福永佳津子のスケジュール帖(worlddesk.kf@gmail.com)

「異文化の発想に学び、日常を新しい視点で見直す面白さを伝えたい」をテーマに活動しています。

■長期滞在型ロングステイ観光学会研究フォーラムのお知らせ 2017/7/22

2017年07月17日 | Weblog
第1回「長期滞在型ロングステイ観光学会研究フォーラム」

   趣旨:我が国の観光産業は新たな成長産業として大転換期にあります。特に長期滞在型の観光産業は、ますます重要になり、長期滞在のインフラの整備、日本の自然・文化資源の
      再構築、新たなテクノロジーの導入、国際競争での優位性確保、魅力ある街づくり、観光サービスの効率化、地域再生等その動きは多様な様相を呈しています。こうした現状
      を踏まえ、長期滞在型ロングステイ観光学会の会員等との研究と交流の場の共創を含めて、「研究フォーラム」を下記の要領で開催することになりました。
      多数のご参加をお待ち致しております。
  
                                                 長期滞在型ロングステイ観光学会 (会長 岡本伸之/立教大学名誉教授)

                  記

     1.主催:「長期滞在型ロングステイ観光学会」
       後援:(財)ロングステイ財団       
     2.日時:2017年7月22日(土曜日)15時から18時
     3.場所:東海大学代々木キャンパス4号館4408教室
       住所:〒151-8677 東京都渋谷区富ヶ谷2-28-4 代々木キャンパス
       地図:http://www.u-tokai.ac.jp/info/traffic_map/shared/pdf/yoyogi_campus.pdf
     4.内容:
         特別講演:「インバウンドと旅行・滞在・居住」(15:00~16:00) 大和総研 調査本部 主席研究員 岡野武志氏
       ②特別事例講演「秩父版CCRC構想による、生涯活躍のまちづくり」(16:00~17:00) 
                                                                                                                  秩父市役所市長室地域政策課 主査 黒田誠氏

       (休憩)
       ③討議/交流:参加者相互の交流と「我が国の今後の長期滞在型等観光事業の成功条件づくりとは」討議(アイディア交換)
                                                                                      (17:10~18:00)

     5.参加者:学会会員 無料(非会員 参加可能、2000円
     6.実行委員会:委員長  旭岡叡峻(学会理事)((株)社会インフラ研究センター)
        副委員長 橋本佳典(学会理事)(東海大学教授)
        幹事 金振晩(帝京大学)、野口洋平(杏林大学)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■JAMSNET東京 第6回講演会... | トップ | ■全国生涯学習ネットワークで... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事