『名も無く豊かに元気で面白く』

読んだ本、ニュース、新聞、雑誌の論点整理、備忘録として始めました。浅学非才の身ながら、お役に立てれば幸いです。

まもなくクリントン新大統領が誕生か?『米TIPSファンド、投資家が間もなくインフレになると考え過去最高の資金流入』

2016-11-08 09:25:27 | 日記

いよいよ、明日11月8日は米大統領選挙です。選挙は、東海岸とハワイ州では6時間の時差があるため、投票時間は日本時間(以下同じ)の8日午後8時から9日午後2時までと、長丁場になります。そして、9日午前9時に東海岸の投票が終了し、直後から出口調査の結果が順次出始めます。それらを基に主要メディアがすぐに州ごとの勝敗を判定し、早ければ9日午後1時ごろに各メディアがどちらかの候補に「当確」を出します。そうした大統領選挙激戦の中、米国でインフレ懸念が静かに再発です。iシェアーズ米物価連動国債(TIPS)上場投資信託(ETF)に投資家が殺到しています。大統領選挙で、ウォール街に人気の高いクリントン新大統領が誕生して、株価が更に過熱するとの思惑でしょうか?どちらが勝利するにしても、市場は大きく動きそうです。

以下コピー

 ブラックロックによると、純資産207億ドル(約2兆1600億円)のiシェアーズ米物価連動国債(TIPS)上場投資信託(ETF)に先週、13億4000万ドルの資金が流入し、週間ベースで2003年にこのファンドを設定して以来最高となった。これまでの最高水準の2倍に相当する残高増となった。

 Iシェアーズ米州債券戦略部門責任者、マット・タッカー氏は「一部の投資家が間もなくインフレになると考え、連邦準備制度理事会(FRB)からの新たな利上げシグナルに反応しているのだろう」と語った。 

追加 米大統領選挙、北東部ニューハンプシャー州ディックスビルノッチ村で全米に先駆けて投票が始まった。 同村は、カナダ国境に近い山あいの小さな村で、1960年以来、日付が変わった直後に投開票を行っている。開票した結果、4票を獲得した民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(69)が2票だった共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)を破った。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『「朴大統領は下野❓」支持率... | トップ | 『トランプ大統領誕生❓❓』金... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。