かけだし鬼女の、今が日本の一大事~よければ一緒に凸しよう!~【コチラは旧居です】

政治・経済・歴史オンチのかけだしが包丁とパソコン片手に、目指せ!凸と家事の両立!座右の銘は「国防は台所から」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

禿がヨロコブ「1kwあたり42円」に反撃!再生エネルギーパブコメを出そう!【6/1まで・文例アリ】

2012-05-24 12:58:29 | 凸依頼&文例【望 拡散】
↓日々是後悔 ↓



=====

禿バンクのヨロコビ=日本の損失であることは、みなさま、じゅーじゅーご承知かと存じます。
まずはこちらの記事より。

大規模太陽光、1キロワット時あたり42円 再生可能エネ買い取り価格
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120425/trd12042512100009-n1.htm

経済産業省は25日、再生可能エネルギーによる電力の固定価格買い取り制度が導入される
7月に向け、買い取り条件を有識者で検討する「調達価格等算定委員会」を開き、
メガソーラーなど大規模太陽光発電の買い取り価格(税込み)を1キロワット時あたり
42円とする委員長案をまとめた。

この日の討議では制度導入から3年間は再生可能エネルギー普及のために買い取り価格を
高めに設定することで合意。先行して制度を導入している欧州での買い取り価格や、
再生可能エネルギーごとの事業リスクの大きさも加味して、買い取り価格を決めた。

この結果、非住宅用の太陽光発電での買い取り価格は42円、買い取り期間は20年とされた。
また非住宅用の買い取り価格も42円とされたが、国の補助金制度を考慮すると実質48円となる。
買い取り価格は10年とした。また風力発電では大規模風力で23・10円、
小型風力は57・75円とされた。

経産省は今後、委員長案を元に正式な報告書をまとめ、枝野幸男経産相に提出する。
植田和弘委員長(京都大学大学院教授)は委員会後の会見で、
「再生可能エネルギーを普及させるという法律の趣旨に沿った内容となった」と話した。
2012.4.25 12:09

=====

で、太陽光の買い取り価格42円について妥当かどーか、禿がミスリードしています。

「蹴茶」さまエントリより抜粋転載っ!
孫さんが触れたくない事実 2009年のFITを引用する理由
http://kettya.com/2012/log04269469.htm

孫さんは以下のように語っています。

「(買取価格は)ヨーロッパの平均でも58円だということであります」
「2009年のデータでは」(UStream 46分)


<上の価格ソース>

「これを1日でも早く、国会で正式に通してほしい」


ずるい。ここのくだりが本当にずるい。
FIT価格なんて、各国必ず公表しているのになぜか2009年を引用。

2009年以降、孫さんにとっては触れたくない出来事が起きています。
ソーラーモジュールの価格下落です。

出典: Module Pricing | Solarbuzz

これを受け、ヨーロッパのFIT環境も劇的に変化しています。

※ 屋根:孫さんが提示した価格はこちら。住宅や工場の屋根など。FITは高めに設定。
※ 地上:メガソーラーなど(ソフトバンクの200MW苫小牧メガソーラーなどが該当)

ドイツ
屋根 13.5ct 14.4円 1000kw~10MWまで グラフに手書きしてますが
地上 13.5ct 14.4円 1000kw~10MWまで(4/1にも引き下げられてます)

(元サイトはさらに禿バンクの欺瞞を追及してます。是非ご高覧をっ)

=====

で!で!
もしも高すぎる国民負担の挙句に、再生エネルギーが成果を上げたなかったら??

って怒利府(←ドリフって入れたらこーなった、この際これでもよし)の
もしもシリーズでも許せねえよっ(激怒)

長いけど、読みやすいからほとんど転載いたしますっ!

太陽光買取42円は高過ぎる
―国民負担増のあげく再生可能エネルギーが普及しないおそれ

http://www.gepr.org/ja/contents/20120521-02/

今年7月から実施される「再生可能エネルギー全量買取制度」で、
経済産業省の「調達価格等算定委員会」は太陽光発電の買取価格を「1キロワット(kw)時あたり42円」
という案を出し、6月1日までパブコメが募集される。
これは、最近悪名高くなった電力会社の「総括原価方式」と同様、太陽光の電力事業会社の
利ザヤを保証する制度である。この買取価格が適正であれば問題ないが、
そうとは言えない状況が世界の太陽電池市場で起きている。

【大手太陽電池メーカーの相次ぐ破綻】

ドイツの太陽電池メーカー、Qセルズは今年4月に法的整理を申請する方針を明らかにした。
Qセルズは「太陽光発電大国ドイツ」を象徴する企業で、2005年に株式を上場した後、
2007年には日本のシャープを抜いて世界最大の太陽電池メーカーになった。

しかし、その後、主に中国メーカーの追い上げに苦しみ、2009年にはトップの座を明け渡した。
財務内容も急激に悪化し、株式時価総額は2007年の約80億ユーロをピークに、過去1年間で約93%も減少した。
また、Qセルズ破綻から時を空けずして米カリフォルニア州のソーラー・トラスト・オブ・アメリカも
破産申請を発表。同社は出力100万kwの世界最大級のメガソーラー計画を進めていたが、
資金繰りが続かなくなったことが破綻の原因である。

実は大手太陽電池メーカーの破綻は約半年前から急速に増えている。
昨年8月には、米政府から5億2700万ドルの融資保証を受けていたソリンドラが破綻し、
スペクトラワット、エバーグリーン・ソーラーなども経営に行き詰まり、
BPソーラーは事業縮小を余儀なくされている。
ドイツでもQセルズ以外に、ソロン、ソーラー・ミレニアムなど、まさに破綻の連鎖が起きている。

太陽電池メーカーの連続破綻の背景に何があるのか。太陽電池の急激な値崩れと
世界的な景気低迷によるクリーンエネルギーに対する公的な助成の減少が原因である。

【すさまじい値崩れが続く太陽電池市場】

まず、太陽光パネルのグローバル市場が急速にコモディティ化(成熟)し、
すさまじい価格下落が起きていることが挙げられる。調査会社GTM リサーチによると、
太陽光モジュール(パネルとほぼ同じ意味)の米国における現在の価格は、
過去2年間で何と65%も値下がりしている。
2011年1年間だけだと50%の値下がりである。これでは、メーカーはひとたまりもない。

太陽電池の価格下落は、コスト競争力で勝る中国企業が世界市場を席巻していることが原因だ。
GTMリサーチの調査によると、2010年の世界市場における中国企業のシェアは58.5%に上る
(欧州16.4%、日本10.5%)。2005年には日本のシェアが50%弱で、
日米独のシェア合計が75%を超えていたことを考えると、まさに隔世の感がある。

中国勢はシェアを伸ばしているものの、彼らの実情も厳しい。現在、シェア世界トップの
サンテックパワーの今年第1四半期の売上は前年同期比33.4%のマイナスで、
純利益は9億9260万ドルという巨額の赤字と報道されている。
急激な市場の値崩れはコスト競争力に勝る中国企業でさえ対処できない水準であることが分かる。

途上国で製造した安い太陽光パネルを販売してシェアを伸ばしたパネル販売世界3位の
米国企業ファースト・ソーラーにも買収の噂が浮上する。フランスの石油大手トタルは、
2011年5月に米サンパワーを約13億8000万ドルで買収したが
同様の再編や破産企業の再生がこれから目白押しになるだろう。

【助成の減少と太陽光発電推進への批判】

連続破綻が起きたもうひとつの要因は、クリーンエネルギーに対する公的な助成の減少である。
先進国に共通する景気低迷により政府は補助金や減税を行う余裕がなくなっている。
また、単なる財政状況の悪化以外に、太陽光発電に対する逆風となる事例が起きている。

米国では、主要企業の経営破綻がオバマ政権への責任追及に発展している。
ソリンドラは「グリーン・ニューディール」
(10年間でクリーンエネルギーに1500億ドル投資し、500万人の雇用を創出するという計画)
に基づいて、政府から5億2700万ドルの融資保証を受けた。その保証決定プロセスで、
オバマ政権が行政管理予算局(OMB)に圧力をかけたのではないかと議会で追及されている。

米国の超党派の連邦議員でつくる行政監視・改革委員会は「オバマ政権のグリーンエネルギーの
雇用創出プログラムは雇用一人生み出すのに15万7000ドルもの予算を費やした」などと、
昨年から「グリーンエネルギー失政」と批判キャンペーンを続けており、
その中で太陽光関連産業の支援の見直しの必要性を訴えている。
オバマ大統領は2012年1月の一般教書演説で、再生可能エネルギーの拡大を訴えたが、その前途は多難だ。

ドイツでは、巨額の財政負担や電気料金値上げによる補助が行われてきたにもかかわらず、
太陽光発電は利用率が低く、有効でないという批判が起きている。クリーンエネルギー助成の約
60%が太陽光発電向けに使われているのに、全発電における比率はわずか3%に過ぎない。
助成金がはるかに少ないバイオマスや風力発電の方が太陽光よりずっと比率が高いのである。

さらにドイツでは巨額の負担が問題になっている。ドイツの週刊誌シュピーゲルは
「太陽光発電補助政策の落とし穴」という1月の記事で、太陽光発電のコスト(累計)が
2000年から11年まで1000億ユーロ(10兆円)に達したのに、
それに見合う効果は出ていないという議論がドイツで起こっていることを紹介。
「PV補助政策はドイツ環境政策の歴史で最も高価な誤りになりうる」と指摘した。

さて、太陽電池市場の変化は、今年7月から導入される日本の
「再生可能エネルギー全量買取制度」にどのような影響を与えるだろうか。

【買取価格に太陽電池の値崩れを反映させるべき】

まず、太陽電池の値崩れは太陽光発電のコスト算定に正しく反映されるべきである。
つまり、電力会社が太陽光発電事業者から買取る電力の単価は、太陽電池の値下がりに応じて
下がらなければならない。法律では、買取期間と買取単価は経済産業相が決定することになっているが、
4月23日付日本経済新聞は、経済産業省の委員会は太陽光発電の買取価格を
「1kw時あたり42円」に設定することで調整に入ったと報じている。

問題は、1kw時あたり42円の買取価格が適正かどうかである。結論からいうと、
この水準は高過ぎる。新エネルギー財団によると、現在、住宅用太陽パネルの設置コストの
主な内訳は太陽電池代が66%、付属機器代が19%、設置工事代が8.6%である。
昨年7月に海江田経産相(当時)が出した40円前後の試算がいつのデータを基にしているか不明だが、
太陽電池代は昨年から50%も値下がりしているのである。メガソーラーであれば、
大量購入によって住宅用よりさらに安い単価で仕入れることができるし、
付属機器や設置工事のコスト比率も当然下がる。1kwあたり20円台の試算も可能である。

参考のため、ドイツの太陽光発電システム価格(太陽電池、付属機器、設置工事を含んだ価格)も
大きく値下がりしていることを付言する。100kw以下・屋上設置のシステム価格は、
過去1年で約23%も値下がりし、3年前と比べると約50%の値下がりである。
また、フィードイン・タリフ(FIT:電力会社が発電事業者や家庭からクリーンエネルギーを買取る制度)の
買取価格を見ても、1000kw以上、屋上設置の場合、3年間で51%も引き下げられている
(いずれもドイツ太陽エネルギー産業会による)。

日本で昨年8月に成立した法律を見ると
「買取期間・価格は施行3年後に見直し」「当初3年間は発電事業者の利潤に特に配慮する」
と書かれている。何やら気になる条文である。発電事業者(メガソーラーなどを設置する企業)が
過剰な利益を得ることにはならないか。買取価格の決定にはかなりの透明性が要求される。

この点が軽視されると、太陽光バブルを作って、財政を悪化させるだけになりかねない。
また、これだけ太陽電池市場が激変しているので、3年間ではなく、もっと短期間での
柔軟な条件変更が必要である。最近のドイツのFITは3カ月から半年で条件改訂が行われている。

【全量買取制度はもはや時代遅れか】

ドイツを見ると、FIT(日本の全量買取制度もこの一種)は今や存在意義がなくなりつつあることが分かる。
ドイツがFITを推進した2000年代前半は太陽電池の価格も今よりはるかに高く、
FITが整備されていないと、クリーンエネルギーなど普及しようがなかった。
ところが、今は全く状況が違う。全量買取制度は急速に時代遅れになりつつあるのかもしれない。

稼働率(効率性)が低い太陽光発電は推進するべきでないと評価されているのである。
これに対して、風力と水力の効率性は各々、太陽光の5倍、6倍と指摘されている。
ただ、日本の全量買取制度は確実に、太陽光に助成金を集中させる。
それではドイツの失敗から何も学んでいないことになる。

最後に付け加えると、太陽光発電のコストが下がって、FITなどの優遇策なしで普及する状態を
「グリッドパリティ」というが、現状がそうなっているかどうかの判断には、
原子力・火力の発電コストが影響する。

「太陽光発電コスト≦原子力・火力発電コスト」になれば、グリッドパリティ達成だが、
この等式には太陽電池の価格以外に、原油・天然ガス価格、原子炉廃炉費用などが複雑に絡む。
この点からも、全量買取制度は柔軟に運用されなければならないのだ。

尾崎 弘之
東京工科大学大学院ビジネススクール教授
=====

おつかれさまっす!長かったけど、太陽光42円についての不当性が沸いてきたかと。
パブコメ書くに、参考にもなったっ!!!!!!

繰り返しますが、

禿バンクのヨロコビ=日本の損失!!!!!!!

またも立証されようとしています。許すべからずっ!
許せないっ!息巻くそこのアナタっ!パブコメですっ!パブコメの時間ですっ!!!

かけだしの文例も3パターン用意したっ!煮るなり焼くなり好きにして頂戴っ!

*提出先*
電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法
の施行に向けた主要論点に対する意見募集について

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620112023&Mode=0

所管府省・部局名等 資源エネルギー庁新エネルギー対策課
意見・情報受付開始日 2012年05月16日 締切日 2012年06月01日

送信フォーム(200字以内)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620112023&Mode=0
200字以上で送りたい場合
件名に「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法
の施行に向けた主要論点に対する意見募集について」と入れて
メールアドレス:qqmcbe@meti.go.jp


凸凸凸 文例1 凸凸凸

大規模太陽光発電の買い取り価格1kw時あたり42円は高すぎる上
「買取期間・価格は施行3年後に見直し」では時代の変化に対応していません。
太陽電池の値崩れを反映させるべきです。2009年以来価格は大幅に下落、
ヨーロッパの環境も変化しています。
全量買取制度に似たFITは崩壊し時代遅れになりつつあります。
このままでは事業者が過剰な利益を得ることになります。
妥当価格と短いスパンでの見直しを求めます。
(文字間、改行ツメれば、200文字ですっ)

凸凸凸 文例2 凸凸凸

ドイツを見ると、日本の全量買取制度に似たFITの存在意義はもはや崩壊、
制度自体が急速に時代遅れです。風力と水力の効率性は各々、太陽光の5倍、6倍と
指摘されており、稼働率が低い太陽光発電は推進するべきでないとまで評価されているのに、
日本の全量買取制度は確実に、太陽光に助成金を集中させています。
世界的に急速に値崩れ中の太陽光の買い取り価格1kwあたり42円が不当に高いことを指摘し、
見直しを求めます。
(文字間、改行ツメれば、200文字ですっ)

凸凸凸 文例3 凸凸凸

世界の太陽電池市場では大幅な値崩れ、事業者の相次ぐ破綻が発生、
ドイツでは、巨額の財政負担や電気料金値上げにもかかわらず、
太陽光は利用率が低く、有効でないという批判が起こってます。
「再生可能エネルギー全量買取制度」が電力会社の「総括原価方式」同様、
電力事業会社の利ザヤを保証する制度にならぬよう、高すぎる太陽光1KWあたり42円を見直し、
適正な買取価格と、短いスパンでの見直しを求めます。
(200文字以内!)

人気ブログランキングへ
かけだし鬼女のツイッター【@migigimi】←みぎぎみ
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有事の際は下朝鮮人8万人が... | トップ | 河本「外国人・高所得者不正... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文例1 (KT)
2012-05-24 13:37:22
文例1で電凸しました!ニコンもうまくいったし、みんなで日本を動かさないと!ホワイトハウスの署名が心配。。。
こいつ最悪ですよ。 (うろ)
2012-05-24 13:56:29
はっきり言ってこれは馬鹿直人と孫禿の結託事業で、完全に助成金プラス、東日本を使った悪質な詐欺です。

孫禿は太陽光パネルは日本の企業の製品を使用するって言って、韓国企業のを採用。

被災地に100億も今だ一銭も入れてない。
理由、分割にして支払うとか何とかいってる。

馬鹿直人は日本人から金さえ取れれば、チョンの言う事をなんでもする。

鳩が日本の信用をなくし
馬鹿直人が日本を売り
野ブタが搾取戦略を実行する。

政界引退後、半島移住し悠々自適の生活。
だが支那から攻撃がきて必死の訴え。
「自分は貢献した元総理です!!」
「知らん」の一言で殺されて終了。

その前に被災地の方に刺されるかも。

このままだと本当に自分の心が荒むのでいい加減にして欲しい!!
ソフトバンクグループのセールスはしつこい (アイアイのアイ)
2012-05-24 14:02:12
 ソフトバンクのグループ会社と思しきところから、よくアイフォンやらね?みたいな電話が来るのですが、ウチの方あまり、電波がソフトバンクのは入らないから断ってるんですよ。それでもよく電話来ます。しつこい。電話セールスのほうに資本をさくなら、電波状況の改善に資本をさきたまえ!と言いたいです。

 あと、ヤフーが数年前、ヤフーBBでネットやりだしたころ、光の前のISDN?だっけ?
 とにかくウチのあたりは基地局から遠いからまだ遅かったから、ケーブルでネットやってたのに、それでも直接セールスきましたね。ルーターを置いて行こうとしたから、激怒して追い返しましたが。それでもめげず近所でセールスしてた。速度が遅いのにあんなにしつこくセールスしてるなんて企業倫理としてどうよ?って思いましたよ。

 それと、日本テレコムって多分禿バンク系列で、今は会社名変わったかな?ヒカリ電話やらね?みたいなしつこいセールス来ましたね。

 ともかくこの会社とグループ企業は相当しつこいセールスやってる会社だと思います。
はじめまして。 (コロリン)
2012-05-24 14:49:14
突然の書き込み失礼します。

他の保守ブログで見つけましたので、拡散して頂ければ有難いです。
私も、本日電話しました。(護国神社の方に直接)

県民の方からの韓国語を教えて欲しいという依頼(ユーユーウオークという団体の中?から。)と、護国神社で結婚式をされた人からの依頼があり、今回のことが決定したと話されてました。 私のように電話抗議した方もおられるようです。
まだ人が集まってないようなので、「上の者と相談します」ということですので、抗議電話を宜しくお願い致します。



護国神社で
日本人高齢者相手に韓国人が韓国語講座って
なんかおかしくないですか?
神社の人って反日韓国人の実態をしらないのかな?
捏造で日本の英霊を汚し続けている韓国人をですよ。
情弱日本人高齢者を相手に何か企んでいるのでは?
そして神社を使用することでそのうち乗っ取るのでは?
抗議の電話お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

体験旅行型 語学教室が始まります
第一期韓国語生徒、60歳以上の方を20名募集します。※体験会には年齢制限はありません。
無料体験会 5月22日(火)、29日(火)の二日間午後一時より護国神社にて。
気さくでハンサム?な二人の講師ハンさんペーさんと楽しく学びましょう!
くわしくは 電話0120-525-282 ユーユーウオーク:田吹さんまで。

大分県護国神社
TEL:097-558-3096
http://www.oita-gokoku.jp/
既出かもですが (川崎の危機)
2012-05-24 15:17:31
正義を騙るハゲチャビンはソフトバンクごと半島に投棄するとして…以下はエントリ違いだし、既に触れてる話かも知れませんが、川崎の話だけに気になって;
《川崎市役所の生活保護課に勤務する在日職員が「自分をケースワーカーにしろ」と要求。(ケースワーカーは保護金与える決定権を持つ) 更にこの在日職員は「自分は在日韓国人の為に働く」と言ってる。 ちなみに、自民党時代は在日職員を生活保護課に入れるのを阻んでたが、民主党政権になってから在日職員が生活保護課で活躍出来る様になった。》
詳しくは、ブログ〈正しい歴史認識〉様の22日付けのエントリー(後半部分)を御覧あれ。 在日天国は川崎だけではありません。 ワレラ日本人の税金はアカと在日に食い荒らされてます。  働かずに国民から搾取して食ってるから「赤い貴族」だの「在日特権階級」だのって言われてるわけですからね!
Unknown (sabang)
2012-05-24 16:09:26
はい、文例1で電凸しました。

太陽光には反対してる訳ではありませんが
何故に禿げバンが参入するの?
チョン繋がりで空き缶と利権の談合か!

寄付金は支払ってないし、天災に乗じて儲けようなどと
品性のない奴です。
またもにやろうとしてる事業者が迷惑しますよ。

早く半島に帰れよ!
お疲れ様です。 (かつ)
2012-05-24 17:50:30
貴重な情報ありがとうございます。
いちいち反日的ですね、このSBのションベン禿げは。ボッタクリ根性丸出しです。
確かこのガキは、震災後朝鮮半島に行って、日本は犯罪者になった とかヌかしてませんでしたか?おまけに朝鮮の原発は安全だとか、ポン中みたいな事もほざいていたと思うんですが。こんな外道は日本に住ませてちゃいけませんね。私達日本人は許しませんよ。
日本から支那朝鮮臭を消したい! (タジタジ)
2012-05-24 17:50:57
お疲れまさです。早速「文例2」を多少加工して凸致しました。

それにしても政治家・経団連系企業・省庁官僚・マスゴミと、現状日本は支那朝鮮臭の悪臭が酷いですね。

可能な限り早期に民主政権を潰し、真の新政権を誕生させ、現憲法破棄に向けて運動を広げていきましょう。
チャンネル桜のサクラジという番組にゲスト出演された、すぎやまこういち先生が番組ラストで発言されていた「選挙では、どのような国家観をもっているかで投票する人を選ぶと好いんじゃないですか」との言葉に賛同したいと思います。
訂正 (タジタジ)
2012-05-24 18:10:19
「真の新政権」-->「真の保守新政権」

謹んで訂正致します。
Unknown (かけだし)
2012-05-24 20:09:42
KTさま
凸お疲れ様ですっ!ホワイトハウス署名のびてませんね…確かに心配…

うろさま
100億の件、ワタシの周りは寄付済みだとみんな思ってます。ちゃんとまだだと教えておきましたが(激怒)詐欺禿は半島へカエレ!

アイアイのアイさま
禿バンクは電波状況よりもCMと販促にカネかけてます。で通じません(覚醒前に乗り換えてしまいました、号泣:夏に解約します)

コロリンさま
拡散了解しました。凸もお疲れ様です。

川崎の危機さま
くだんのクソ在日公務員の件は確かエントリしたはず…と検索したら見つからない(汗)川崎市にも凸し、回答がきました。確かその在日職員は交通課かどっかにいるとの回答だったかと。ケースワーカーなんて言語道断とは釘を刺しておきました。それにしてもあのエントリ、どこにあるんだろ??

sabangさま
禿は震災詐欺ですよね(激怒)いい人ぶって反原発唱えて、そのくせ半島では原発推進(激怒)おもいどーりにさせるかっ!

かつさま
「日本人は犯罪者になった」あれはもう怒髪天を衝く!何度思い返しても腸が煮えくり返ります(激怒)

タジタジさま
凸お疲れ様ですっ!保守政権熱望!占領国憲法撤廃!ちょっとずつでも実現に向け、頑張りましょうっ!
ドイツは間違った; 全量固定価格買取制度(フィード・イン・タリフ)は正反対の結果 (Mickey)
2012-05-25 04:49:32
2010.3.28 小野章政

ドイツ政府は2000年から再生可能エネルギーの全量固定価格買取制度(フィード・イン・タリフ)を施行してきたが、10年近い経験を積んだ現在、消費者に莫大な長期負債を残すとともに、その目指す目標がほとんど果たされていないむしろ正反対の結果となっていることがドイツのルール大学など3大学で構成される経済研究シンクタンク(RWI)の調査研究で明らかになった。
・・・・・・

結論

フィード・イン・タリフを通じて再生可能エネルギーを推進するドイツのやり方は高コストをもたらし、炭酸ガスの効率的削減、雇用増大、エネルギー安全保障、技術イノベーションなどの目指すものは何も得られない結果となっている。

政府の役割としては研究開発(R&D)で民間を援助すべきであろう。競争力を持たない揺籃期の技術については、大規模な生産を推進するよりも研究開発に投資する方がコスト効率は高い。特に太陽光発電について言えることである。

http://www.engy-sqr.com/watashinoiken/iken_htm/feed_in_tarif_ono100328.pdf
Unknown (こにゃ )
2012-05-25 18:51:52
SBは責任者出さないんだよね。
すぐ壊れるし、安い訳があると知ってから二度と使わないことにした。
そのときの個人情報が心配…
Unknown (孫正義の野望)
2012-06-01 00:29:27
意見提出しました! 思ったより簡単ですね。野望を打ち砕こう!
Unknown (Unknown)
2012-07-01 19:37:58
くっそ、売国奴禿げのせいで全量買取が今日から始まった
Unknown ( )
2013-05-04 20:59:39
丸紅、太陽光発電用モジュールを韓国・ハンファから購入 総額426億円 シャープ・パナ「……」
http://www.logsoku.com/r/news/1343996716/

>ハンファグループは震災後、鳩山由紀夫元首相の支援要請に応じて太陽光発電システムなど
10億ウォン相当の支援を実施。これを機に金升淵(キム・スンヨン)グループ会長が日本を訪れ、
野田佳彦首相や丸紅の朝田照男社長と面会し、太陽光発電事業での提携を協議した。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。