ヤスジロウ ★ Diary

うみよりふかく、やまよりたかく 

扇谷 杓子スラブ

2017-06-19 | 山登り

17・6・18 Sun


V山の会の山行で福井市の近郊の麓から浄法寺山へと突き上がる
扇沢の支流へと沢登りに行ってきました。
メンバーは Shibaちゃん、Mさん、僕の三名です。

 

6:30に麓に集合して、途中のコンビニに寄ったりしながら扇沢の入渓地点へ車で移動。
沢登りの支度を済ませて扇沢沿いの作業道を支流まで黙々と歩いてゆきます。

早速、入渓してどんどん高度を稼いでゆきます。
杓子岳からの支流の大滝を横目に過ぎてゆくとスラブの前衛のような滑滝がでてきます。
滑滝を越えてしばらくで梢の向こうに目指す杓子スラブの一端が見え始めてきました。

 

 

いつの間にか水が枯れて頭上の空間が開けてきます。

 

 

 

 

目の前に塞がる断壁を乗り越えると杓子スラブの全容を望むことが出来ます(8:40)。
最初は緩やかなスロープなのでルンルン気分で歩けますが、
次第に傾斜が容赦なく増してきて歩みはそこで止まります。

 

 

 

 

ちょうど、歩みを終えたところに腐ったリングボルトが一つあります。
ここから Shibaちゃんをトップにして右上気味のバンドに沿って枯滝の下へとロープを延ばしてゆきました。

 

 

 

 

 

十余年以上前に当会のO氏が拓いたルートを、いまこうして Shibaちゃんが登っております。



 

 

どうやらルート上のボルトやハーケンは当時のまま残っていたようです。
ただ、当時はリスにナッツを噛ましてアブミで乗り越えた枯滝の落口直下の区間には残置はありません。

 

 

 

 

さすがです!
Shibaちゃんはランナウトに耐えながらジワリと落口を左へと回り込み
正面からフリーで乗り越えて難関を突破してゆきました。
こうして彼の仕業を目の当たりにすると、
あたらめて自分が凡俗であることを思い知らされます。

 

 

 

 

 

いよいよ僕達が登る番ですが、ロープに縋りながら這う這うの体で上がったのはいうまでもありません


 

 

 

その後、M田さんに1ピッチリードしてもらって上端のスラブ帯を越えて核心部を終えました♪
後は薮を漕いで一旦尾根上に這い出て、そのまま反射板が建つピークを目指しました。

 

 

 

 

 

約20分ほどの藪漕ぎで反射板が建つピークに到着しました(11:34)♪

ちょうどお昼時なのでここで昼食を摂ることにします。
鶯の囀りと杓子スラブでの余韻にひたりながら団欒のひと時を過ごしました。

帰路は反射板の作業道からとっとと下山しました。
皆さん、お疲れさまでした。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都北山あたりを

2017-05-29 | ロード

17・5・28 Sun

僕の仕事のことで何ですが、取引先の高雄に住んでいる部長さんが
今月いっぱいで退社をするということで急遽、高雄へ行くことにしました。
次に自転車で高雄へ行く際には寄らせてもらいますよ、と受け合ったのが数年前のこと。
その人が覚えていたかどうかは分からないけれど。

 

 

 

 

 

小浜からバイクで走る予定で眠い目を擦りながら車でここまで来たのに、
敦賀を抜けて小浜へ近づくほどに雨は強くなるばかりです。
小浜から走り始めるのは諦めて、車で朽木へと向いました。

 

 

朽木辺りは雨粒が落ちてはいますが路面はそれほど濡れてはいない状態です。
とりあえず久多を経由して桂川上流沿いに出て周山街道を目指して走りました(6:00)。

 

 

 

 

周山街道を南下して高雄へは9:30頃に到着。
部長さんのお宅を探すついでに周辺のお寺もついでに見にゆきます。
しかし、予想以上に長い石階段の登り下りのツライこと

自分で探しても分からず、結局は近所の方に尋ねてみると
住所の地名は街道の西側なのに宅は街道沿いの東側にあった。
部長さん宅の縁側で小一時間ほど談笑後、京都市内へ。

 

 

 

 

周山街道から二条城に行ってみると多くの修学旅行生や観光客やらで大混雑していました。
二条城に入るのは諦めてそのままあてもなく鹿ケ谷へと向かって白川通りを北上して大原を抜けて帰りました。

 

 

 

 

今回はトンネルを通らずに花折峠(14:20)に登ってみました。
たまには、いいなぁと思う、この静けさを

 

 

 

14:50 駐車場に到着。
Dst/120kmくらい

朽木まで車で来てまた帰るのが一番つらかったのは
今さら云うまでもないことだけど
書かずにはいられないことだなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うみ

2017-05-21 | その他

17・5・21 Sun

久しぶりにバイクで海を見にいった。
なんだかKim Wilde のアルバムが心に沁みた。

 

 

 

池もみにいった、水面がよかった。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日野山

2017-05-14 | 山登り

17・5・13 Sat 

今日は当山岳会のさわちゃん、あっこちゃん、Nさん、僕の四人で
お昼のひと時を日野山で過ごしました。

 

 

 

途中、室堂前での休憩でNさんからタッパーに入った苺の差し入れが
(あっこちゃんも同じように苺を用意してきてくれたのだけどかぶったしまったらしい)。
僕が若かりし頃の会山行では姉さん達からよくこうした振る舞いがありました、
今ではそうした山登りからもずいぶんと遠ざかっていただけに、こんな景気が懐かしい♪

 

 

 

 

登山口から二時間程で日野山の山頂に到着しました♪
今回はさわちゃんがお昼を用意してくれることは予め知ってはいましたが、、、
彼女のザックから取り出されたその筍弁当を目の当たりにした時の僕達の驚き様をどう伝えてよいのやら。
見た目は云うに及ばず、ひと品ひと品の味付けの按配がこれまた素晴らしい。
僕達の想像を遥かに凌ぐ出来栄えです
あっこちゃんの言葉を借りるなら「完全に胃袋を掴まれた」ですよ!

 

 

 

 

筍弁当を食べ終ると、次にさわちゃんがザックの中から取り出してきたのはお茶のお道具です
今度はお茶を点ててくれるそうで、懐紙とお菓子まででてきました
先にお菓子を頂きながら僕たちの目の前で繰り広げられている
彼女の仕業をワクワクしながら見入るばかりです、、、

 

 このときの僕の頭の中の妄想はこんな感じ 

 

 

  ときはながれ ちょうど傍で鶯が啼いています、

  

こうして薄茶をのんでいると、と~っても幸せな気分になります♪

何やら時の流れ方さえいつもとは異なるのを感じるような、
気がつけば僕たち三人はすっかりさわちゃんにもてなされてしまっており、
何ともいいようのない余韻にひたるばかりなのでした。

さて、小雨を潮に、ぼちぼち下山するとしましょう。

 

 

 


一時間ほどで登山口駐車場に着きました。
着替えを済ましたところで、最後にさわさんから(ごく自然に)温かい珈琲が振る舞われました 
まったく、どのような半生を歩めばこのような素適な振る舞いが出来るのだろうか。
そんな素適な人がうちの会に入ってくれたとを神さまに感謝せねばなりませんね。
ただ歳を重ねただけの我ままな僕にとって、感心することしきりの一日となりました。

さわちゃん、ありがとうございました piyo,piyo

 

 

 

翌日、午後からちょいとばかり福井駅前まで生アイス珈琲を買いに走った♪
もうそんな季節なんですね、早いなぁ、、、


 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

リトル比良から武奈ヶ岳を経て権現岳へ

2017-04-24 | 山登り

17・4・22 Sat ~23Sun

今回は比良山系の北端のリトル比良から南端の権現岳までの縦走に行ってきました。
sさんの車で鯖江を四時に発ってに乗せて音羽集落の登山口へ。
リトル比良を歩くのは独身時代以来なのでとても懐かしい。

とりあえず、6:30スタートです♪

 

 

 

まぁ二十年以上も昔のことですから、当時の事は何も覚えておりません。
とりあえず、↑オーム岩のところで小休止です。

冷たい風のせいで休んでいると体が冷えてきました(7:55)。

 

 

 

 

釈迦岳を越えると武奈ヶ岳も近く感じます。
ハ雲ケ原から武奈ヶ岳へは広谷へとルートを取りました(12:20)。

ここ広谷コースはいつ来ても素敵なルートで、個人的にお気に入りです♪
 

 

 

 

 

 

残雪もまばらな武奈ヶ岳は多くの登山者で賑わっています。

 

 

13:20ようやく武奈ヶ岳山頂に到着です、、、
何か僕、めっちゃ疲れてもたぁわぁ、、、

 

 

 

武奈ヶ岳からコヤマノ岳を経て金糞峠へ。
堂満岳は今回はパスして、烏谷山、比良岳に連なる尾根を延々と進んで行きます。

 

 

 

 

比良山を越えると穏やかな地形が広がっていました。疲れた我が身にはホッとするところです。
打見山の山頂駅にはレストランがあるので、そこで水を補給したいところです。
でも、何時まで営業しているのかは確認はしていませんでした。
普通に考えて夕方五時まではあいているだろうと思い急いで歩きました。

 

 

 

運よくレストラン入口の施錠前の10分前に到着して、水を3ℓいただきました。
ついでにコカ・コーラも補給しました ♪

 

 

 

あとはよろよろと蓬莱山山頂に登り、そしてぶらぶらと尾根を歩き続けました。
眼下に望む琵琶湖の景気が心地よいです。 

 

 

 

 

ちなみに夜景はこんな感じです・・・、ひどくぶれた画像ですが
琵琶湖大橋から大津と京都及び大阪の夜景を望むことができました、オススメです♪ 

18:00頃に本日の行動を止めて、20時半ごろ就寝

 

                               

 

 

 

朝四時、僕はsさんに起こされました・・・、ムムム、眠いぞ・・・そんなに早起きをしてなにになるのだ??
どうやらsさんが云うには寒さのあまり眠れず、今こうして早起きをしてしまったようです、トホホ・・・


↑小郎ヶ池からみた蓬莱山です。
 

 

 

 

蓬莱山から続く南側の尾根からの見晴らしは素晴らしいです。
眺望を味わいながら のんびりと歩いてみましょう♪

 

 

 

 

 

今回の南端のピークとなった権現岳です(6:50)。
ここからは麓の和邇駅を目指して下ってゆきます。 

 

 

 

 

和邇の街を歩いていると歩きてきた山並みが望めます。
見慣れた景色ですが、今だけは感慨もひとしおといったところ。 

 

 

 

 

 

JR和邇駅から近江高島駅へと戻ります(9:30)。
ホームにはいってきたこの国鉄車両には思わずドキドキしました。
ANESSAのおねぇさんの魅力もこの車両の存在感にはかなうまいて。

 

 

 高島駅から再び歩いて音羽の登山口へと戻りました。

sさん、今回もおつかれさまでした。
テントを担いで貰ったり、車を運転してくれたり、いろいろとありがとうございました。
おかげさまで今回もよい山行ができました。 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに

2017-04-17 | クロスバイク

17.4.17 Sun 

久しぶりにロングライドでもしてみたい、と思ってバイクで三国まで行ってきた。
八時過ぎに自宅を発って浅水川沿いに北上して、先ずは三国へと向かいました。
三国の街の中を適当に走り回った後は芦原温泉へと向かいました。

 

 

あわら温泉街をグルグルしても特に何も感じることはなかったので、
そのまま芦原温泉駅前の勝義書店とか堤防とか土手ドンとかを通り抜けて丸岡城へ向かいます。
丸岡城のお土産屋さんには最近僕のお気に入りになった越前織のブックカバー等が売っているので
買うことにしました♪ 

 

 

 

 

丸岡城の次は永平寺に行くことにしました。

 

 

 

 

久しぶりの永平寺ですが、少しだけ辺りを散歩してから朝倉遺跡へと向いました。
 

 

 

 

ここまでくると多くのローディさんを見かけますね。
それなりによい景色と賑わいのせいでしょうか、少しばかりここでのんびりと過ごしてみたくなりました。
この平和な休日の午後に感謝をささげつつ、おろしそばと みたらし団子を味わいました。

あとは、榎坂から鯖江に抜けて最後にブック・オフに寄り道して帰宅しました。
今回は久しぶりに走行距離が100km を超えたよ♪

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

・・・

2017-04-09 | その他

17・4・9 Sun

春んなってもたなぁ・・・、クスン。 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

金草岳 

2017-03-12 | 山登り

17・3・11 Sat 

sさんが登ってみたかったという金草山に一緒に登ってきました。 
金草岳には登山を始めた頃の思い出があり、僕にはなんやら懐かしい感じがする山です。

楢俣(6:30)から長い林道を歩いて添又谷出合を目指します。
今朝の冷え込みで積雪の表面は堅いのですが、すぐにガクンとガボリます。
いわゆるモナカ雪というやつですが、これってかなり疲れますね。
愚痴を云う余裕があるのも初めだけで、だんだんと無口になってゆきます、まぁ普通でしょうけれど。。


 

 

 

 

8:00添又谷出合着。前日の雨天で職場周辺の積雪が一気に消えてしまったので
山の積雪もさぞやグサグサ状態なのかと思っていたら新雪が40cmほども積もっていました。
今日は暖かな春山をイメージして来ましたが ちょっと考えが甘かった。

 

 

 

 

雪庇が目立ってくると県境も近いようです。
以前ここに来たときも、たしかこんな光景やったなぁ、とか思い出しました。 

 

 

 

 

 

雪庇を越えると県境の桧尾峠(11:00)です。
先程までは時々ながら晴れ間もありましたが、今ではすっかり曇り空です。
おまけに冷風に叩かれ冬に逆戻りした様子です。

 

 

 

 

ラッセルは交代しながら行いますが、ちょこっと短い区間をこなすだけの自分とはちがい
怒涛のパワーで且つ長い区間をラッセルしてゆくsさんの後ろ姿が頼もしいです。 

 

 

 

 

 

厳寒の尾根上でsさんがピットインしている間に、
僕が先に白倉岳(12:30)へと登り冠山方面を眺めています。

 

 

 

 

白倉岳から台地へと一旦下って、金草岳へと登り返します。 
 

 

 

 

うううぅぅ、近いようで意外と遠い山頂やなぁ、、、

 

 

 

13:00頃にようやく金草岳山頂に到着です(背景は権現岳から高倉峠方面)。
Sさんのおかげで何とかここまで来ることができました。 

凍えそうな寒風が吹きすさぶ山頂には長居はしていられないので
早々に下山します。

途中で、のんびりと冠山を眺めながら遅めの昼食(ラーメン)を 摂ってから下山しました(車着17:00)。

Sさん、今回も愉しいひと時を与えてくれて、ありがとう♪

 

 

 

今日はよい気分なので、最近の僕のお気に入り”暦”をあじわった
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北陸の雪崩講習会  2017

2017-02-27 | その他

17・2・25 26

今回で北陸の雪崩講習会が第二十回目を迎えました。
今迄を振り返るといろいろとあったし、先を見ればこれからもいろいろとあるのだろうなぁ、、、

人生は何事かを為すには余りに短かく、何も為さぬには余りに長すぎる、
と云う李徴のことばを前向きに捉えてこれからも精進してゆきたいと思います。

 

 

 

 

そして、雪氷学の楽しさを教えてくれたK先生の講義が今回で最後となりました。
僕は先生が大好きだったので、これで会えなくなるのかと思うととても淋しいです。
泪で思考は霞むし、気の利いた言葉もでないけれど先生を誇りに思っています。

また、何処かで会えると思うからお別れの挨拶は致しません。

ヤスジロウ

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都伏見ポタリング

2017-02-05 | ロード

17・2・4 Sat 

久しぶりにロードバイクで走りたいなぁと思ってtaizoさんにメールをしたらOK!の返事を貰いました。
そして、taizoさん、事務兄ぃさん、Y子さん、僕の四名で京都伏見辺りを走ることにしました。
事務兄ぃさんと 走るのは一年以上ぶりだし、Y子さんとは初対面でとても緊張しました。

8時前に草津から走り始めました。

 

 

とりあえず峠越えで京都に入り月桂冠付近を通過して
宇治川の右岸に沿った道を競馬場を目指して下ってゆきます。

でも右岸堤防沿いの道は途切れたり、或いは通行止めだったりと、
なかなか思うように進めませんでした。
 

 

 

 

 

ようやく辿りついた京都競馬場です(入場料200円)。
僕にとって異世界のようなこのような施設にこの齢になって入ろうとは思いもしなかった。
何やら久しぶりに後ろめた~い気分をかんじつつも場内へ。

 

 

 

ちょいと見学のつもりが、100円だけ馬券を買いました。
てゆうか、買うしかないやろう、雰囲気的にも。
 

 

 

 

馬券と一縷の甘い夢を握りしめて人生で初めてのレース観戦です。
広大なグラウンドの遠くの方から馬がスタートして目の前を駆け抜けてゆきました。
目の前とは言っても二階席からみていたので小さすぎて何が何やらよう分かりません

四人の中では唯一、taizoさんの馬券が当たりましたが初期投資額からするとマイナスのようでした。

 

 

 

 

 

その後、競馬場からほど近い石清水八幡宮に登ってみました。
ここは徒然草を読んだとき以来、気にかかっていて機会があれば訪れてみたかった場所です。

上り下りともに約20分程の道程でした。 
これで”仁和寺の和尚~五二段”がより親しく感んじられるようになりました。

その後、近くの食堂で昼食を食べて帰路につくことにしました。

 

 

 

八幡からは行きとは反対の宇治川左岸の道から伏見へと走りました。
こちら側はとても走りやすい道でした。
そしてここでも以前から機会をみて行ってみたかった伏見桃山城にも立ち寄りました。
ここでも、思うようには目的地へと辿りつくことは出来ませんでした。

そしてその後、小関峠を経由して大津へと出るつもりが
何となく一号線に引き込まれてそのまま大津へと出てしまいました。

16:30 車に到着して19前には武生に帰ってきました。
 

今回は ”なにごとにも案内者はありがたいことだ”
と思うサイクリングとなってしまいました。
でも、皆の元気な顔をみられたことは良かったです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加