『名も無く豊かに元気で面白く』

読んだ本、ニュース、新聞、雑誌の論点整理、備忘録として始めました。浅学非才の身ながら、お役に立てれば幸いです。

「60代は人生の華」仙厓、可能性に満ちている「人生の第3幕」ジェーン・フォンダ

2016-10-20 13:03:56 | 日記

 寿命が祖父の代より30年も永くなり、人生設計も変わりました。この変化に気づかず既存の年金制度、預金にしがみつけば生存することは出来ますが、充実した幸福な人生を送ることは出来ません。日本人は❝「老後は衰退の時期」というイメージに縛られている❞この傾向が強すぎる。❝60歳以降の30年間を、あらゆる可能性に満ちた楽しい時期にすることもできます❞高齢化社会になり、老後は衰退という呪縛を解き、変化する必要があります。それには自分がどこに向かっているのか知るためには、過去を振り返るべきです。「自分は誰だったのか、両親は誰だったのか、と。私の親は、人間として、どういう人達であったのか、両親は、彼らの両親にどんな扱いをうけたのか、といったことです。」人生第3幕の成功は過去の全ての失敗を取り消してくれます。人生は気づいた時がバースデーなのです。

以下抜粋コピー

今の世代、平均寿命が30年伸びました。しかしこの30年はおまけではありません。ジェーン・フォンダは、この新しい人生の一時期を、いかに、捉え直すことができるだろうか、と問いかけています。

老後と聞くと、「老後破産」「認知症」「独居老人」といった暗い言葉を思い浮かべる人が多いかもしれません。

これは、従来の「老後は衰退の時期」というイメージに縛られているからです。60歳以降の30年間を、あらゆる可能性に満ちた楽しい時期にすることもできます。

私たちは皆、スピリットを持って生まれます。ところが、人生でいろいろ困難なことに出会ううちに、スピリットを失ってしまいます。

 両親がうつ状態で、愛情を与えてくれなかったのかもしれません。未だに過去の痛手から立ち直れないのかもしれません。

 私たちは、「終わった」と感じていないのです。第3幕は、こうした未完了のことを終わらせる時期かもしれません。

 60歳に近づいたとき、私はこれからどうしようか戸惑いましたが、自分がどこに向かっているのか知るためには、過去を振り返るべきだと気づきました。

 そこで、最初の2幕の自分について考えました。自分は誰だったのか、両親は誰だったのか、と。私の親は、人間として、どういう人達であったのか、両親は、彼らの両親にどんな扱いをうけたのか、といったことです。

 後に、このようなことをするのは、心理学用語で「ライフレビューをする」と言うのだと知りました。

 ライフレビューをすると、自分の人生がより明確になり、新しい意味を持ち始めます。

 これまでずっと「自分のせいだ」と思っていたことは、実はそうではなかったと気づくのです。あなたは全然、悪くないのです。

 そして、過去の自分や、自分の周囲の人を許すことができます。過去の自分から自由になって、過去の人間関係を修正することができるのです。

人生のすべてのものは、一つのものをのぞいて、奪われる可能性がある。その一つとは、自分が状況に対して、いかに反応するかを選ぶ自由だ。

これが私たちの人生の質を決める。

金持ちか貧乏か、有名か無名か、健康か病気か、そういうことが決めるのではない。

人生の質を決めるのは、現実に対して、自分をどう関連づけるかだ。現実にどんな意味を見出すのか、現実に対してどんな態度でのぞむのか、現実に対して、どんなふうに反応するかだ。

過去の再定義をして自由になる

第3幕のおもな目的は、過去と自分の関係の修復ではないでしょうか?認知の研究によれば、こうすることで、脳に新しい神経回路ができるそうです。

過去に起こった出来事に、長年、ネガティブに反応していると、そういう神経回路が強化され、ストレスや不満を生み出します。

ですが、過去を振り返り、嫌だと思っていた出来事に対して、新たな見方ができるようになると、神経回路は変化します。

すると、私たちは昔のことに対して、よりポジティブな気持ちを持てるのです。私たちを賢くしてくれるのは、経験することではなく、その経験に対して、どういうふうに考えるか、ということです。

そうすることで、より完全で、知恵のある本物に近づけるのです。

女性は生まれたときは、不足のないものであり、自分自身を生きています。ところが、思春期になると、周囲に溶け込もうとか、人気者にならなければいけない、と考えがちです。

すると、他の人の人生の登場人物になってしまうのです。ですが、第3幕では、原点に戻って、また自分自身になれます。

これは個人的なことにとどまりません。高齢の女性は人口で優勢をしめています。もし私たちが、原点回帰して、自分自身を再定義できたなら、それは若い人のよいお手本になると思います。


六十歳は人生の花、七十歳で迎えがきたら留守だといえ
八十歳で迎えがきたら、早すぎるといえ
九十歳で迎えがきたら、急ぐなといえ
百歳で迎えがきたら、ぼつぼつ考えようといえ

仙厓義梵 江戸後期の臨済宗禅僧

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シェアリング エコノミーとは | トップ | ❝米政府、フィリピン大統領の... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボート場 (東京ボート)
2016-10-20 15:39:47
なんで東京にボート場作るお金の無駄使い。ボート観客あまりこない。大金かけて作る必要なし。宮城やら埼玉のボート場でオリンピックやるべき。東京にボート場作る必要なし。森じいさんなんでボート作る。森さんぼけたのか。
ドラフト (ドラフト太郎)
2016-10-21 12:31:42
創価大学田中ソフトバンク。パリーグに良い投手もってかれた。セリーグのチームに入って欲しかった。交流戦で見るしかない。パリーグ良い投手入ったな。良い投手はパリーグに多い。大谷、則本、松井、岸、セリーグピンチ!
ドラフト (ドラフト)
2016-10-21 14:49:55
なぜベイスターズドラフト創価大学田中とか桜美林大学佐々木ではないのか!攻めの姿勢が足りない。神奈川大学浜口は二位指名クラスでしょう!なんで柳、佐々木、浜口の指名順!最初に田中か佐々木指名いけばいいのに、柳でハズレ佐々木でハズレ、浜口指名ベイスターズダメだこりゃ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。