『名も無く豊かに元気で面白く』

読んだ本、ニュース、新聞、雑誌の論点整理、備忘録として始めました。浅学非才の身ながら、お役に立てれば幸いです。

100年後も生き残ると思う日本企業は?トヨタ自動車が3年連続一位

2016-10-12 08:09:04 | 日記

戦前、戦後日本をけん引してきた「カネボウ」があえなく破たんしたように名門企業も一寸先は闇。国民は日本で100年後も存続している№1企業は『トヨタ自動車』と予想。100年後には車ではなくロボットを生産しているかもしれませんが・・。筆者は選ばれた企業の中では「日清食品」に注目、ペットフードも手掛けています。犬の平均寿命は13年、研究を重ね寿命20年を目指している企業です。ペットを家族のように考えている飼い主にはたまりません。今後、100年先も生き延びる企業は『お客様のほしいものを提供している』ということに尽きるかもしれません。

以下コピー 

100年後も生き残ると思う日本企業は?――コンサルティング事業などを展開するリスクモンスターの調査によると、1位は3年連続で「トヨタ自動車」(36.4%)だった。

【100年後も生き残ると思う日本企業 一覧】

 次いで、2位が「本田技研工業(ホンダ)」(14.2%)、3位が「東日本旅客鉄道(JR東日本)」(13.5%)、4位が「東海旅客鉄道(JR東海)」(12.4%)、5位が「日清食品」(12.3%)、6位が「日産自動車」(11.6%)、7位が「味の素」(11.0%)――と続く。

 業種別にみると、自動車メーカーが3社(トヨタ、ホンダ、日産)、電機メーカーが4社(パナソニック、日立製作所、ソニー、キヤノン)、飲食料品メーカーが6社(日清食品、味の素、キッコーマン、サントリー、キユーピー、明治)と、製造業がトップ20のうち13社を占めた。

 昨年の前回調査と比較すると、上位4社に変化はなく、「日清食品」(20位→5位)、「味の素」(11位→7位)、「キッコーマン」(18位→9位)――などの9社が順位を上げた。一方、「パナソニック」(5位→8位)、「JR西日本」(8位→9位)、「日立製作所」(7位→12位)――などの6社は順位を下げた。

 4月23~24日にネットを使って調査し、20~69歳の男女1000人が回答した。

❷一方大学生1,2年生が就職したい企業は、1位は「地方公務員」(9.0%)だった。 次いで「国家公務員」(6.5%)、「全日本空輸」(3.8%)、「森永乳業」「日本航空」(いずれも3.4%)、「タニタ」「任天堂」「東日本旅客鉄道」(いずれも3.1%)、「講談社」「西日本旅客鉄道」(いずれも2.7%)

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「2050年の日本はGDP成長率が... | トップ | 「人民元安が止まらない」国... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カップヌードル (カップヌードル)
2016-10-23 13:12:38
カップヌードル薄味ないのか!そもそもヌードルで健康食品ないけどできれば塩分控えめで美味しいカップヌードルできませんか!現在あるインスタントヌードルは確実に寿命縮めます。ひと月一個ならよいが毎週三個食べてると健康によくありません。塩分控えめの美味しいヌードル完成お願い致します食品会社さま!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。