中小企業診断士 福田 徹 ブログ

経営コンサルタント・中小企業診断士・ビジネスファシリテーターによる経営者・起業家・管理者向けブログ

論述式試験4連チャン~放送大学

2010年07月27日 | 福田徹の学び・放送大学
 「企業様を元気にして日本の明るい未来をつくりたい」

 皆様、おはようございます。中小企業診断士の福田徹です。


 日曜日は、放送大学の第一学期単位認定試験を受験してきました。

 取りたい授業が多く、今期は授業を取りすぎてしまったこともあり、

 この日の試験は、5科目もありました。


 一つの科目の受講生が全国に相当多数いるであろう放送大学の試験は、択一式(マークシート)が基本なのです。

 しかし、その日は5科目中4科目が記述式(私が受験した科目はいづれも持ち込み不可+800字程度の論述形式)でした。


 大量の答案を採点する方は大変だと思いますが、試験は文章を書かせた方がより理解度が測れるように思います。

 自分で文章を書いて、ある事柄について論理的に説明できると言うことは、ただ正答を選ぶことができるだけの理解とは、理解のレベルが違います。


 さて、長時間にわたり科目が変えて断続して、一定文字数の文章を手書きすることには、私にとって久しぶりの懐かしさのある経験でした。

 そう、私自身の中では、まるで中小企業診断士2次試験のような感覚でした。

 「2次を受けたあの頃よりは、まともな文章が書けるようになっているのかな?」

 なんてことを考えながら、懸命にシャーペンを走らせていました。


※関連記事とこの記事のカテゴリー
個人が変わると社会が変わる
放送大学のススメ
受講科目選択の楽しみ

福田徹の放送大学

ブログ作者への依頼・問い合わせ・無料相談の予約はこちら
中小企業診断士福田徹への直行メール(PC)

ブログ作者ホームページはこちら
株式会社ビジネスファシリテーション(PC)
株式会社ビジネスファシリテーション(携帯)


※お奨めの記事
再生の本筋は事業と人生の再構築
ビジネスファシリテーションとは?

職人さんから学んだこと
PB に活路を見いだすセブンイレブン
「連帯保証の相続」の恐ろしさとは?

最近の記事一覧
このブログについて
中小企業診断士福田徹とは?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資格を取りさえすれば仕事に... | トップ | 「ブルーカラー・ブルース」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。