、世間では大企業といわれる会社を辞めて、同業種のより小さな会社、もしくはベンチャーといわれる会社に就職したのです。それまで勤めていた会社で何か問題を起こしたとか、会社の人間関係がいやになったとかいうのでもなさそうです。ありきたりの言葉でいえば、「あきた」ということでしょうか。我々の世代では考えられないことですが、転職することでステップアップするという、アメリカのような感覚も育ってきているようです。すごいことです。確かに、大企業にしがみついていれば一生安泰だという時代は終わったかもしれません。いつリストラにあうか、会社が倒産するかわからないから、そうなる前に自分で自分の進路を決める時代なのかもしれません。年功序列といった考え方も変えていかなければいけないみたいです。そのかわり、長男は転職したばかりで成果を残さなければいけないという厳しい毎日を送っているみたいです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民主権とは何か | トップ | 芽が出た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。