かけだし鬼女の、今が日本の一大事~よければ一緒に凸しよう!~【コチラは旧居です】

政治・経済・歴史オンチのかけだしが包丁とパソコン片手に、目指せ!凸と家事の両立!座右の銘は「国防は台所から」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小和田家の謎・雅子妃の闇 Part.2 ~父・小和田恒氏から日本政府の自虐史は始まった~

2012-07-27 12:32:04 | 反日本勢力に激怒の日々
↓ かけだしを応援いただき、ありがとうございますっ!↓



=====

小和田恆(おわだ ひさし、1932年(昭和7年)9月18日 - )
日本の元外交官。外務事務次官、国連大使、財団法人日本国際問題研究所理事長等を歴任し、
2012年2月現在、国際司法裁判所判事。元国際司法裁判所所長(第22代)。
皇太子徳仁親王妃雅子の実父。

雅子妃・徳仁皇太子・愛子内親王の現状は”第二の女系天皇問題
[goo支局]平成の東宮家は皇室の民主党
さまより抜粋転載&リンク切れ部分は一部補足でご紹介っすっ!
http://blog.goo.ne.jp/bluefox-hispeed/e/51f83af8cc98b71d0c747f361e9d502d

皆様は,小和田恒という人物をご存知だろう。雅子皇太子妃殿下の実父である。
愛子内親王殿下の外祖父でもある。皇太子殿下の義父である。
この小和田恒がどのような人物かご存知な方は意外に少ないのではないだろうか? 
皇太子妃殿下の実父だからさぞ日本を思う心に溢れている、と思っている方も少なくないのではないか?
「雅子さま」で思考停止してしまう人が保守派にも少なくないのが実情だし・・・。
とんでもない!
小和田恒とは保守派にとっては到底許しがたい反日・売国官僚である.
福田康夫,山崎拓,加藤紘一らと同類なのだ。以下にそれを列記したい。

1.A級戦犯を戦争犯罪人と“断罪”女系天皇実現にも関与の疑い.

昭和60年11月8日(火)第103回国会 衆議院外務委員会での
小和田恒の発言に「平和に対する罪」という言が再三・・・
(かけだし注:この発言は次の引用に詳細が)
*小和田恒は土井たか子とともに「A級戦犯」を「断罪」した超一級の売国奴*

2.「日本ハンディキャップ論」
これは,日本は昔悪いことをしたのだから自己主張をしてはいけない・
「日本の外交は、東京裁判を背負っているハンディキャップ外交である」と答弁

3.福田康夫との蜜月
ご参考「特亜を斬る」様 福田「総理」でおこる女帝論争
http://killkorea.iza.ne.jp/blog/entry/301254
女系天皇容認派の「有識者」を集めて、都合の良い答申を出させたのが福田官房長官であった
小和田恒が外務大臣だった福田赳夫の秘書をしていた時からの繋がり・・・
子供の頃から雅子さんを皇室へと言っていた福田赳夫・・・
福田キャンペーンの後押しで皇室入り(その実体はマスゴミ発表とは全く違う)

4.第8回日韓フォーラムへの参加者に小和田恒の氏名がしっかり出ていました
http://www.jcie.or.jp/japan/gt/n00/8thkjf.html
売国奴・加藤紘一や朝日新聞の極左コラムニスト・若宮の名も

5.創価学会が小和田恒に送った「池田大作特別待遇要請書」
この件は第134回国会 宗教法人等に関する特別委員会 第3号でも追求されている
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/134/1177/13411271177003c.html

創価学会の事務総長原田稔さんから当時の外務省官房長の小和田恒さんあてに
「本年一月末より二月中旬にかけて、創価学会インタナショナル一SGI会長・池田大作
(創価学会名誉会長)一行が教育・文化交流のため、香港並びにアセアン三ケ国を訪問する予定です。
何卒宜しくお願い申しあげます」ということで、池田大作会長・創価学会名誉会長、池田同夫人、
池田同子息、創価学会副青年部長。これは、家族ぐるみで訪問をするから、外務省の官房長に
よろしく頼むと言っているんですね。これに対してどう対応なさったか。
通常の言葉でいわば便宜供与の依頼だと思うんですけれども、どんな便宜をお与えになったのか、
ちょっとその対応ぶりについてお教えをいただきたいと思います。
○国務大臣(河野洋平君) 
何分古いものでございますから正確にはお答えができませんが、一般的なことを申し上げれば、
外務省の出先機関は旅館の手配をするとか送り迎えのためにそうした人員が
配置してあるわけではないということだけは申し上げていいと思います。
○関根則之君 
一般的にそのために置いているんではないということだけれども、
実際やっている場合があるんです、外務省は。我々もお世話になることはあるんです。
しかし、これは大体公務ですから一向に差し支えないと思います。
実際どうだったかというのは行っている人はわかっているんですから。
実は重大なのは、憲法二十条第三項、これは国の方から宗教的活動をしてはならないという規定。
その裏腹の問題として、憲法八十九条に
「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため
これを支出し、又はその利用に供してはならない」こういう条文があります。
在外公館の財産、お金を出したということはないかもしれませんけれども、
財産なり自動車という動産が使われたとなりますと、これは直接憲法問題にもかかわるんですよ。
政教分離という物の考え方のもとに、公金は宗教団体のために使っちゃいけない、
公の財産を使ってもだめよということがきちっと書いてある、我々の憲法に。
その憲法にも抵触する可能性があるわけですので、参考人としてお話を伺いたい

6.竹島に関連して
「自国の領土ならわざわざ国際司法裁判所に持ち込む必要はないでしょう」
小和田恒氏は竹島問題でも韓国の肩を持っているらしいですね.

上記のことと小和田恒氏のことが無関係と言えるでしょうか?いや,それだけではないのかも…

小和田恒は保守派のそして日本国の敵です。何故そんな家から次期皇后が…
仮にチッソの孫でなかったとしても,こんな売国官僚の家から伴侶をと望んだ皇太子殿下の罪は重大である

=====

…ものすごいS価贔屓、そして自虐史で日本の国益を貶めてらっしゃる方じゃございませんか(激怒)
そして下朝鮮とも相思相愛のご様子。雅子妃の父親じゃなかったとしても、
かけだしがこのブログで「小和田恒」氏を売国奴としてエントリしてもまったく可笑しくない!
そんな方じゃございませんか!

上記の転載の
「1.A級戦犯を戦争犯罪人と“断罪” 」の件を
日本政府の自虐謝罪史に当てはめると、ほんとーに、とんでもないことだった!

↓ コレが一番トサカに来た件っ(激怒) ↓

「日本世論の会 愛知県支部」さまより抜粋転載
「村山談話が発端ではない」


戦前の日本がアジア諸国への侵略や植民地支配を行ったという見解を公式に認めたのは
村山談話や不戦決議が初めてのことではない。その顕著な例は昭和六十年十一月八日、
衆議院外務委員会での小和田恆外務省条約局長(当時)の答弁である。

これは社会党土井たか子議員から東京裁判(極東国際軍事裁判)の訴因とされた
「平和に対する罪」とサンフランシスコ条約(日本国との平和条約)
第十一条の解釈を問われた小和田局長は次のように答弁している。

「極東軍事裁判の評価については学問的にはいろいろな意見がございますけれども、
国と国との関係におきましては日本国政府といたしましては極東軍事裁判を受諾しているわけでございます。
その裁判の過程におきまして「平和に対する罪」ということが起訴理由になっておりまして、
その訴因の第二十七で、被告が中華民国に対し侵略戦争並びに国際法、条約、協定及び保証に
違反する戦争を行ったということが挙げられておりまして、御承知のような判決が出ているわけでございますので、
そういうものとして政府は受けとめておるということでございます」

小和田局長の見解とは日本国はポツダム宣言を受諾する際に「一切の戦争犯罪人を処罰すること」に同意した。

前後関係が逆になるが、ポツダム宣言を具体的に実施するために平和に対する罪が決められた。
平和に対する罪とは「中華民国に対し侵略戦争並びに国際法、条約、協定及び保証に違反する戦争を行ったということ」
と定義された。そして、この平和に対する罪という訴因で裁かれることになった経緯からその結果に至る一切を
講和条約十一条で受諾した?というのである。

こうした見解はそれ以前から存在したのか。
否である。

小和田恆がこのような解釈をとるまで日本政府はまったく逆の見解でいたのである。
昭和二十六年、講和条約を批准する国会審議の経過を見れば分かる。当時の議事録を見よう。
衆議院・平和条約特別委員会では小和田氏の大先輩である西村熊雄条約局長(当時)が
次のように答弁している。
「(平和条約)第十一條は、戦犯に関する規定であります。戦犯に関しましては、
平和條約に特別の規定を置かない限り、平和條約の効力発生と同時に、戦犯に対する判決は将来に向つて効力を失い、
裁判がまだ終つていない場合は釈放しなければならないというのが国際法の原則であります。
従つて、十一條はそういう当然の結果にならないために置かれたものでございまして、
第一段におきまして、日本は極東軍事裁判所の判決その他各連合国の軍事裁判所によつてなした裁判を
承諾いたすということになつております」と極めて明確である。
また、十一月十四日の衆院法務委員会では、佐瀬昌三議員の
「戦争犯罪というものは、今回の講和條約の調印によつて、全部終了したものであるかどうか、
なお逮捕とか或いは裁判とかいうような問題が残されておるかどうか、
打切りになつたのであるかどうかという点を、あらかじめ承知いたしておきたい」との質問に対して、
大橋武夫法務総裁(現在の法務大臣)は
「戦争犯罪という問題は、わが国といたしましては、ポツダム宣言の受諾によつて引起つて来た問題である、
こう考えておるわけでございます。今回の講和條約の締結によりまして、当然ポツダム宣言というものは、
関係国の間で効力を失うものと存じまするので、今後調印国の間におきましては、
戦争犯罪という問題は発生の余地がないものと心得ております」と答えている。更に大橋大臣は
「第十一條におきましては、これらの裁判につきまして、日本国政府といたしましては、
その裁判の効果というものを受諾する。この裁判がある事実に対してある効果を定め、
その法律効果というものについては、これは確定のものとして受入れるという意味であると考えるわけであります」
と答弁している。
以上で明らかなように講和条約に調印、批准したときの日本政府は、本来の国際法では
平和條約の効力発生と同時に戦犯に対する判決は将来に向つて効力を失うのが原則であり、
今回の講和條約の締結によって、今後は戦争犯罪という問題は発生の余地がない。
また日本は講和条約の第十一条によって極東裁判を受諾したのではなくて、
その裁判の効果(注:判決)というものを受諾するとの解釈でいたのである。

それから三十四年後、小和田恆氏はそれまでの政府見解を弊履の如くうち捨てて、
日本はアジア諸国を侵略した。先の大戦が国際法、条約、協定などに違反する戦争であったという
裁判の訴因をも受諾したものと解釈を変更したのである。この国会答弁を機にして、
政治家、マスコミ、知識人たちは錦の御旗を得たとばかりに自虐史観を募らせることになる。

小和田解釈の翌年八月十五日に中曽根首相(当時)は中国の胡耀邦総書記に書簡を送ることになる。

「戦後四十年たったとはいえ不幸な歴史の傷痕はいまなお、アジア近隣諸国民の心中深く残されており、
侵略戦争の責任を持つ特定の指導者が祀られている靖国神社に公式参拝することにより、
貴国をはじめとするアジア近隣諸国の国民感情を結果的に傷つけることは、避けなければならないと考え、
今年は靖国神社の公式参拝を行わないという高度の政治決断を致しました。
二四六万に及ぶ一般の戦死者の遺族は、極少数の特定の侵略戦争の指導者、責任者が、
死者に罪なしという日本人独自の生死観により神社の独自の判断により祀られたが故に、
日本の内閣総理大臣の公式参拝が否定される事には、深刻な悲しみと不満を持っているものであります」

一国の首相が他国の最高指導者に宛てて斯くも卑屈な態度を呈するというのは、
どのように解釈しても国民の常識を超えている。当然この書簡に書かれたことは更に二十年後、
中国によって持ち出されることになる。王毅駐日大使が
首相、外相、官房長官は靖国神社に参拝しないとの「紳士協定」が中曽根内閣時代にできたと公言する。

当の中曽根氏は「事実に全く反する。大使の記憶違いじゃないか」と否定、中国大使館に
「事実無根だ」と抗議したというが、中国からみれば、紳士協定ができたとの認識は当然であろう。
一国のトップが一国のトップに書簡を送り、公式参拝を行わない高度の政治決断をしたと明言したのだから。
生粋の日本人である筆者であっても、そう解釈をせざるを得ないのだ。
さて、わが国に自虐的で卑屈な風潮が蔓延る原因は村山談話や不戦決議などではなく、
昭和六十年の小和田恆外務省条約局長(当時)の答弁にすべてが発しているのである。
元々火のないところに火を付けたのが小和田氏であり、そこに油を注いだのが中曽根氏なのである。

私たち日本人はこのことを永久に記憶に留めて置かなければならないのだ。
小和田氏も中曽根氏も自己の属する国家に唾を吐きかけ、先輩に唾を吐きかけることで国の内外に高い名声を誇っている。
小和田氏は国際司法裁判所所長であり、中曽根氏は大勲位である。かたや田母神氏のように
「日本人は誇りを!」と述べた人間は有無を言わせずに、名誉を剥奪され、公職を追われる破目になる。嗚呼。
2009-04-10

=====

>小和田恆がこのような解釈をとるまで日本政府はまったく逆の見解でいたのである。

をいをいをいをい(激怒であたまクラクラ~)
小和田恆の見解が自虐史大好きな左巻きのココロを捉え、靖国参拝問題で支那を喜ばせ、
やがて河野談話にも繋がって行った!

超一級、否、特級の(←かけだし認定)BKDじゃんよ(激怒)

日本を売るの、大好きなのね!日本売るついでに、ご皇室ゆかりの品物も売っちゃえ売っちゃえ!

とばかりに、 ↓ 小和田家がご皇室ゆかりの品物をヤフオク出品した疑惑(呆&激怒)↓

「日本が好きなだけなんだよ」様より抜粋転載
皇室ゆかりの品物がヤフーオークションに大量流出した事件とは?
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-300.html



参考サイト 
ドス子の事件簿wiki
http://wiki.livedoor.jp/dosukono/d/%A5%C8%A5%D7%A5%AB%A5%D7%B5%DC%C5%C2#content_2

皇室ゆかりの品ヤフオク大量流出事件

2008年の3月頃からtopukapu9denとkikueisya2008という2つのヤフーIDを使い、
皇室ゆかりの歴史的にも貴重な品物がヤフーオークションにかけられ、何者かに売りさばかれていた事件。
東宮家が東宮御所改築のために仮御所に引越した9月から出品される品物が大量に増え、
10月に2ちゃんねるで有志が問題を指摘し、全容が明らかになるにつれ大騒動になり、
2ちゃんねる恒例の祭りに発展した。その後、週刊新潮(2008年11月13日号)にも騒動が取り上げられた。

オークションに出品された皇室の宝物の数々

昭和天皇の使用された御冠やエチオピア帝国の最高位の勲章等、本来、博物館行きも憚られる品々が、その歴史的価値からすれば呆れるような廉価で出品されている。



出品物は本物なのか?

週刊新潮 2008年11月13日号の記事より
ではいったいこれらの“宝物”は果たして本物なのだろうか。「ええ、確かに紛れもないホンモノでしたよ」
と証言するのは実際に件の“トプカプ宮殿”から何度か購入したことのある60代の男性である。
「私はボンボニエールに興味があって、以前からオークションも定期的にチェックをしていました。
最初に私がトプカプの存在に気がついたのは、去年の12月頃でしたね」
「ある日突然まとまった数のボンボニエールが出品されていたんです。その時の出品者のは違った名前でしたが、
今年1月末、まったく同じ品がトプカプの名前で出品され、以来そのまま。数が少なく希少価値が高いものはもちろん、
昭和から最近のものまで幅広く扱っており、それを継続的に出品しています。しかも説明文をよむと商品に詳しく、
造詣もかなり深い。皇室の品に長くかかわり、自然と知識を吸収できる環境にいた人だという印象を持ちました。
それで何度か落札しましたが少なくともボンボニエールに関してはホンモノだったのです」
さらに、これまた実際に落札した人物の知人で、美術品に詳しい研究者もこういう。
「天皇家や東宮家などの慶事は、臨席できる人数も限られているため、流出することは滅多にない。
が旧東宮家などのものは案外、流出品が多い。そもそもボンボニエールにしろ着物などにしろ、
贋作を作っても採算が合わないはず。
落札の実績からしても、トプカプの品はほぼすべてホンモノだといえるでしょう」
となるとこのトプカプなる出品者は何者なのか。
その点について両氏ともトプカプと会ったことも話したこともないのだが、貴重な情報を得ていた。
「一度メールで質問したことがあるんです、すると“私、実家がこういう品と関係していてそれを処分しているだけ。
別に業者や収集家から商売として仕入れているわけではないと返信がありました」
しかし研究者の質問に対しては「都内で骨董商をやっていると返信してきました」と、全く異なる回答をしているのだ。

その上、実際に両氏宛に品物を送ってきた際の住所は都内新宿区内の番地だったが、
その住所を確認してみたものの、番地が存在しない架空の住所だった…。奇妙な点はまだある。
10月に入った頃同じヤフオク上で今度は「kikueisya2008」なる出品者が確認されているのだが
ここにトプカプと全く同じ品が、しかも格安で出品されているのだ。
実を言えば、トプカプ、キクエイ両方とも、10月31日未明から午前8時頃までの間に、
突如として全ての出品を取り消し、登録IDそのものまで完全に抹消してしまったのだ。
その時点で出品されていた35点は、結局全く落札されず仕舞い。
しかも、この両者、落札品の発送履歴から同一人物であることも判明した。

出品物から得られる重要な手掛かり
今回の騒動で出品されたものは、皇室に伝わる宝物や昭和天皇の遺品、断絶した宮家の遺品、
皇室の記念品、贈答品、下賜品などが主だが、事件解明の鍵を握る出品物も存在している。

ヤフオク出品物の中のひとつ「象牙御紋付金蒔絵御扇子」


本物であると仮定した場合
【来歴・由来】
※1869年(明治2年)8月25日の太政官布告第802号により最初の所有者特定
昭憲皇太后(明治天皇の皇后)

    ↓皇后から宮家女王へ おそらく結婚祝

有栖川宮實枝子女王(※※有栖川宮威仁親王第二女王)公爵徳川慶久と結婚:1908年(明治41年)11月8日

    ↓母から娘へ おそらく結婚祝

高松宮親王妃喜久子(公爵徳川慶久次女)宣仁親王と結婚:1930年(昭和5年)2月4日

    ↓結婚祝(皇室番組で映像付きで紹介された)

皇太子徳仁親王妃雅子(小和田恒長女)徳仁親王と結婚:1993年(平成5年)6月9日

    ↓いきさつ不明

東京在住の出品者(ID: topukapu9den削除済み11/1)←現時点では正体不明

    ↓換金目的

ネットのヤフーオークション

    ↓10/31以降ネット掲示板で話題に

11/1削除以降「象牙御紋付金蒔絵御扇子」の行方は?
(皇太子妃にお尋ねすれば御扇子の真贋問題も所在確認も一挙解決)

ここで重要なのは「象牙御紋付金蒔絵御扇子」がこの世に二つとない貴重な扇子であり、
現時点では完全に雅子妃の私物であるという点だ。盗まれたのでなければ、
雅子妃の承諾なしにヤフーオークションに出品されることなど、どう考えてもありえないのである。
当然のことだが、東宮御所が窃盗や強盗の被害にあったという事実は一切確認されていない。

小和田家の関係者が関与か?週刊新潮 2008年11月13日号の記事より

「何と、一連の品々の流出に、雅子妃の実家である小和田家が関与しているかのような書き込みが相次いだのです。
根拠はトプカプの出品物にボンボニエール以外の貴重な品々が増えたのがちょうど8月、
東宮御所改修のため東宮ご一家が赤坂東邸に引っ越された時期に重なっているのがひとつ。さらに、
以前から雅子妃のお母様がたびたび東宮御所に出入りされていると報じられたことがあることも憶測を読んだみたい」
(ネットに詳しい記者)
いくら飛ばしが多いネット上の事とは言え、ここまで事実無根の中傷が飛び交ったのも、
要はトプカプなる人物が最後まで正体不明のまま、忽然と姿を消してしまったからなのだ。
さて、ならば宮内庁はどう言うか。総務課報道室に聞くと、回答を準備していますといいながら、
結局、最後はいつの間にやら担当者が不在になり、回答を拒否。
既に騒動は承知していたようで、よほど対応に大わらわだったのか。
前述した「象牙御紋付金蒔絵御扇子」の他に、直筆のサインの入った皇太子夫妻のポートレートも出品されているので、
少なくと皇太子夫妻は出品者と面識がなくては不自然である。週刊新潮の記事は、思わぬ反響や圧力を恐れてか、
最後にお茶を濁してしまっているが、今回の騒動には皇太子夫妻と小和田家が深く関わっている可能性が高いように思われる。
信頼出来る骨董商を通してではなく、安易なヤフーオークションという手段で換金を急ぐなど不審な点も多い。

=====

>ここで重要なのは「象牙御紋付金蒔絵御扇子」がこの世に二つとない貴重な扇子であり、
>現時点では完全に雅子妃の私物であるという点

>直筆のサインの入った皇太子夫妻のポートレートも出品されているので、
>少なくと皇太子夫妻は出品者と面識がなくては不自然

結局宮内庁より回答がないまま時間が過ぎてしまったよーだが、雅子妃の私物の扇子を含む
ご皇室ゆかりの品が短期間に大量出品されたこの事件、宮内庁の威信にかけても解明すべきだったのに
それが有耶無耶になったってことは…公表できない方が関与していたからではないのでしょーか。

疑惑どーり、小和田家が関与していたとしたら、フジ社員でありながら(であったから?)
フジ視聴者プレゼントをオークションで売りさばいていた、
あのイノウエィ(お懐かしゅうございます)と同レベル…(情けない…)

貴重な品を横流し…自分の立場はもちろん、皇太子殿下のお立場も全く考慮しないどころか、
そもそもご皇室そのものに対する尊敬の念が欠如していることが、この件からよくわかる(号泣)

そしてそれを容認した?唆した?もしくは主導した?
何れにしても「無関係」ではないでしょう、雅子妃の闇は…
Part.3でお会いしましょう!(いつになるのか…)

人気ブログランキングへ
かけだし鬼女のツイッター【@migigimi】←みぎぎみ
ジャンル:
文化
コメント (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主党、増税賛成議員に「氷... | トップ | 小和田家の謎・雅子妃の闇 Pa... »
最近の画像もっと見る

41 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
書きにくい事 (yuki)
2012-07-27 13:40:41
いつもご苦労様です。
こういった事を書くと、必ず不敬だとのそしりを受けますが、よくぞ書ききって下さいました。

もし、小和田恒氏の長女である雅子妃に親王(男子の皇族)が生まれていれば、その子は徳仁皇太子に次ぐ皇位継承権者となり、小和田恒は将来の天皇の父親という、至福の地位を手に入れたに違いない。そうなれば、現在より多くの利権を手に入れることが出来ただろうことは疑いようがないが、天はそれを許さなかったと言う事でしょうか。
時の流れを戻せるなら戻したい一件ですね。


Unknown (忠犬2号)
2012-07-27 14:37:06
かけだしさん、いつも役立つ情報をありがとうございます。

ほんと、小和田恒の売国っぷりは半端ないですね><

彼は、国際裁判所の自分のオフィスに置いてある自分用の椅子に菊の御紋をいれているらしいですね。
とんでもない輩です(怒)
ちょっとまずいのではありませんか? (Supermum)
2012-07-27 14:37:30
こんにちは。
かけだしさんが、国を思う憂国の士だとは、百も承知していますが、こういう皇室のスキャンダルを出すことが、皇室の、そして、日本国の為になるのでしょうか?
いずれ、皇太子妃が皇后になる日が来ます。その時に、海外のローヤルファミリーと近しく付き合おうとなさる時に、日本の皇后は、出自が明らかでなく、ひょっとしたら苗字さえなかったかもしれない下層民の出自だと噂になったら、皇室の権威を著しく失墜し、ひいては、日本国を侮るよすがとなるのでは?デビ夫人がさかんに皇太子の廃嫡を言って騒いでいますが、あの人は、故スカルノ大統領と一緒にインドネシアを中国に売ろうとした人です。(それで、保守派の面々が命を張って、スカルノを失脚させたのです。デビ夫人はその時にインドネシアから亡命しました。)非常に怪しい人です。ネパールも中国の工作で皇太子の評判が非常に悪くなって、とうとう王政が廃止になったと、チャンネル桜の水嶋さんが言っていました。皇室守備を一手に引き受けている、竹田恒泰さんも決して雅子様の事をけなしません。個人的に本音ではどう思っていらっしゃるのか分かりませんが、東宮家を攻撃することは、皇室破壊につながると、認識していらっしゃるからだと、思います。ここは、皇太子様を信じているしかないのではありませんか?皇太子様は、東宮家がやらなければならないことは、ご自身が一身に引き受けてなさるお覚悟をお持ちになっているのでは、と感じています。
日本一の旧家 (通りすがり)
2012-07-27 16:48:43
残念ながら、日本一の旧家の長男に嫁がれる、御覚悟がなかったのでしょう。親御さんも、心構えを教えて差し上げればよろしいのに、と考えます。ご高齢の両陛下の御負担を、考えていただきたいですね。
時節柄、国民は声を発しても許されると感じます。
戦後GHQにより旧皇族となられた男子に皇族に戻っていただくことが、現実的ですよね。嫁いで三年子無きは去れ、地方の旧家は現在でもそういった風潮であることも申し添えます。
眩暈 (ちょび)
2012-07-27 17:23:48
この象牙御紋付金蒔絵御扇子・・・
重要文化財にも値するようなものが・・・
本物であったなら赦せませんね!
しかも安っいお値段です。

こういった物がネットに出回るのは
雅子妃にとっても決して良いことには
ならないはず。
天皇家にはもっと憚る様なお噂も東京には
存在するらしく、これは愛子さまの出生の
ことでしたが、所詮下々の下卑た噂で、
下品極まりないと思いました。

悠仁様がいらっしゃる今、愛子様の立太子など
考えるのもおかしな話。悠仁様が天皇家を継承
され皇子様ができなかった時の話。
果たして・・愛子様に天皇のご公務がおできになられるのか・・これを半島は狙っているのでは。。。
慎重であれば、間違いない。 (noisy majority)
2012-07-27 18:40:02
フランス革命時の「 マリー・アントワネットに対するランファミー( 中傷 )作戦 」とか、イギリスの「 エドワード8世の強制的退位事件・表向きはシンプソン事件( イルミナティの言いなりになることを拒否したという理由で ) 」に類した話だと思います。慎重な対応が望まれます。もしかすると、皇室は脅迫されて、何かを強制されているのかもしれない。
Unknown (しゅくしゅくと)
2012-07-27 18:51:46
どこの馬の骨かわからぬ女とも知らずに、ハニートラップに引っかかる下半身の無防備さ、占領憲法を後生大事に神棚にまつる、が問題なんでしょうね。

あれだけキモい女に入れ込んだ、インテリジェンスなき皇室、まぁ今の日本ならしかたありませんね。

バカ太子は数かぎりなくいましたし、そんなときの対処方法もありますから、その作法にしたがって狂人蟄居いただくことがよろしのではないでしょうか。


Unknown (まるちゃん)
2012-07-27 19:16:58
一つ前の記事にも書き込ませて頂きましたが
皇室へ対しての畏れを知ってください。
インターネット上に出回っている皇太子妃殿下への誹謗中傷を
かけだしさんが焼き直して何になるのでしょうか?

現在の皇后陛下が皇室へ嫁がれた時には、初の民間出身で
「粉屋の娘」としてさんざん誹謗中傷されました。
それと同じ事を繰り返さないで下さい。

皇太子妃殿下は正当な皇室会議を経て嫁がれた方です。
かけだしさんが知っていることならば当然、
皇室会議でも知られていると考えてください。

かけだしさんが「自虐史大好きな」北朝鮮工作員BKDデヴィの様に
廃太子などと言い出すのではないかと心配しています。
まずやらべきこと (日本人)
2012-07-27 20:26:42
http://www.youtube.com/watch?v=3-1HallVXTc
東京都23区が朝鮮学校に通っている子供を持つ家庭に年間5~10万円の補助金を出しています。外国人学校すべてが対象ではなく朝鮮学校のみを対象にしている区もあり、補助金学もまちまちです。このほかに朝鮮学校の立替には申請金額により東京都より2~3億年の補助金が支出されています。是は日本人の税金からの支出です。朝鮮学校無償化が問題になっていますが、朝鮮人特権のこれらの補助金支出は中止させるべきです。区議会議員都議会議員で声を上げる議員は少ないそうです。反対すると全国の朝鮮人から抗議が寄せられるようです。ここは我々一般国民が声を上げる場面です。税金は国民のために有効に使うのは当然のことです。税金があまっているなら減税すればいいのです。声を上げてください。

地方議員が日韓友好推進議員連盟を続々立ち上げています。中野区、大田区、川崎区は民潭が仲介しています。何度も言います。反日国家間国との友好はありえません。韓国が日本に擦り寄ってくるときは日本の金であったり、技術、といった支援が必要なときです。支援してもらい目的を達すると元の反日に戻り、感謝などしません。歴史はこの繰り返しです。韓国は無視し放置しておきましょう。日本に擦り寄ってきたときは無視に限ります。日本の支援が必要なら態度を改め反日行為をやめればいいのです。決めるのは韓国です。地方議員レベルが韓国人の騙しに勝てるわけは無いです。朝鮮人は有史以来生きるために事大して生きてきたのです。恩、感謝、約束を守る、条約を守る発想は無いです。皆さんの地域でも地方議員が日韓友好推進議員連盟を作っています。反日国家韓国と友好を推進することが可能なのか聞いてみてください。
全国調査ができればいいですね?
Unknown (violet)
2012-07-27 21:33:38
かけだしさんの意図は雅子妃を中傷することではなく、今に至るも日本と日本国民を苦しめる誤った自虐史観の起源と目される父親の実情をひもとこうとするものだと理解します。皇后陛下のご両親はいつも娘を遠くから見守るだけでしたし、ご一家はもちろん、日清製粉の社員だってスキャンダルがあったら「それみたことか!」と言われるのは火を見るより明らかですから、後ろ指を指されるようなことはしないよう、大変な気遣いをされていると聞きます。

それに引きかえ、ロイヤルニートと揶揄される雅子妃は皇太子妃という役目をどう考えておられるのか。出自がどうであれ、皇太子妃としての役目を立派に果たされていたら、こんな暴露記事は出なかったでしょうし、出ても国民は雅子妃を圧倒的に支持したでしょう。

適応障害もオランダへ行って快方に向かったといわれたのに、一向に改善したようには見えない。かけだしさんのエントリを読んで、ジグゾーパズルがパチリとはまったような、長年の謎が解けました。

反日本勢力に激怒の日々」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事