民俗断想

民俗学を中心に、学校教育や社会問題について論評します。

CDが読めない

2016-10-17 09:59:57 | その他

1週間前になりますが、長野市の湯福神社の御柱祭りを見に行きました。一眼レフの電池がもつかと心配しつつも、充電表示はまだ満杯の状態でしたので、大丈夫と判断してでかけました。ところが、祭りの行列が整うところから写真をとり、そして動き出して何枚かとっていると、電池がありませんという表示になってしまいました。やっぱりかとがっかりし、仕方なくスマホでの撮影に切り替えて、御柱立てまで撮りました。かなりな枚数をとったと思います。確認してみると、横長の画面ですので祭りの写真としては、結構現場がよくわかるいい写真がとれたと思いました。スマホも馬鹿にしたらいけないななんて考えながら帰途につきました。御柱そのものは、諏訪の御柱とは違い、祭りの行列の練り物の一つだと思われ、都市の祭りの華やかさ、てんこ盛りの派手さなんかを感じました。

家に帰って思いました。かなりの枚数とったから、スマホのハードの容量をかなりくってしまったから、アップして消さなくてはいけないなと思いました。ところが、この時点ですでにグーグルフォトの設定を、アップしたら端末からは自動的に削除するという設定にしておいたことを忘れていました。つまり、フォトを開いてみていたのは、当たり前ですがアップロードした画像だったのです。にもかかわらず、撮った写真を選択して端末から削除するつもりで、クラウドから削除してしまったのです。画像がすべてなくなり、アッと気づけば後の祭り、文字通りの後の祭りでした。

仕方なく、一緒に行った友人に画像を分けてくれるようにお願いしました。すぐにCDで郵送してくれたのですが、今度はそいつを読めないのです。もともと、PCのCDドライヴの調子があまりよくなく、CDを取り出せなくなったり、読み込めないなどの不具合が時々ありました。加えて、W10にグレードアップしたら、DVDの読み取りソフトがなくなったりして、ソフト面の不具合も重なりました。何度も入れなおしてみたり、ソフトを入れたりしてみましたが埒があかず、CDは息子のマックで読んで(ウィンドウズで作った画像がマックでも読めるんですね)ハードディスクに記録して、私のPCに入れることで読み込みました。ですが、いうことをきかないCDドライヴは直りませんので、修理に出せばそれだけで5000円かかりますから、USB接続W10対応ののドライヴを注文したという次第です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地域一斉清掃 | トップ | 調査資料の利用 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。